✔ ダウンロード可能な動画配信サービス全7社徹底比較【今ならすべてタダ!】

ユナイテッドマイルを使ったANA便の予約・搭乗方法【スクショ付】

ユナイテッドマイルを使ったANA便の予約・搭乗方法【スクショ付】
  • ユナイテッド航空のマイルを使ったANA便の発券には何マイル必要なの?
  • ユナイテッド航空のマイルを使ったANA便の発券方法と座席指定方法を知りたいなぁ
  • ユナイテッド航空のマイルを使ったANA便のキャンセル方法は?手数料って必要なの?

ユナイテッド航空のマイルのオトクな使い道はやっぱりANA便との交換です。

この記事ではユナイテッド航空のマイルを利用したANA便の網羅的に解説しています。

具体的な内容は

  • ユナイテッド航空のマイルを使ったANA便の予約方法
  • 必要マイル
  • 予約可能期間
  • 座席指定の方法
  • キャンセル方法
  • 手数料

などです。

もっつ
もっつ
これを読めば、ユナイテッド航空のマイルを利用したANA便の予約について知りたかったことがわかります!

スポンサーリンク

ANAの特典航空券の交換に必要なユナイテッド航空のマイル

ユナイテッド航空のマイルを使って、ANAの特典航空券に交換するときの必要マイル

ユナイテッド航空のマイルでANA便に乗る時に覚えておきたい基本的なルールは

  • 出発地と到着地の距離が800マイル以内であれば片道5,000マイル
  • 出発地と到着地の距離が800マイルを超えると片道8,000マイル

たったこれだけです。

必要マイルはフライトの直線距離が800マイル以内かどうかで決まります。

ユナイテッド航空のマイルは乗り継ぎが必要な便がオトク!

それでは800マイルのルールを具体的に説明します。ユナイテッド航空のマイルは乗継便のとき、最大の力を発揮します。

例えば函館から松山まで旅行に行く例をみてみましょう。

ANAだと直行便がないため、函館→羽田→松山といった乗り継ぎが必要なルートになります。

ANAのハイシーズンの予約だと、1区間目の函館→羽田の9,000マイルと2区間目の羽田→松山の9,000マイル、2区間合計で片道18,000マイルが必要になります。

 

一方でユナイテッド航空のマイルなら、スタートの函館とゴールの松山の直線距離が800マイル以内となるため、片道わずか5,000マイルで発券できるんです!

ユナイテッド航空の場合800マイル以内の計算に、1区間目の函館→羽田と2区間目の羽田→松山の距離を足す必要はありません。

もっつ
もっつ

計算するのはあくまで出発地と到着地の直線距離だけです。フライトの回数も関係ありません。2回や3回の乗継便でもオッケーなんです。

下のスクショが実際の検索画面です。

このように、ユナイテッド航空のマイルは乗り継ぎが必要な便のとき、ANAに比べマイル数がグッと少なく済みます。

もっつ
もっつ

このようにユナイテッド航空のマイルは羽田や大阪等の大都市にしか直行便のないわたしみたいな地方在住者にとって、すごく使い勝手が良いんです

800マイルを超える長距離便の場合

札幌から石垣島に向かう場合だと、札幌→羽田→石垣島のフライトとなります。

この場合800マイルを超えるため、必要マイルは8,000マイルとなります。

ただし、ANAだと閑散期となるローシーズンでも14,500マイル必要なので長距離のフライトもとってもオトクです!

ユナイテッド航空のマイルなら一年中通して同じマイル数で発券できる!

ユナイテッド航空のマイルはANAにはない、さらに魅力的なポイントがあります。

先程の函館→羽田→松山を例に取ると、ANAのマイル区分だとどちらの区間も距離が600マイルを超えるので、ハイシーズンだと9,000マイル+9,000マイルの片道合計18,000マイルが必要でした。

18,000マイルは近場のアジアに行けるくらいの量です。これだとなかなか発券する気になりませんよね。

しかしユナイテッド航空のマイレージであれば、1年中いつでも5,000マイルで発券できます。

ユナイテッド航空のマイルならトリッキーなルートも発券可能!

これもANAのマイルではできない、ユナイテッド航空独自のおもしろいルールです。

例えば羽田から大阪に向かおうと思ったとき、あえて羽田→沖縄→大阪というルートも発券することができます。

この場合も出発地(羽田)と到着地(大阪)の距離は800マイル以内なので、沖縄を経由しても片道5,000マイルで発券することができます。

乗継地(沖縄)では12時間以内に乗り継ぎというルールがあるため、沖縄で最大12時間遊んで、大阪に向かうといったトリッキーなルートが5,000マイルで実現できます。

 

もっつ
もっつ

休みがあんまり取れないけど色々遊びに行きたい方や、飛行機に乗るのが大好きという方にはオススメです!

