ANAの国内線予約のキャンセル手数料は無料?お金がかかる?

  • ANAの飛行機の予約キャンセルは無料でできるの?
  • もしキャンセルするなら旅行の何日前まで?
  • ANAの特典航空券の予約をキャンセルしたらマイルは戻ってくる?
  • ANA skyコインでの予約をキャンセルするとポイントはどうなる?
  • 遅延で搭乗予定の便がキャンセルになったときの扱いは?
  • ANAの旅作やツアーのキャンセルは違約金がかかるの?
  • キャンセルはWEBから?それとも電話で?

この記事ではANAのキャンセルについて解説しています。

JALのキャンセルについて知りたい方は以下の記事をご覧ください。

JAL国内線のキャンセル料が無料になるパターン【特典航空券は3,100円】
やむを得ずJALの国内線予約をキャンセルしたいときもあると思います。その際キャンセル料がかかるのか、無料なのか気になりますよね。ご安心ください。この記事ではJALのすべての予約パターンでキャンセル料がかかるかどうかを解説しています。

様々な理由により搭乗予定のキャンセルせざるを得ないこともあると思います。そんな時でもできればキャンセル料を発生させずに無料でキャンセルしたいですよね。

どういった時に飛行機の予約を無料でキャンセルできるのか、もしキャンセル料がかかるとしたら、いくらなのか。

この記事ではANAの国内線の飛行機を現金購入、特典航空券、ANA skyコイン、旅作、パッケージツアー、いっしょにマイル割など、すべての予約パターンでANA便の予約をキャンセルをした場合の扱いを解説していきます。

もっつ
もっつ

ご安心ください!これを読めばあなたがキャンセルしようと考えている予約のキャンセルが無料なのか、それとも手数料がかかるのかすぐにわかります。

予約は済ましているが購入はまだの場合

予約完了後、クレジットカード支払いやコンビニ支払いをまだ済ませていない場合、取消/払戻手数料はかかりません。購入期限が過ぎれば自動キャンセルとなるので、手続き等は必要ありません。

現金払いでもクレカ払いでも支払い前ならキャンセル料は無料です。

ANAの通常予約(購入済み)のキャンセル

ANAの飛行機の予約をキャンセルした場合、払い戻し手数料とキャンセル料の2つが発生します。これはJALと共通です。

キャンセル期間

キャンセルによる払い戻し期間は

  • 予約変更ができる運賃

航空券の有効期限満了日の翌日から30日以内

  • 予約変更ができない運賃

予約便出発予定日の翌日から30日以内

となっています。

キャンセル料金

  • 払い戻し手数料はどの運賃でも航空券1枚(1区間)につき430円かかります。
  • キャンセル料金は運賃によって異なります。基本的に安い運賃の方がキャンセル料が高くなる傾向にあります。

それではキャンセル料金を運賃別にみていきましょう。

まずはプレミアム旅割28・旅割75・旅割55・旅割45・旅割28・旅割21・旅割X・乗継旅割の場合です。

上記の運賃は航空券購入後~搭乗日55日前までならキャンセル料は無料です。出発時刻を過ぎると100%の支払いとなってしまうので注意が必要です。

搭乗日が近づくにつれ段階的にキャンセル料金が高くなっていくので、キャンセルが決まったらすぐにキャンセル申込みをするようにしましょう!

キャンセル料の詳細は以下の画像をご覧ください。

続いてプレミアム特割・特割1・特割3・特定便乗継割引・乗継特割・スマートシニア空割・スマートU25キャンセル料です。

出発時刻前なら共通して運賃の5%のキャンセル手数料が発生します。こちらも出発時刻を過ぎてしまうと100%の手数料がかかってしまうので、注意が必要です。

最後に上記の運賃以外のプレミアム運賃・プレミアム身体障がい者割引運賃・プレミアム株主優待割引運賃・プレミアムビジネスきっぷ・片道運賃・往復運賃・ビジネスきっぷ・身体障がい者運賃・株主優待割引運賃・アイきっぷ・介護割引・プレミアム小児運賃・プレミアム小児株主優待割引運賃・小児運賃・小児株主優待割引運賃の場合です。

これら早割ではない運賃は高く設定されているので、キャンセル手数料ももっとも少なくなっています。

出発時刻前は無料で出発時刻以降のキャンセルも運賃の20%だけとなっています。

 

もっつ
もっつ

ANAはJALに比べ出発後のキャンセル料が高い傾向にあるので、もしキャンセルされる場合は対象便の出発前までに必ず手続きを済ませておくようにしましょう!

