飛行機内に傘を持込む際のルール【国内、国際線、ANA、JAL、LCCの違い】

飛行機内に傘を持込む際のルール【国内、国際線、ANA、JAL、LCCの場合】
  • 飛行機内にに傘って持ち込めるの?
  • 折畳傘じゃない長傘も持ち込み可能?

旅行先の天気が雨と聞くと心配になりますよね。バッグを機内に持ち込む場合、わざわざ傘だけ預け荷物にするのも面倒なのでできればすべて持ち込み荷物としたいところです。

この記事では以下のあらゆるパターンに応じ、飛行機内へ傘が持ち込み可能かどうかまとめています。

傘は飛行機内へ持ち込める?
  • 国内線、国際線の場合
  • ANA、JAL、LCCの場合
  • 長傘、折畳傘の場合

 

基本的に傘は飛行機内へ持込可能ですが、航空会社によって少々取扱いが異なるので確認しておきましょう。

 

もっつ
もっつ
この記事を読めば飛行機の乗るときどうやって傘を持っていくのが一番スムーズなのかがわかります。

飛行機内に傘は基本的に持ち込み可能です

国内線の場合

国内線の場合、JAL・ANAなどのフラッグキャリアもジェットスターやピーチなどのLCCも、飛行機内の持ち込みルールは各航空会社の制限内の総重量以下の手荷物1つ、身の回り品1つまでオッケーです。

つまりバッグと傘(長傘でも折畳傘でも)どちらもいっぺんに飛行機内に持ち込み可能です。

厳密にいうと、テロ対策で先端が尖って凶器だと見なされそうな長傘は持ち込みNGとなる場合があるので、確実に持ち込みたいなら折畳み傘をバッグに入れて飛行機内に持ち込むのがいいでしょう。

ただし、傘を預け荷物とした場合、曲がったり折れたりするリスクもあります。

以下に航空会社別に機内持ち込み荷物のルールをまとめました。

ANA・JALの機内持ち込み荷物

総重量10kg以内
サイズ100席以上3辺(縦・横・高さ)の和が 115cm以内
(55cm × 40cm ×25 cm以内)
100席以上未満3辺(縦・横・高さ)の和が 100cm以内
(45cm × 35cm × 20cm 以内)
個数身の回り品(ハンドバッグ、カメラ、傘など)の他、手荷物1個

 

スターフライヤーの機内持ち込み荷物

 

総重量10kg以内
サイズ3辺の合計が115cm以内(55cm×40cm×25cm以内)
個数身の回り品(ハンドバッグ、カメラ、傘など)の他、手荷物1個

 

スカイマークの機内持ち込み荷物

 

総重量10kg以内
サイズ3辺の合計が115cm以内(55cm×40cm×25cm以内)
個数身の回り品(ハンドバッグ、カメラ、傘など)の他、手荷物1個

 

ソラシドエアの機内持ち込み荷物

総重量10kg以内
サイズ3辺の合計が115cm以内(55cm×40cm×25cm以内)
個数身の回り品(ハンドバッグ、カメラ、傘など)の他、手荷物1個

 

フジドリームエアラインの機内持ち込み荷物

 

総重量10kg以内
サイズ3辺の合計が100cm以内(45cm×35cm×20cm以内)
個数身の回り品(ハンドバッグ、カメラ、傘など)の他、手荷物1個

 

IBEXエアラインズの機内持ち込み荷物

 

総重量10kg以内
サイズ3辺の合計が100cm以内(45cm×35cm×20cm以内)
個数身の回り品(ハンドバッグ、カメラ、傘など)の他、手荷物1個

 

ジェットスターの機内持ち込み荷物

 

総重量7kg以内
サイズ3辺の合計が115cm以内(56cm×36cm×23cm以内)
個数身の回り品(ハンドバッグ、カメラ、傘など)の他、手荷物1個

 

Peachの機内持ち込み荷物

 

総重量7kg以内
サイズ3辺の合計が115cm以内(50cm×40cm×25cm以内)
個数身の回り品(ハンドバッグ、カメラ、傘など)の他、手荷物1個

 

国際線の場合

国際線も基本的に飛行機内へ傘を持ち込みできますが、その国や航空会社の規定によって扱いが異なるので搭乗前に公式サイトをチェックするようにしましょう。ANA、JALはともに持ち込み可能です。

保安検査場を通るときの傘の取扱

特段気をつける必要はありません。折りたたみ傘と長傘の場合で多少異なるのでそこだけ再確認しておきましょう。

保安検査場を通るとき
  • 折り畳み傘の場合・・・バッグの中に入れていれば、バッグごとトレーに載せて、手荷物検査を受けます。
  • 長傘の場合・・・長傘だけ単独でベルトコンベアに乗せて検査を受ける必要があります。

飛行機内に傘を持ち込むときの2つの注意点

それは濡れた傘の対策方法と、飛行機内で傘を置く場所です。

座席が濡れたりなど他人に迷惑がかかるので傘カバーはしっかり準備しておくようにしましょう。

amazonでは吸水性に優れた便利な傘カバーも販売しています

飛行機内で傘を置く場所は自分の席の足元にしましょう。座席の上にある収納棚にも傘を収納できますが、荷物を出し入れの際に傘が落ちてきたりなど、自分だけでなく他の乗客がケガをする恐れがあるのでやめておきましょう。

飛行機内に傘を持っていく必要は無し

そもそも旅行に行く際に傘を持っていく必要はないです。なぜなら宿泊先のだいたいのホテルで借りることができます。また急な雨の場合でも空港のコンビニで購入できるので濡れる心配はありません。

またスコールなどの強い雨だと傘がまったく役に立ちません。そのため海外では傘を刺している人をほとんど見かけません。

わたしは雨対策として折畳可能なレインジャケット1枚持っていくようにしています。ちなみにわたしがいつも持って行っているのはpatagoniaのtorrentshellジャケットです。

海外製の服は大きいことが多いですが、このレインジャケットはサイズ展開もXSからあり軽くてコンパクトになる上、デザイン的にもとっても気に入っています。

空港で傘って処分できる?

必要ない傘は飛行機登場前の、保安検査場入り口で捨てることもできます。実際雨の日にはけっこうな量の傘が捨ててあります。

しかしエコの観点からもそのまま傘を廃棄するのではなくリサイクル(再利用)する取り組みも積極的に行われています。

まとめ

飛行機内に傘を持込む際のルール
  • 国内線、国際線、ANA、JAL、LCCすべて基本的に持ち込み可能(先端が鋭利なものはNGとなる場合も)
  • ただし国際線の場合は航空会社と渡航先によって取り扱いが異なるので出発前に要確認(ANA・JALは持込可能)
  • 飛行機内で傘を置く場所は自分の席の足元(傘カバーも準備)
  • ホテルや空港でも傘は用意できるのでわざわざ持っていかなくてもなんとかります

以上、飛行機内に傘を持込む際のルール【国内、国際線、ANA、JAL、LCCの場合】でした。

 

傘以外の飛行機内に持ち込み可能かどうか迷いやすい荷物については、飛行機内に持ち込みできるもの・預け荷物とするもの【一覧まとめ】でまとめているのでそちらもぜひご覧ください。