✔ ダウンロード可能な動画配信サービス全7社徹底比較【今ならすべてタダ!】

ANAカードのキャンペーン時期と申込方法はこれ!【損しない!】

【絶対損しない!】 ANAカードのキャンペーン時期と申込方法はこれ!
  • ANAのクレジットカードを申し込もうと思ってるけど、キャンペーンの時期を知りたい

ANAカードは申し込むタイミングによってもらえるマイルが全然違います。

せっかくだから、キャンペーンの時期を見極めて一番オトクに発行したいですよね。

 

またキャンペーン以外にも、プラスアルファでもらえるANAマイルを増やす方法があります。

この記事を読めば一番オトクなキャンペーン時期と申込み手順がわかりますよ!

もっつ
もっつ

ANAのクレジットカード申し込みキャンペーンを利用できるのは、新規入会時の一度きりなので、せっかくですからたくさんマイルをもらっておきましょう♪

 

カードによっては最大で70,000マイル以上もらえます。

例えば70,000マイルあればローシーズンのハワイ往復の特典航空券と2人分と交換できます。これを利用しない手はないですよね。

スポンサーリンク

ANAのクレジットカードの申込みで一番トクする手順はこれ!

ANAのクレジットカードの申込みで一番トクする手順はこれ!

ANAのクレジットカードの一番ベストな申込み方法と、その手順をすべて解説していきます。

 

カードブランドにはVISA、JCB、MASTER、American Expressなど種類がありますが、キャンペーンで一番多くのマイルをゲットできるのはVISAのANAカードです。そのため、この記事ではVISAのANAクレジットカードのオトクな申し込み方法を解説します。
貰えるANAマイルは2種類
  • ANA側からもらえるマイル
  • VISA側からもらえるマイル

この2種類があるということを覚えておいてください。これらのマイルは合算してもらうことができます。

キャンペーン+アルファのポイントを貰おう!

ANAのクレジットカードを申し込む際にもらえるマイルは、キャンペーンの分だけではないんです。

せっかくなのでさらにマイルをもらっちゃいましょう♪

 

獲得マイルはさらに増やす方法は、ポイントサイトを経由しANAのクレジットカードに申し込むことです。

 

キャンペーンとポイントサイトを利用し、貰えるマイルを最大化する申し込み手順は以下のようになります。

もらえるANAマイルを最大化する手順
  1. マイ友プログラムに登録【ANA】500〜5000マイル
  2. ポイントサイトに登録しANAカードを申し込み【ポイントサイト】500〜3000マイル
  3. ANA側キャンペーンに登録【ANA】7000〜18000マイル
  4. VISA側キャンペーンに登録【VISA】8500〜47500マイル

※この数字は2018年4月時点のデータです。

ANA側のキャンペーンは【ANA】、VISA側のキャンペーンは【VISA】、ポイントサイトは【ポイントサイト】と表記しています。

時期や申し込むカードによって異なりますが、後ろの数字は貰えるマイルの目安です。

貰えるマイルを最大化!ANAカードキャンペーンの攻略方法

貰えるANAマイルを最大化するために、先程紹介したANAカード申し込み手順の1〜4について解説します。

1.マイ友プログラムに登録【ANA】

はじめてANAカードを申し込むなら、紹介コードを登録した上で、発行しましょう。

これだけで、通常入会ボーナスマイルとは別に、『マイ友プログラム入会ボーナスマイル』がもらえます。

 

獲得マイルはANA一般カードだと500マイルです。これがタダでもらえるので、申し込まない手はないです。

申し込むカードにより、もらえるマイルは異なるので以下の画像をご覧ください。

 

ANAのマイ友プログラムは入会者だけでなく紹介者にもマイルが入るので、まわりにANAカードを持っている方がいらっしゃれば、その方から紹介を受けるのがベストです。

 

もし、まわりにANAカードの紹介者がいらっしゃらなければ、わたしから紹介コードを発行することも可能です。

+紹介コードを発行する

2.ポイントサイトに登録しANAカードを申し込み【ポイントサイト】

ANAカードの申込みでもらえるマイルを最大化するなら、ポイントサイトの利用が最もキーとなるポイントです。

ANAのクレジットカードは直接公式サイトから申し込むのではなく、必ずポイントサイトを経由して申し込むようにしましょう!