ANA skyコインを使用した予約のキャンセル

ANA skyコインでの予約をキャンセルした場合は払い戻し手数料とキャンセル料を差し引いた差額がANA skyコインで即時に返却されます。

ただし、キャンセル時にANA skyコインの有効期限が過ぎていると、その分は戻ってきません。

払い戻しの際に発生する払戻手数料および取消手数料は、購入の際に使用したANA SKY コインから優先して充当されます。

運賃が20,000円のプレミアム旅割28をANA skyコインを5,000円利用し、残り15,000円をクレカ支払いで予約した例をみてみましょう。

搭乗日14日前のキャンセル手数料50%が発生する時点でキャンセルすると10,000円のキャンセル手数料が発生します。そのうち5,000円分はANA skyコインが先に充当されます。

もっつ
もっつ

20,000円−5,000円=15,000円のキャンセル手数料がかかり、ANA skyコインは返却されないということです。

ANAの特典航空券のキャンセル

次に特典航空券のキャンセルをみていきましょう。マイルがかえってくるかとっても気になるところですよね。

結論から言うと出発前のキャンセルであれば、いつでもマイルは全額戻ってきます。前日キャンセルでもオッケーです。

ただし払い戻し手数料として1人・1特典につき3,000マイルかかります。

JALの特典航空券のキャンセルは現金で3,100円なのでマイルの価値を考慮するとANAのほうが厳しく設定されています。

また、特典航空券は日付やクラスの変更はできますが区間の変更はできません。
※羽田→伊丹を羽田→新千歳に変えるなどはダメです。
ただし例外的に羽田空港⇔成田空港、伊丹空港⇔関西空港⇔神戸空港間のみ変更可能となっています。

ANAのいっしょにマイル割のキャンセル

いっしょにマイル割をキャンセルした場合も確認しておきましょう。いっしょにマイル割の払い戻しは往復とも未使用の場合のみキャンセルできます。片道のみの払い戻しはできません。

代表者がキャンセルするとマイルは全額返却されず、その旅程自体も取り消しになります。

同行者のキャンセルは以下の手数料が発生します。

  • 払戻手数料:航空券2枚1組で430円
  • キャンセル手数料:取消日にかかわらず運賃の50%

いっしょにマイル割はとってもオトクですがキャンセル料金等が厳しいので慎重に予約するようにしましょう!

ANAの旅作、パッケージツアーのキャンセルした

全員分のキャンセル

旅作、パッケージツアーどちらとも出発日の21日前までならキャンセル料はかかりません。

20日前からは以下のキャンセル手数料が発生します。

日帰り旅行の場合は出発日の11日前までならキャンセル料はかかりません。詳細は以下のようになっています。

一部同行者がキャンセルした場合

例えば3名で行く予定で1人だけキャンセルした場合には、3名時のツアー代金と2名時のツアー代金の差額の支払いが発生します。

基本的に3名時より2名時のツアー代金の方が高いのでいくらか支払うことになります。

同行者のキャンセル手数料は全員分のキャンセルと同様に21日前までなら無料です。

天候不順や機材トラブル等でANAの搭乗予定の便が不可抗力でキャンセルになった場合

基本的に搭乗者の都合によらない搭乗便の変更やキャンセルは無料です。払い戻しに際して取消手数料・払戻手数料はかかりません。

ただし、飛行機のキャンセルの責任がANAにあるかないかによって宿泊費等の扱いが異なるので確認しておきましょう。

なお、予約便出発予定日より30日以内にキャンセル手続きを済ませる必要があります。

自然災害による飛行機のキャンセル

この場合飛行機のキャンセルの責任はANAにありません。

悪天候や天災などにより、遅延・欠航した場合、変更・払い戻しに際してキャンセル手数料はかかりません。

先得、特便割引などの本来は変更ができない予約クラスでも、例外的に1回にまで変更可能です。

ただし、最終便で当日の振替便がなく、宿泊費や交通費などの諸費用が発生した場合は個人負担となってしまいます。

ANA都合による飛行機のキャンセル

機材不良などANAの都合によるキャンセルの場合だと、宿泊費や交通費などの諸費用の補償が受けられます。

新幹線などの代替手段に振り替えた場合は、以下のような扱いになります。ANA都合によるキャンセルの場合は自己負担はありません。

なお、代替手段がなく宿泊費と交通費が生じた場合は上限15,000円まで保証されます。その際に宿泊費等の領収書が必要となるので、確実に貰っておくようにしましょう。

公共交通機関がなくタクシー利用となる場合の上限も15,000円となっています。

精算は予約便出発予定日より10日以内におこなわなければいけません。

特典航空券の予約がキャンセルになり払い戻す場合

特典航空券のキャンセルも払い戻しに際して取消手数料・払戻手数料はかかりません。

特典航空券の場合は予約便出発予定日より10日以内に手続きを済ませる必要があります。

  • 全区間未使用の場合

特典航空券との交換時に使用したマイルはすべて払い戻しされます。

  • 一部使用済みの場合

特典航空券との交換時に使用したマイルのうち、払戻対象区間に相当するマイル数を算出され払い戻しされます。

自然災害等によるキャンセルでは払戻手続時点で有効期限を過ぎているマイルは払い戻しされません。

ANA都合によるキャンセルの時は有効期限を過ぎているマイルも払い戻しされます。

もっつ
もっつ

ANA都合によるキャンセルで有効期限が切れたマイルが払い戻されると、払い戻しされた月から3年後の有効期限へと延長されます。ちょっとだけラッキー、不幸中の幸いです。

