飛行機内にペットボトルを持込む際のルール【国内線、国際線、ANA、JAL、LCCの場合】

飛行機内にペットボトルを持込む際のルール【国内、国際線、ANA、JAL、LCCの場合】
  • 飛行機内にペットボトルって持ち込める?
  • 炭酸持ち込んでもでも大丈夫?
  • 持ち込める量は決まってるの?
  • ペットボトル持ち込みに関する国内線、国際線の違いは?

わざわざ買ったペットボトルを空港で捨てるのもったいないし、できれば飛行機内に持ち込みたいけど、膨張して破裂しないか心配…といった方もいらっしゃると思います。

また、国内線には乗り慣れているからわかるけど、国際線ではペットボトルってどういう扱いになるんだっけ?という方へ向け、国内線と国際線の違いANAやJALとLCCの場合開封したものと未開封のものなど飛行機内へのペットボトルの持ち込みに関するすべてのルールをわかりやすくまとめました。

 

もっつ
もっつ
他にもサーモスなどの水筒や缶ジュースやビール、シャンプーなどの液体や赤ちゃん用の飲み物の飛行機内への持ち込みルールも合わせてまとめています。

【国内線の場合】500ミリリットル以内のペットボトルであれば飛行機内に持ち込み可能です

国内線の場合は保安検査前に購入したペットボトルでも、開封済みのペットボトルでも飛行機内へ持込可能です。

炭酸飲料でも破裂の心配はなく、問題なく飛行機内へ持ち込み可能です。

また、缶飲料や水筒(サーモス)も同様に容量が500ミリリットル以内であれば持込可能です。

飛行機内への持ち込みが許可されているのは容量が500ミリリットル以内となっているので、最近多い600ミリリットルのお茶などは厳密に言うと飛行機内への持ち込みが禁止となります。

開封済みのペットボトルの場合は専用の検査機においてチェックする、もしくは匂いをかぐか、一口飲むように指示されるのでそれに従えば、問題なく飛行機内へ持込可能です。


ちなみにペットボトルの検査機(下記画像)って何をどのように検査してるかご存知でしょうか。

これはペットボトルの場合は電気の流れやすさ、缶の場合は熱の伝わりやすさから、中の液体を判別してアルコール度数的に危険じゃないかを瞬時に検査しているんです。

アルコール度数が70度を超える場合は、機内持ち込み預け荷物ともにできないので、スピリタスなどのアルコール度数が強いお酒をお土産にする場合は要注意です。

【国際線の場合】保安検査場通過後に購入したペットボトルであれば飛行機内に持ち込み可能です

国際線の場合は保安検査前に購入したものだと、たとえ未開封のペットボトルであっても飛行機内に持ち込めないので、その場で廃棄しないといけません。

なぜなら容量100ml以上の容器に入った液体は、国際線の飛行機の中に持ち込むことができないといったルールがあるためです。

日本発の国際線では、保安検査後の制限エリア内で購入したものであれば容量の制限がないため、免税エリアで購入したペットボトル飲料は飛行機内に持込可能です。

ただし海外の空港では搭乗口でペットボトルの持ち込みを規制しているところがあるので要注意です。わたしは中国の空港で、制限エリア内で購入したペットボトルも搭乗前に廃棄するように言われたことがあります。

ANA、JAL、LCCによるペットボトルの持ち込みに関するルールの違い

ANAもJALはもちろん飛行機内にペットボトルの持込可能です。LCCであってもpeachやジェットスターは持込可能です。

一方でエアアジア、香港エクスプレス、Scoot、春秋航空日本は明確に持込禁止となっています。

飛行機内にペットボトル等の飲み物を持ち込むようにしよう

その理由は飛行機内が相当乾燥しているからです。地上の湿度はたいてい30~60%程度なのに対し、飛行機内の湿度は10~20%とサハラ砂漠よりも乾燥しているからです。

たとえば10時間のフライトで、男性は約2リットル、女性は約1.6リットルの水を失うとも言われています。(体内水分のおよそ4%)

ANAやJALでは無料の飲み物サービスもありますが、安定した水平飛行になるまで、時間がかかるので1つ飲み物があると安心です。

 

またLCCの場合は飲み物の料金も高いので持ち込むことをオススメします。たとえばジェットスターの場合ペットボトルの水が250円です。LCC飲み物料金

せっかくLCCで飛行機代を安くしたのに、飲み物代が高くついてしまったらもったいないですよね。

子供用の飲み物の持ち込み方法

国内線の場合、保安検査場前で水をいれたストローボトルでも問題なく持込可能です。国際線の場合、保安検査場通過後の制限エリア内で買った水を移し替えておけば大丈夫です。

ただし飛行機内の気圧が変化で、ストローから水が逆流するおそれもあるのであまり入れすぎないようにしましょう。

もしくは空のストローボトルを持っていき、機内のドリンクサービスで水を空のストローボトルに入れるという方法もあります。

スーツケース内にペットボトル飲料を入れるのはやめておこう

スーツケースの中は破裂するリスクも有るので、中途半端な飲み物は飲み干すか持ち込むようにしたほうが安心です。仮にスーツケースの中で液体が漏れたとしてもすべて自己責任となってしまいます。

なおペットボトルを預け荷物とする場合、ペットボトル単体に対する容量制限はありません。預け荷物とするスーツケースの重さが航空会社の規定をクリアしていれば問題ありません。

一方で同じ液体物でも化粧品、お酒などには制限があります。

化粧品等の液体は、1容器あたり0.5リットル以下である必要があります。また合計で2リットルまでとなっています。

アルコールの場合、アルコール度数が24%を超え、70%以下のものは1人あたり5リットルまで預け荷物とすることができます。

※なおアルコール度数が24%以下のものに関しては、制限がありません。

まとめ

飛行機内にスムーズにペットボトル飲料を持ち込む方法
  • 国内線・・・保安検査場前に購入したものでもオッケーです。開封済みの場合、匂いなどチェックの上で持ち込み可能です。なお保安検査場通過後に購入したものであれば検査の必要はありません。
  • 国際線・・・保安検査場前に用意したペットボトルは一切持ち込み禁止です。日本発の場合、保安検査場通過後に購入したものであれば持込可能です。海外発の場合、基本的には持込可能ですが国により取扱いが異なります。

以上、飛行機内にペットボトルを持込む際のルール【国内線、国際線、ANA、JAL、LCCの場合】でした。

 

ペットボトル以外に飛行機内への持ち込みができるか迷いやすいものについては、飛行機内に持ち込みできるもの・預け荷物とするもの【一覧まとめ】でまとめているので心配な方は出発前にぜひ一度目を通してみてください。