また経由便を使うことで、直行便は取りにくいルートであっても目的地まで行ける可能性が高まります。

 

なお、乗り継ぎは片道3区間まで発券可能です。

運行時間の設定により12時間以内の乗り継ぎができない路線などでは、以下の画像のように12時間を超える乗り継ぎルートも出てきます。

これは関空発で福岡、札幌でそれぞれ一泊ずつして成田に向かう超大回りのなんとも変態的なルートです。笑

こんなルートもわずか5,000マイルで発券できますよ。

このようにユナイテッド航空のサイトで検索すると、色々なおもしろいルートが出てきます。

ユナイテッド航空のマイルなら国際線もオトク!サーチャージなし!

ユナイテッド航空のマイルはANAの国内線だけではなく、国際線でもとってもオトクな使い方ができます。

ユナイテッド航空のマイルは基本的に日本国内と国際線では必要マイルのルールが異なるのですが、韓国だけは例外的に日本国内の800マイルのルールが適用されます。

つまり、東京・名古屋・大阪からだと、韓国も800マイル以内なので5,000マイルで行くことが可能です!

さらにユナイテッド航空発券だとサーチャージもかかりません!

韓国以外の国際線だと、例えば福岡→上海も直線距離で532マイルですが、必要マイルは5,000マイルとはならず、15,000マイルが必要になります。

ANAの場合、韓国までの必要マイルはシーズンにより12,000マイル〜18,000マイルが必要なので、やっぱりユナイテッド航空のマイルでの発券がオトクです。

ユナイテッド航空の国際線の必要マイルは以下から検索できます。

https://www.united.com/web/ja-JP/apps/mileageplus/awards/travel/awardTravel.aspx

目的地まで距離が800マイル以内に収まる目安

日本国内のそれぞれの主要都市から800マイル以内の目安を書いています。

行きたい目的地が5,000マイルの範囲に収まるか参考にしてください。

  • 札幌発……広島を含む以東(福岡は800マイルを超えるのでダメ)
  • 仙台発……北は稚内、南は鹿児島まで(沖縄はダメ)
  • 羽田発……北は稚内、南は鹿児島まで(沖縄はダメ)
  • 名古屋発…北は稚内、南は鹿児島まで(沖縄はダメ)
  • 大阪発……北は女満別、南は沖縄まで(稚内はダメ)
  • 福岡発……北は函館、南は沖縄まで(札幌はダメ)
  • 沖縄発……大阪まではオッケー(名古屋以東はダメ)

※あくまでこれは目安なので、その他の地方都市から出発の場合はユナイテッド航空のサイトから検索するのが確実です。

ユナイテッド航空のマイルを利用したANA便の予約方法(スクショ付き)

では実際にユナイテッド航空のマイルを使ってANAの航空券を予約してみましょう!

まずはユナイテッド航空のサイトにアクセスしログインします。

トップページの『特典航空券の検索』にチェックを入れ、往路の日付を選択し出発地と到着地をローマ字で入力します。

片道のみをご希望の方は、『片道』にチェックをいれてください。

 

出発地と目的地は3文字のスリーレターコードでもオッケーです。スリーレターコードがわからない方は以下のリンクから調べることができます。https://www.airlineguide.jp/airport-codes/

 

 

例として札幌ー羽田を検索してみました。

すると直行便や乗り継ぎも含めたさまざまなルートが出てきます。

しかし、このままでは希望のフライトを見つけにくいので『詳細検索』から希望の便のみが表示されるようにします。

 

『いつでも』の欄をクリックすると朝や夕方、夜など希望の時間帯を選択できます。

また、直行便だけを検索する場合は直行便以外のチェックをすべて外して検索します。

逆にたくさん乗り継ぎして色んな所に遊びに行きたい場合は『2+』にだけチェックを入れます。

これで希望の便だけが表示されます。

 

 

千歳→羽田は800マイル以内なので5,000マイルと表示されています。

予約日が出発日まで20日を切ると手数料が75ドル(120円換算で9,000円)かかります。

 

次のページで搭乗者の個人情報を入力していきます。会員登録されている名前などが自動的に入力されているはずです。入力されていない場合は手動で入力してください。

また、あとで座席指定に使用するため『新しいフリークエントフライヤーの追加』からANAのマイレージ会員番号を追加しておきます。その後『次へ』をクリックします。

 

もっつ
もっつ

ページを進めると『座席指定はできません。』のメッセージが表示されますが、後でANAのサイトから座席指定するためこの時点では気にしないでオッケーです!

