✔ ダウンロード可能な動画配信サービス全7社徹底比較【今ならすべてタダ!】

飛行機の子供料金は国内線と国際線で違います【航空会社別まとめ】

飛行機の子供料金は国内線と国際線で違います【航空会社別まとめ】
  • 飛行機の子供料金は何歳から必要?
  • 飛行機の子供料金っていくらかかるの?

子供が生まれそう、または子供が生まれると気になるのが飛行機の子供料金ですよね。

子供の顔を見せに帰省したり、旅行に行ったりなど利用する機会が多くなると思います。

そこで、子供料金がいくらかかるのかANA・JAL・LCCなど航空会社別にまとめました。

また、国内線と国際線で異なる子供料金のルールも書いています。

他にも特典航空券で子供用座席を予約するときの必要マイル数や、子供の分の飛行機はどうやって取ればオトクなのか、この記事を読めばわかりますよ。

もっつ
もっつ

子供料金をまともに払うより、安く航空券を予約する方法があるんです。

スポンサーリンク

利用する航空会社と国内線か国際線かで異なる【幼児・小児】の定義の違い

飛行機の子供料金で大事なポイントになるのが【幼児・小児】の定義です。

 

  • 利用する航空会社がANA・JAL等のレガシーキャリアかLCCか
  • 国内線か国際線か

 

によって【幼児・小児】の定義が異なるので確認しておきましょう。

まずはANA・JALの場合です。

ANA・JAL国内線
  • 幼児…年齢 生後8日(出生日を含む)以上~3歳未満
  • 小児…3歳以上~12歳未満
  • 大人…12歳以上
ANA・JAL国際線
  • 幼児…年齢 生後8日(出生日を含む)以上~2歳未満
  • 小児…2歳以上~12歳未満
  • 大人…12歳以上

国内線は3歳以上から小児ですが、国際線は2歳以上からと厳しくなっています。

子供料金は学年ではなく、あくまで年齢で決まります。6年生でも11歳なら小児扱い、12歳以上であれば、大人扱いとなります。


続いてLCCの場合です。LCCに小児運賃はなく、2歳以上からすべて大人運賃になります。これは国内線も国際線も共通です。

LCC国内線・国際線
  • 幼児…生後8日(出生日を含む)以上~2歳未満
  • 小児…なし
  • 大人…2歳以上

旅行先で誕生日を迎えた場合

国内線で幼児扱いで無料になるのは2歳までです。3歳になったその日から小児料金がかかります。

そのため、旅行先で誕生日を迎えて3歳になった場合、往路は無料ですが、復路は料金が発生します。

ANA・JAL等のレガシーキャリアもLCCも共通です。

飛行機の子供料金は【利用する航空会社、年齢、国内線か国際線か】によって変わります。

飛行機の子供料金は【幼児・小児】の区分に加え、利用する航空会社と国内線か国際線によって変わります。

具体的な子供料金は以下のようになっています。LCCは基本的に子供料金の設定はありません。

区分国内線国際線
ANA/JALLCCANA/JALLCC
幼児膝上無料無料大人普通運賃の10%無料
座席使用大人普通運賃の50%大人運賃大人普通運賃の75%大人運賃
小児大人普通運賃の50%大人運賃大人普通運賃の75%大人運賃

小児料金をまともに利用したら損するパターンも

飛行機で子供の座席を予約する上で要注意なのが、小児料金は大人普通運賃の50%という部分です。

割引運賃ではなく、あくまで普通運賃の50%なので、小児運賃のほうが高くついてしまう場合があります。

参考として実際のANAの料金を確認してみましょう。

小児運賃は19,030円ですが、大人の割引運賃のスーパーバリューは13,360円となっています。

このように小児運賃をまともに予約すると損してしまいます。

大人1人、子供1人で飛行機にのる場合、小児運賃1席とスーパーバリュー1席予約するのではなく、スーパーバリューで2席予約したほうがオトクになります。

 