ポイントサイトを経由してANAカードを申し込むだけで、ANA一般カードなら数千マイがキャンペーンと別に獲得できます。

 

もしまだポイントサイトを活用していない方は、今すぐ以下の記事をご覧ください。絶対損はさせませんよ。

ANAマイルを貯める裏ワザ2018【知ってる人はもうやってる】
海外旅行に行くためにANAマイルを貯めはじめたけど、クレジットカード使ってもあんまり貯まらないとお嘆きの方へ。ANAのマイルがラクにたくさん貯まる裏ワザ教えます。 ANAのマイルを貯めるにはこの方法しかない!と確信できますよ。

さらに、まだポイントサイトに登録していない方は登録ポイントも貰えます。

3.ANA側キャンペーンに登録

マイ友プログラムに登録し、ポイントサイトを経由してANAカードに申し込んだ後にキャンペーン登録です。

参加登録を忘れてしまうとマイルが貰えなくなってしまうので要注意です。

 

キャンペーンに登録するだけで、入会ボーナス1,000マイルの他に、カードに応じ1000〜3000マイルが貰えます。

 

さらに条件クリアで5000マイルが貰えます。

  • 攻略条件は国内線搭乗で500マイル、国際線搭乗で1500マイル、累計50,000円以上の利用で3,000マイルが貰えます。

※この条件は2018年4月のキャンペーンのものですが、キャンペーン攻略条件はだいたい、いつも同じです。またキャンペーンが更新されれば随時このブログ(どこいく?)で紹介します。

ANA側のキャンペーンでは申し込むカードにより、最大で上記画像のマイルが貰えます。

ANA側から貰えるマイルはVISAでもMASTER CARDでもJCBでもAmerican Expressでも同じです。

4.VISA側キャンペーンに登録

これがANAカードの新規申し込みキャンペーンで貰えるマイルの中で、一番大きいウェイトを占めています。

これもキャンペーン登録を忘れるとマイルが貰えないので、忘れずに申し込むようにしましょう。

 

申し込むカードによって貰えるマイルは異なります。カードの種類は以下の6種類があります。

 

VISAカードのキャンペーンでは直接ANAのマイルが貰えるわけではなく、『ワールドプレゼントポイント』というポイントが付与されます。

 

『ワールドプレゼントポイント』には3つのコースがあります。

交換レートは1ポイントあたり、5マイル、10マイル、15マイルの3つです。

1番レートのいい1ポイント=15マイルに申し込みたいところですが、15マイルコースに申し込めるのはプレミアムカードのみです。

なので次にレートの高い10マイルコースを選ぶことになります。

10マイルコースはワイドゴールドカードと一般カードで申し込めます。

ワイドゴールドカードの交換手数料は無料ですが、一般カードでは交換手数料が6,000円程かかってしまいます。

5マイルコースはレートが最も低いですが、すべてのカードで交換手数料は無料です。


VISAキャンペーンを攻略しよう!【2018年4月版】

では、いくつかの条件に別れているキャンペーンの攻略条件を確認しておきましょう。

 

  • 通常入会ボーナスで1,000〜10,000マイル

通常入会ボーナスは入会するだけで貰えます。これだけはワールドプレゼントポイントではなく直接ANAのマイルが貰えます。

 

  • リボ払いの利用で7,500〜22,500マイル相当

続いてリボ払いの攻略です。入会月を含む6ヶ月以内のリボ払い利用額によって貰えるマイルが異なります。

10万円以上で7500マイル、50万円以上で15000マイル、100万円で22500マイルが最大で貰えます。

 

100万円以上は難しいかもしれませんが、最低でも10万円の利用は狙っていきたいですね。

もっつ
もっつ

購入するものがなく、どうしても100万円に届かない時はAMAZONギフト券の購入がオススメです!有効期限も10年と長く、使い勝手がいいです♪
この条件をクリアすればANAカード側のキャンペーン攻略条件である5万円以上の利用も同時にクリアできます。