 

後は画面の指示に従って進めていけば購入可能です。

また、この時点でマイルが足りなければ購入することもできます。

 

ユナイテッド航空のサイトは全て日本語表示ですし、慣れれば簡単に予約できます。合わせて予約の注意点もチェックしておきましょう。

ユナイテッド航空のマイルでANA便が予約可能なのは出発日の60日前から

ユナイテッド航空のマイルを使ってANA便の予約ができるのは、希望の出発日の60日前の15時から4日前までです。

一方で、ANAマイルを使ってANA便の予約ができるのは、希望の出発日の2ヶ月前の同日から出発日の前日までとなっています。

2ヶ月前の同日と60日前は同じ様で結構違うんです。その違いをカレンダーを使って説明します。

2ヶ月前の同日と60日前の違い

例えば6月1日が希望の出発日だとします。ANAの場合は2ヶ月前の同日なので、4月1日となりますが、ユナイテッド航空の場合だと60日前なので、4月2日となってしまいます。

この点はやはりANAのマイルの方が使い勝手が良いですね。

さらにANAは復路変更の裏ワザを利用すれば、希望日の2ヶ月前プラス14日前から予約できるため、繁忙期の人気路線などではユナイテッド航空はかなり不利です!

ユナイテッド航空のマイルで予約したANA便の座席指定方法

続いてユナイテッド航空で予約したANA便の座席指定方法を説明します。座席指定方法は

  • ANAの国際線デスクに電話

たったこれだけです。

※ユナイテッド航空のマイルの予約はANAの国内区間でも国際線扱いとなります。

そのため国際線のデスクに電話することがポイントです!電話番号は以下のどの番号でも大丈夫です。

座席指定の時に準備しておくもの

その際に準備しておくものは座席指定したい便名と日付です。

先程のユナイテッド航空の特典航空券の予約方法で見てもらったように、ユナイテッド航空のサイトから予約した際にANAの会員番号も入力した方はこれだけでオッケーです。

ユナイテッド航空の予約時、ANA会員番号の紐付けを忘れてしまった方はANAの予約番号も必要です。

 

ANA予約番号は以下の方法で確認できます。

まずユナイテッド航空からの予約完了メールに記載されてい13ケタのeチケットナンバーを控えておきます。

 

次にANAの予約番号を調べるためにANAのサイトにアクセスし、『マイメニュー』→『予約確認』→『国際線航空券』→『予約の確認・購入・変更』と進めていきます。

 

『予約詳細へ』をクリックします。

 

次のページで『航空券番号』にチェックを入れ、メールで届いた13ケタのeチケットナンバーと氏名をローマ字で入力し『検索する』をクリックします。

これでANAの6ケタの予約番号が表示されるので番号を控えて、ANAの国際線デスクに電話をかけ座席指定しましょう。

電話で窓側、通路側、前方、後方、並び席など希望を伝えれば、オペレーターが方がベストな席を提案してくれます。

座席変更は通話終了後すぐに反映されます。

ユナイテッド航空のマイルでとったANA便のキャンセル手数料

出発予定日の1週間以上前に購入し、ご購入から24時間以内であれば、変更手数料なしで変更することができます。航空券購入代金も全額払い戻しされます。

無料期間を過ぎたフライトの変更・キャンセルは125ドルかかってしまいます。

1マイルをいくらと考えるかにもよりますが、5,000マイルの区間であれば私はマイルを放棄した方がオトクなんじゃないかと思います。

ユナイテッド航空のマイルでとったANA便の予約キャンセル方法

実際のキャンセル方法をみてみましょう。まずはユナイテッド航空のサイトにアクセスします。

『ご予約の確認』からメールで届いた予約番号と姓を入力し、検索します。あとは以下の画像に従い進めていってください。

 

 

 

 

これで予約のキャンセルは完了です。しばらくするとあなたのアカウントにユナイテッド航空のマイルが返却されています。

ユナイテッド航空のマイルで予約したANA便の搭乗方法

実際にユナイテッド航空のマイルを使ってANA便に搭乗する方法を説明します。

当日は空港のANA有人カウンターに行き印刷、もしくはメールで届いた13桁のeチケットナンバーをグランドスタッフに伝えます。

搭乗手続きはこれだけです。

skipサービスは利用することができないので注意が必要です。できるだけ時間に余裕を持って空港に向かうようにしましょう。

ユナイテッド航空のマイルでANA便に乗る際の注意点

ユナイテッド航空のマイルでANAの国内線を予約すると国際線扱いとなります。

通常国際線の国内区間だと空席があれば、前便に振り替えて搭乗することができるのですが、ユナイテッド航空でANA便を予約した場合はできません。

予約した搭乗時間にしたがって空港に向かうようにしましょう。

まとめ

check!
  • ユナイテッド航空のマイルでANA便に搭乗可能
  • ユナイテッド航空のマイルを使ったANA便の予約期間は希望の出発日の60日前の15時から4日前まで
  • 搭乗日まで20日を切った予約は75ドルがかかる
  • 必要マイルは直線距離で800マイル以内なら5,000マイル、それ以降は8,000マイル
  • 購入から24以上経過したキャンセルは125ドルの手数料が必要
  • ANA便の座席指定は電話でできる
  • ユナイテッド航空のマイルを使ったANA便は前便振替ができないので要注意
もっつ
もっつ

ユナイテッド航空のマイルには様々な貯め方や使い道がたくさんあります。上手に活用してオトクに旅行に出かけましょう♪

コメントをどうぞ