国際線でビジネスクラスを利用した場合も同様です。小児だと割引運賃ではなく、大人普通運賃の75%の運賃がかかり、かなり高額になるので要注意です。

大人1名につき同伴できる幼児は2人まで。

大人の膝に乗せてOKな幼児は1名だけです。そのため大人1人+子供2人で飛行機を利用する場合は、大人1人分の料金+幼児1人分の座席料金が発生します。

また幼児で座席を利用する場合、チャイルドシートの利用が必須となっています。

JALは無料のレンタルチャイルドシートがありますが、ANAは無いので持ち込む必要があります。

JALのレンタルチャイルドシートは搭乗日の3日前までに事前予約が必要です。なお、搭乗日2日前~前日17時までは、状況に応じレンタル可能な場合があります。

詳細はJALの公式サイトをご覧ください。

ベビーおでかけサポート(スマイルサポート) - JAL国内線

JALとANAは6歳になれば子供だけでも搭乗可能

ANAの『ANAジュニアパイロット』、JALの『キッズおでかけサービス』に登録すれば6~7歳の子供でも1人で搭乗可能です。

5歳未満は大人の同伴なしでの搭乗はできません。

8歳以上なら特に登録は必要なしに子供1人で搭乗可能です。

ただし、LCCは厳しく、12歳以上にならないと1人で搭乗できません。

ANAとJALの豊富な子供用サービス

ANAとJALのレガシーキャリアは豊富な子供用サービスが用意されています。

子供用サービス
  • ベビーカー貸し出しサービス
  • 事前改札サービス
  • ミルク作りのお手伝い
  • おむつ替え専用テーブル
  • 赤ちゃん専用毛布の貸し出し
  • おもちゃ
  • ベビーと楽しむ空たびBOOK
  • 機内エンターテインメント

こういったサービスを加味すると、子連れ旅なら小児でも大人料金がかかるLCCよりも、ANAやJALの方がコスパがいいです。

国内線の子供料金【航空会社別】

航空会社別の国内線子供料金をまとめました。

ANA・JALの子供料金【国内線】

年齢生後8日(出生日を含む)以上~3歳未満3歳以上~12歳未満
料金膝上無料
座席使用大人普通運賃の50%大人普通運賃の50%

 

スターフライヤーの子供料金【国内線】

年齢生後8日(出生日を含む)以上~3歳未満3歳以上~12歳未満
料金膝上無料
座席使用大人普通運賃の50%大人普通運賃の50%

 

スカイマークの子供料金【国内線】

年齢生後8日(出生日を含む)以上~3歳未満3歳以上~12歳未満
料金膝上無料
座席使用大人普通運賃の50%大人普通運賃の50%

 

ソラシドエアの子供料金【国内線】

年齢生後8日(出生日を含む)以上~3歳未満3歳以上~12歳未満
料金膝上無料
座席使用大人普通運賃の50%大人普通運賃の50%

 

フジドリームエアラインの子供料金【国内線】

年齢生後8日(出生日を含む)以上~3歳未満3歳以上~12歳未満
料金膝上無料
座席使用大人普通運賃の50%大人普通運賃の50%

 

IBEXエアラインズの子供料金【国内線】

年齢生後8日(出生日を含む)以上~3歳未満3歳以上~12歳未満
料金膝上無料
座席使用大人普通運賃の50%大人普通運賃の50%

 

ジェットスターの子供料金【国内線】

年齢生後8日(出生日を含む)以上~2歳未満2歳以上
料金膝上無料
座席使用幼児料金(路線により異なる)大人普通運賃

 

Peachの子供料金【国内線】

年齢生後8日(出生日を含む)以上~2歳未満2歳以上~12歳未満
料金膝上無料
座席使用大人普通運賃大人普通運賃

 

バニラエアの子供料金【国内線】

年齢生後8日(出生日を含む)以上~2歳未満2歳以上~12歳未満
料金膝上無料
座席使用大人普通運賃(クーポンによる割引あり)大人普通運賃(クーポンによる割引あり)

 

国際線の子供料金【航空会社別】

続いて航空会社別、国際線の子供料金になります。

ANA・JALの子供料金【国際線】

年齢生後8日(出生日を含む)以上~2歳未満2歳以上~12歳未満
料金膝上大人普通運賃の10%
座席使用大人普通運賃の75%大人普通運賃の75%

 

ジェットスターの子供料金【国内線】

年齢生後8日(出生日を含む)以上~2歳未満2歳以上
料金膝上無料
座席使用幼児料金(路線により異なる)大人普通運賃

 

Peachの子供料金【国内線】

年齢生後8日(出生日を含む)以上~2歳未満2歳以上~12歳未満
料金膝上無料
座席使用大人普通運賃大人普通運賃

 