リボ払いは怖いと思われるかもしれませんが、毎月繰り上げ返済を設定することで手数料を限りなくゼロに設定することができるので心配ありません。

  • 家族カードの入会・利用で6,000マイル相当

これは家族カードに申し込み、3万円以上利用することで貰えます。

 

  • 銀聯カードの入会・利用で9,000マイル相当

これは銀聯(ぎんれん)カードに申し込み、5万円以上利用することで貰えます。

銀聯カードはあまり馴染みがないかもしれませんが、中国ではメジャーなカードブランドです。

日本でも利用可能なのでもし近所で使えるお店があれば、狙っていってもいいでしょう。

上記条件をすべてクリアすると最大47,500マイル相当が貰えます。

 

貰えるマイルの一覧表【ANAカードの種類別】

貰えるマイルの一覧表【ANAカードの種類別】

キャンペーンで貰えるマイルは申し込むカードによって変わります。どのANAカードを申し込めばどれだけマイルが貰えるかまとめました。

 

  • ANA側のキャンペーン
ANAキャンペーン一般カードワイドゴールドカードプラチナプレミアムカードSuicaカードPASMOカードnimocaカード
マイ友プログラム5002,0005,500500500500
通常特典1,0002,00010,0001,0001,0001,000
キャンペーン登録1,0003,0003,0001,0001,0001,000
国内線搭乗500500500500500500
国際線搭乗150015001500150015001500
5万円以上の利用3,0003,0003,0003,0003,0003,000
合計7,50012,00023,5007,5007,5007,500

 

  • VISA側のキャンペーン
VISAキャンペーン一般カードワイドゴールドカードプラチナプレミアムカードSuicaカードPASMOカードnimocaカード
入会特典1,0002,00010,0001,0001,0001,000
リボ払い(100万円利用)15,00015,00022,50015,00015,00015,000
家族カード4,0004,0006,0004,0004,0004,000
銀聯カード6,0006,0009,0006,0006,0006,000
合計26,00027,00047,50026,00026,00026,000

 

  • ANAとVISAのキャンペーンの合計マイル
ANA+VISA合計一般カードワイドゴールドカードプラチナプレミアムカードSuicaカードPASMOカードnimocaカード
ANAキャンペーン7,50012,00023,5007,5007,5007,500
VISAキャンペーン26,00027,00047,50026,00026,00026,000
合計33,50039,00071,00033,50033,50033,500

 

なおVISA側のキャンペーンでリボ払い利用額が100万円に達しなかった場合の貰えるマイルは以下のようになります。

リボ払い利用額一般カードワイドゴールドカードプラチナプレミアムカードSuicaカードPASMOカードnimocaカード
リボ払い(10万円利用)5,0005,0007,5005,0005,0005,000
リボ払い(50万円利用)10,00010,00015,00010,00010,00010,000

 

一般カードは1ワールドポイント=10マイルコース(交換手数料6,000円)に申し込んだ場合で計算しています。

1ワールドプレゼントポイント=5マイルのコースはもったいないので、絶対にやめましょう。

ANAカードでコスパがいいのはこのカード

ANAカードは種類も多く、どのカードを選んでいいか迷ってしまいますよね。

ベストなANAカードを決めるために、それぞれのカードの年会費等の特徴を見てみましょう。

カードスペック一般カードワイドゴールドカードプラチナプレミアムカードSuicaカードPASMOカードnimocaカード
1年継続プレゼントマイル1,000マイル2,000マイル10000マイル1,000マイル1,000マイル1,000マイル
年会費2,000(初年度無料)14,00080,0002,000(初年度無料)2,000(初年度無料)2,000(初年度無料)
年会費(リボ+WEB明細申込み時)1,0259,50080,000751751751
家族カード年会費4752,5004000なし475475
10マイルコース交換手数料6,000なし15マイルコース無料6,0006,0006,000
マイル還元率1.65%1.53%1.90%1.53%1.53%1.53%
フライトマイルボーナス10%25%50%10%10%10%

