飛行機内にカミソリ・シェーバーを持込む際のルール【国内線と国際線の違い】

飛行機内にカミソリ・シェーバーを持込む際のルール【国内線と国際線の違い】
  • 飛行機内にカミソリやシェーバーって持ち込めるの?
  • カミソリやシェーバーを飛行機内へ持ち込む際に国内線、国際線の違いってあるの?
  • LCCの場合なにか違いがある?

ビーチに行く予定があるならムダ毛処理用のカミソリやシェーバーを持っていきたいですよね。

他にも着陸後すぐに人に会うときなど、ヒゲなどの身だしなみも整えておくためにカミソリやシェーバーが必要な場合も多いのではないでしょうか。

この記事ではカミソリやシェーバーの飛行機内への持ち込みは国内線と国際線ANAやJALとLCCで違いがあるのかをまとめています。これを読んでスムーズに飛行機に搭乗しましょう。

基本的に海外に行く際にはカミソリ・シェーバーは持っていくことをオススメします。この記事では飛行機内にカミソリ・シェーバーを持ち込む方法と合わせてその理由もまとめています。

 

もっつ
もっつ
カミソリやシェーバー以外にも化粧ポーチの中に入っていることの多い眉用ハサミ、爪切りなどの飛行機内への持ち込みルールも合わせてまとめています。

【国内線の場合】刃の長さが4cm以下のカミソリは飛行機内に持込可能です

基本的にドラッグストアなどで購入できるT字カミソリはすべて問題なく持込可能です。合わせてシェーバーも飛行機内に持ち込みできます。

先の尖っていない小型の爪切りや、眉用ハサミ、裁縫セットも保安検査場でいちいち取り出して検査を受けなくても大丈夫なので、ポーチの中身を入れ替える必要はありません。化粧ポーチは普段使いのままで飛行機内に持ち込みできます。

なおハサミやカッターなど刃先が尖ったものは全面的に持ち込み不可です。しかしハサミやカッター、刃が4cm以上の場合でも預け荷物とすれば持っていくことができます。

カミソリ・シェーバーを持っていく場合はシェービングクリームも忘れずに持っていくようにしましょう。シェービングクリームは液体扱いとなり、国内線の場合500ml以内であれば持ち込み荷物とすることができます。

 

なおカセットコンロ用のガスや殺虫剤などのスプレー缶は飛行機内へ持ち込みできませんが、医療用、化粧用のスプレーであれば飛行機内に持込可能です。

【国際線の場合】刃の長さが4cm以下のカミソリは飛行機内に持込可能です

国際線の場合もカミソリの飛行機内への持ち込みルールは国内線と同じです。国際線でも基本的に市販のT字カミソリはそのまま飛行機内へ持ち込みできます。

刃の長さが4cmを超えるものは保安検査場で廃棄しなければいけません。ただし国際線の場合4cm以下の刃であっても検査員の判断次第で持ち込み不可される場合があるので、確実に海外へ持っていくのであれば、預け荷物としておきましょう。

ビジネスクラスなどであればアメニティーとしてカミソリが準備されているので、特に飛行機内に持ち込む必要はありません。

海外に行く場合カミソリ・シェーバーを持っていったほうがいい理由

国内であれば一般的なビジネスホテルであれば基本的にカミソリは完備されています。しかし海外でカミソリがホテルに備え付けられているのが当たり前ではありません。

カミソリがないホテルもたくさんあります。それなら現地でカミソリを調達しようとしてもいちいち買いに行くのも面倒ですし、なかなか日本のクオリティのカミソリを入手するのは難しいです。

切れ味が悪く肌荒れしてしまうこともあるので、カミソリ・シェーバーはできるだけ日本国内で準備して持っていくようにしましょう。

またカミソリと合わせてシェービングクリームや化粧水の飛行機内への持ち込みにも気をつけましょう。

国際線の場合、容量が100ml以下の容器かつ、縦横40cm以内のジップロック等の透明なビニール袋に入れでないと持ち込みできないので要注意です。

シェービングクリームや化粧水はトラベル用のものを購入するか、下のような容器に移し替えて飛行機内に持ち込みましょう。

スポイトや漏斗も付属しているので液体移し替え用もカンタンです。

シェーバーを海外に持っていく場合はプラグや電圧に要注意

海外ではプラグ形状や電圧が違うので、シェーバーを持っていく場合は出発前に渡航先についてよく調べておきましょう。

海外対応のシェーバーを準備するか下記のような世界150ヶ国以上に対応している変換プラグが一つあれば安心です。

ANA、JAL、LCCによるカミソリ・シェーバーの持ち込みに関するルールの違いは特にありません

peachやジェットスターなどのLCCであってもT字型カミソリや化粧用の小さな(まゆ毛用)カミソリは持込み可能です。あわせてシェーバーもANAやJALなどのふらっぐきゃりと同様に持込可能となっています。

特別LCCだからと言って気にする必要はありません。

ヘアアイロンの持ち込みルール

身だしなみツールのカミソリやシェーバーのついでにヘアアイロンの飛行機内への持ち込みルールを確認しておきましょう。これは国内線も国際線も同じルールです。

コードレスのヘアアイロンは本体からリチウムイオン電池を取り外すことができる場合は、持込み・預かりともに可能です。

ただし、本体から取り外したリチウムイオン電池は預け荷物にはできないので、必ず飛行機内に持っていく必要があります。スマホのモバイルバッテリーと同じですね。

コンセント式のヘアアイロンは持込み・預かりともに可能です。

リチウムイオン電池が預け荷物が不可で手荷物がオッケーな理由は、何らかの理由で本体から液漏れや発火した場合に飛行機内では発見、対処がすぐにできますですが、貨物室では発見が遅れ対処が難しいためです。

まとめ

飛行機内にスムーズにカミソリ・シェーバーを持ち込む方法
  • 国内線・・・刃の長さが4cmいないのものは問題なく持込可能です。基本的にドラッグストアなどで購入できるT字カミソリはすべて大丈夫です。合わせてシェーバーも飛行機内に持ち込みできます。
  • 国際線・・・国内線と同様に基本的に市販のT字カミソリは飛行機内へ持ち込みできます。シェーバーも飛行機内に持ち込みできますがプラグ形状や電圧に要注意です。
  • LCC・・・同様にカミソリもシェーバーも持込可能です。

以上、飛行機内にカミソリ・シェーバーを持込む際のルール【国内線と国際線の違い】でした。

 

カミソリやシェーバー以外に飛行機内への持ち込みができるか迷いやすいものについては、飛行機内に持ち込みできるもの・預け荷物とするもの【一覧まとめ】でまとめているので心配な方は出発前にぜひ一度目を通してみてください。