特典航空券の予約がキャンセルとなり、他の公共交通機関に振り替えた場合は運賃額の全額がANAの負担で払い戻しされます。

特典航空券の予約がキャンセルになり搭乗便を変更する場合

  • レギュラーシーズンからハイシーズンへの変更となり、必要マイル数が増える場合であってもマイルの差額は必要ありません。当初予約した時のマイル以上にはかかりません。
  • 逆にレギュラーシーズンからローシーズンへの変更等、必要マイル数が減る場合はマイルの差額が全額払い戻しされます。

キャンセルの特例

病気などの理由で旅行不可能な場合はキャンセルの特例となります。

この場合特例的に医師の診断書などの提出すれば、取消/払戻手数料がかかりません。全額払い戻しされます。

また、予約便出発予定日から30日以内の便への変更も可能です。変更の手続きは電話(0570-029-767)、またはANA国内線空港カウンターにて手続きできます。

払い戻し、キャンセルの手続場所

払い戻しやキャンセルの手続を行う場所は購入場所と支払い方法によって異なります。WEBでクレカ支払いをしたのか、コンビニ支払いをしたのか等によって違いますが基本的には以下の3箇所のいずれかで手続きできます。

  1. ANAのホームページ
  2. サービスカウンターへの電話
  3. ANA国内線カウンター

中でもANAのホームページがもっとも簡単でスムーズに払い戻し手続きができます。

例外としてHISやJCBなど旅行会社での予約の場合は購入した旅行会社でのキャンセル手続きとなります。払い戻し手続きはそれぞれ旅行会社によって異なるので、必ず確認しましょう。

購入場所別のキャンセル手続きの受付場所は以下のようになっています。

WEBによるキャンセル手続き

WEBでキャンセル手続きを行う場合は以下のアドレスからおこなえます。

https://www.ana.co.jp/domestic/be/meta/0007.html

ご予約状況からキャンセルしたい予約済みの航空券を選択しキャンセルすることができます。

電話によるキャンセル手続き

電話でキャンセル手続きを行う場合はANAマイレージクラブの会員の方は以下の電話番号となっています。

ANAマイレージクラブの会員でない方は以下の番号からキャンセル手続きができます。

カウンターでのキャンセル手続き

カウンターでキャンセル手続きを行う場合はANA国内線空港カウンターとなっています。

払い戻しまでの日数

払い戻しまでの日数は現金での支払いかクレジットカードでの支払いなど、代金の支払い方法によって変わってきます。

クレジットカードでの払い戻しの場合

この場合、クレジットカード会社を通じての精算となります。 クレジットカード会社からの返金は、払い戻し手続きをした日とクレジットカードの締日のタイミングなどによりますが、目安として、返金まで1~2カ月程度で払い戻しされます。

これはクレジットカード会社の扱いにより変わるので、もし気になる場合はお使いのクレジットカード会社に問い合わせるようにしましょう。

現金での払い戻しの場合

現金での払い戻しの場合は指定口座への振り込み(振込手数料はANA負担)で払い戻しされます。

◆ANAウェブサイトで払い戻し手続きした場合

  • 金融機関の営業時間の場合は払い戻し手続き日に返金されます。
  • 金融機関の営業時間の場合は翌営業日に返金されます。

◆ANA予約・案内センターで払い戻しした場合

  • 払い戻し手続き後7日以内を目安に返金されます。

※年末年始やゴールデンウィークなどの連休期間はそれ以上になることもあります。

ANA skyコインによる払い戻しの場合

ANA skyコインによる払い戻しは手続き後、即時払い戻しされます。

ANAご利用券による払い戻しの場合

ANAご利用券による払い戻しはされません。

まとめ

  • 予約済みで購入前ならキャンセル料は無料。
  • ANA一般予約の自己都合のキャンセル量は出発日が近づくにつれ段階的に高くなります。
  • 出発日を過ぎてからのキャンセルは100%のキャンセル料がかかります。
  • ANA skyコインによる予約のキャンセルは払い戻し手数料とキャンセル料を差し引いた差額がANA skyコインで即時返却。
  • 特典航空券のキャンセルは1人あたり3,000マイルがかかります。これは何日前のキャンセルでもかわりません。
  • いっしょにマイル割のキャンセルは50%の手数料がかかるので予約の際は注意が必要。
  • ANAの旅作やパッケージツアーのキャンセルは出発日まで21日を切っていなければ無料。
  • 自己都合でないキャンセルは運賃関係なく無料。
  • 自然災害によるキャンセルは宿泊費がかかるが、ANA都合のキャンセルは宿泊費も保証される。(上限は15,000円)
  • 特例として病気などやむを得ない事情によるキャンセルも運賃にかかわらず無料。
  • キャンセル手続きは、ほとんどのパターンでWEBでも電話でもカウンターでもオッケー。