こうして見ると一般カードを作るメリットはあまりありません。

1マイルの価値は少なく見積もっても2円ほどの価値はあるので、一般カードでも手数料の6,000円を払って10マイルコースに申し込んで交換することになります。

そうすると年会費7,025円となり、1年継続時のマイルも1,000マイルしか貰えません。

オススメはANA VISA ワイドゴールドカード

一方でANA VISA ワイドゴールドカードの年会費はリボ払いとWEB明細に申込むことで9,500円まで減ります。

さらにANA VISA ワイドゴールドカードなら、カード利用時の還元率も最大1.648%と高く、1年継続時のマイルも2,000マイル貰えます。

 

加えてゴールドカードのメリットとしてカードラウンジの利用や付帯保険の充実など一般カードにはない様々なメリットがあります。

 

もっつ
もっつ

上記のことを踏まえるとわたしの一番オススメはANA VISA ワイドゴールドカードです。ANAのマイルを意識して貯め始めて以来ずっとメインカードとして利用しています。

お金に糸目はつけない方はANA VISA プラチナプレミアムカード

お金に糸目はつけない。とにかくマイルが沢山欲しいという方はANA VISA プラチナプレミアムカード一択ですね。

唯一15マイルコースに申し込むことができ、カード利用時の還元率、フライトマイルボーナス、キャンペーンで貰えるマイルもずば抜けて高いです!

プラチナカードはステータス性も高く、様々なメリットがあります。

プラチナカードのメリット
  • ANAラウンジが常に無料で利用可能
  • 海外空港ラウンジサービスが無料で使える「プライオリティ・パス」
  • 高級レストランのディナーが1人分無料になる「プラチナグルメクーポン」
  • 24時間365日年中無休対応してくれる「コンシェルジュサービス」

などここには書ききれないくらいのサービスが付帯します。詳しくお知りになりたい方は公式サイトをご覧ください。

その他カードの申込みもアリ!

suicaカードとPASMOカードとnimocaカードの3枚は751円の年会費で毎年1,000マイルが貰えると考えれば、死蔵用カードとしての申込みもありです。

この2枚は私も死蔵用カードとして発行しています。

 

ただし、できれば毎月ちょっとずつ使うようにしましょう。そうすることによりあなたのクレジットヒストリーも良くなりますし、カードが改悪されるリスクも減ります。

カード会社は自社のカードを使ってもらった際の手数料が収入となるので、みんながカードを作るだけで使われないとカードを発行するメリットがありません。

作るだけでANAのマイルの交換率が高くなる『ソラチカカード』という陸マイラーにとってキモとなるカードがあるのですが、カードを作っただけであまり使われなかったので、改悪された前例もあります。

ANAカード申込みキャンペーンが最大化するのはこの時期!

 ANAカード申込みキャンペーンが最大化するのはこの時期!

ANAのクレジットカードのキャンペーンとスペックがわかったとこで、あとはいつ申し込むかだけですね。

ANAのクレジットカードの申込みキャンペーンで貰えるマイルが一番多くなる時期は、1〜4月の新生活準備の時期です。

 

急ぎでなければその時期まで待って発行するのがオトクです。

この時期はやはり新生活に向け新しい生活スタイルになる方も多いです。

毎年の傾向なのですが、この時期はANAとVISAの両会社とも新会員を増やそうと気合をいれてキャンペーンを打ってくることが多いです。

 

しかし、新生活準備の時期以外にもキャンペーンはやっているので、上の貰えるマイルを目安に近い条件であったり、ANAに搭乗の予定がある場合は申し込んでもいいでしょう。

このブログやtwitterでも最新のキャンペーンを見つけ次第配信するのでぜひフォローしてみてください。

まとめ

ANAマイルを最大化させる方法
  • キャンペーンでもらえるマイルにはANA側からプレゼントされるものと、VISA側からプレゼントされる2種類に分かれています。
  • 貰えるマイルを最大化するにはマイ友プログラムの登録とポイントサイトの経由が必須です。
  • ポイントサイトをまだ活用していない方は、ポイントサイトの活用方法を要チェックです!
  • 一番コスパがよくバランスのいいカードはANA VISA ワイドゴールドカードです。
  • キャンペーンで貰えるマイルが一番多くなる時期は1〜4月の新生活準備の時期です。

コメントをどうぞ