バニラエアの子供料金【国内線】

年齢生後8日(出生日を含む)以上~2歳未満2歳以上~12歳未満
料金膝上無料
座席使用大人普通運賃(クーポンによる割引あり)大人普通運賃(クーポンによる割引あり)

マイルを使った場合の子供料金

マイルを利用した場合も、運賃を支払った場合と同様のルールが適用されます。

年齢の区分も同じで、ANA・JAL共通のルールとなっています。

区分国内線(幼児は3歳未満)国際線(幼児は2歳未満)
ANA/JALANA/JAL
幼児膝上無料大人普通運賃の10%
座席使用大人と同様のマイル大人と同様のマイル
小児大人と同様のマイル大人と同様のマイル

マイルを利用した国内線の子供料金

国内線利用で3歳未満の子供膝上利用なら、子供用のマイルは不要です。

3歳以上で、マイルを使って座席を確保する場合は、子供でも大人と同じマイル数がかかります。

つまり3歳以上の小児の場合、小児用の座席は大人と同じマイルを支払うか、現金を払って用意する必要があります。

そのため、国内旅行なら10,000マイル+割引運賃で利用可能な、ANAの『おともでマイル』、JALの『一緒にマイル割』が選択肢にあがってきます。

例えばANAのハイシーズンで東京⇔沖縄に大人2人、子供1人で予約した場合の金額に目安は以下のようになっています。

必要マイルと金額
  • 全てマイルで予約・・・18,000マイル×3=54,000マイル
  • 大人2人をマイルで予約、子供は現金で予約・・・18,000マイル×2+約40,000円=36,000マイル+約40,000円
  • いっしょにマイル割・・・10,000マイル+26,000円×2=10,000マイル+約52,000円

マイルを利用した国際線の子供料金

国際線は2歳未満の幼児であっても無料にはなりません。これは回避できません。

大人普通運賃の10%を支払うか、大人と同じマイルを支払い座席を用意する必要があります。

また、子供料金の航空券でも、サーチャージや空港使用料はかかります。

サーチャージは大人と同じ料金がかかりますが、空港使用料は子供料金(2~12歳)が設定されています。

例えば羽田の場合、大人2,570円、子供1,280円(2018年11月現在)です。

マイルを貯めて無料で飛行機に乗ろう

これまで見てきたように、年齢も3歳(国際線だと2歳)を超えてくると子供でも大人と変わらない料金がかかるので、その金額もバカになりません。

そこでやっぱりオトクなのが、マイルを利用して飛行機を予約する方法です。

でも家族の全員分まで、そんなにマイルたまらないよ!と思いますよね。

 

でもある方法を利用すれば絶対に貯まります。

ANAでもJALでも家族で沖縄に行けるくらいのマイルはラクに貯まります。

ANAマイル

ANAのマイルの貯め方を知りたい方は以下の記事を

ANAマイルを貯める裏ワザ2018【知ってる人はもうやってる】
海外旅行に行くためにANAマイルを貯めはじめたけど、クレジットカード使ってもあんまり貯まらないとお嘆きの方へ。ANAのマイルがラクにたくさん貯まる裏ワザ教えます。 ANAのマイルを貯めるにはこの方法しかない!と確信できますよ。

JALのマイルを貯めたい方は以下の記事をご覧ください。

JALマイルの貯め方の裏ワザ教えます【クレカもフライトも必要なし!】
もう地道に月々の支払いや買い物でJALマイルを貯めるのはやめましょう。 JALマイルをラクに貯める裏ワザはあります。JALマイルを貯める裏ワザを知ると、これまでやってきたJALマイルの貯め方が、どれほど効率悪かったかわかります。

飛行機で子供の年齢をごまかすのはバレるのでやめましょう

国際線で子供の年齢をごまかせません。パスポートが必要なので確実にバレます。

国内線はわざわざ確認しません。3歳の子を2歳といってもおそらくバレません。

しかしモラルと子供の安全のためにやめましょう。

膝上でだっこできないくらいの乱気流に巻き込まれる可能性もゼロではありません。

そのため、しっかり座席のシートベルトで固定するようにしましょう。

まとめ

飛行機の子供料金
  • ANA/JALの国内線は3歳から子供料金がかかります
  • ANA/JALの国際線は2歳から子供料金がかかります
  • LCCは3歳から大人料金がかかります
  • 国内線の特典航空券は幼児で膝上利用なら無料です
  • 国際線の特典航空券は幼児で膝上利用でも、大人普通運賃の10%が必要です

コメントをどうぞ