✔ ダウンロード可能な動画配信サービス全7社徹底比較【今ならすべてタダ!】

飛行機内に持ち込みできるもの・預け荷物とするもの【一覧まとめ】

飛行機内に持ち込みできるもの・預け荷物とするもの【一覧まとめ】
  • 旅行の準備をしているけどこれって持ち込みできるのかな?
  • 事前に飛行機内に持ち込み可能なものを知りたい!
  • 国内線と国際線で持ち込み手荷物のルールは違うの?

飛行機内に持ち込める手荷物には種類や量など様々な制限があり、けっこうややこしいです。

うっかりしてると、手荷物検査で没収されたり、最悪の場合捨てることになってしまうかもしれません。

そんなことにならないように飛行機内に持ち込めるものと持ち込めないものをまとめました。国内線と国際線で飛行機内に持込可能なものや量、ルールが異なる点もあるので注意が必要です。

出発前にこの記事さえ読めばもう迷うことはありません。

もっつ
もっつ

事前に自宅で飛行機内に持ち込む手荷物を今一度チェックして、安心して空港に向かいましょう!

スポンサーリンク

飛行機内に持ち込みできるもの

飛行機内に持ち込めるかどうか迷いやすいものをそれぞれ解説します。

重要なのは飛行機内に持ち込もうとしているものが、液体類かそうでないかです。

これさえ覚えておけば、だいたいのものは持込可能かどうかわかりますよ♪

化粧品などの液体類

国内線の場合

化粧品などの液体類は1容器あたり500ミリリットル以下かつ、合計で2リットルまでなら飛行機内に持ち込みできます。そのため国内線の場合はほとんど気する必要はありません。

もちろん預け荷物とすることも可能です。預け荷物の場合も同様に1容器あたり500ミリリットル以下かつ、合計で2リットルまでです。

国際線の場合

国際線の場合は持ち込める量とパッケージ方法が国内線の場合と少々異なります。

国際線の場合は1つの化粧品に付き100ミリリットル以下の容器に入れ、合計1リットル以下に小分けし、縦横合計が40cm以下のジップロック等にいれないと持ち込みできません

容器が100ミリリットルを超えるものだと、たとえ100ミリリットル以下の化粧品が入っても持ち込みできません。必ず容器を100ミリリットル以下に必要があります。

なお、免税店での購入品は関係ありません。

100均にもトラベル用の小分けパックがありますし、amazonでも下のような便利な商品が売っています。

ヘアワックス

ヘアワックスも液体類とみなされるので持ち込みには化粧品と同様のルールが適用されます。飛行機内に持込可能ですが量が決まっています。

持込可能な量は国内線の場合500ミリリットル以下に小分けし、合計で2リットル以下まで。

国際線は100ミリリットル以下に小分けし、合計で1リットル以下までとなっています。

シャンプー

シャンプーも液体類なので同様です。

国内線の場合1つあたり500ミリリットル以下かつ、合計で2リットル以下。

国際線は1つあたり100ミリリットル以下かつ、合計で1リットル以下です。

スプレー

スプレーも基本的に液体類と同じルールが適用されます。

国内線の場合1つあたり500ミリリットル以下かつ、合計で2リットル以下

国際線は1つあたり100ミリリットル以下かつ、合計で1リットル以下です。

もっつ
もっつ

ケープや虫よけスプレーなど体に直接使用するものは持ち込みできます。

ただし防水スプレーなど引火性ガスが充填されているものは機内持ち込みができないので、預け荷物としなければいけません。国際線は手荷物での持ち込みも預け荷物とすることもできません。

香水

香水も液体物なので

国内線の場合1つあたり500ミリリットル以下かつ、合計で2リットル以下

国際線は1つあたり100ミリリットル以下かつ、合計で1リットル以下です。

免税店での購入品は制限なく飛行機内に持ち込むことができます。

歯磨き粉

歯磨き粉も液体物とみなされるので

国内線の場合1つあたり500ミリリットル以下かつ合計で2リットル以下

国際線は1つあたり100ミリリットル以下かつ合計で1リットル以下です。

便利なトラベル用のセットも出ているので1セット準備しておくといいでしょう。

ヘアアイロン・コテ・ドライヤー

ヘアアイロンやドライヤーはタイプにより持込可能かどうかが変わります。

◆ガス式:炭化水素ガスが充填されたものは、1個まで飛行機内に持ち込みできます。預け荷物とする場合も1個までです。

◆コンセント式:機内持ち込み、預け荷物どちらも可能で個数制限もありません。

◆充電式:基本的に飛行機内に持ち込みも預け荷物とすることもできません。ただし、充電池を取り外せば飛行機内に持ち込みすることも、預け荷物とすることも可能です。

外した充電池は預け荷物とすることはできないので、飛行機内に持ち込まなければいけません。
また渡航先によっては日本の電源プラグの形状と電圧が違うので要注意です。
以下の変換プラグならあらゆる国で利用可能です。

カミソリ・電動シェーバー

T字剃刀や化粧用などのの小さな剃刀は刃の長さが4cm以下なら機内持ち込み可能です。また、電気シェーバーも飛行機内に持ち込むことができます。

ライター・ジッポー

国内線の場合

ジッポー・ライターともに喫煙用で10cm未満の小型のものに限り、身に着けて1人1個まで飛行機内に持ち込み可能です。預け荷物とすることはできません。

なお、ターボライターは持ち込み・預け荷物ともにできません。

身に着けてとは上着のポケットなどに入れて携帯することで、カバンなどの手荷物に入れての機内持ち込みはできません。必ずカバンから出して持ち込みましょう。

国際線の場合

中国、インド、フィリンピン、ミャンマーを出発する飛行機にマッチ・ライターは持ち込みできません。

国内線の場合

一般的な傘、折り畳み傘どちらでも飛行機内への持ち込みも預け荷物とすることも可能です。

サイズ等の制限も特にありません。ただし先端が鋭利な場合など、場合によっては持ち込めない可能性もあるので、その場合は預け荷物となります。

国際線の場合

飛行機内へ持ち込みの不可は渡航先や利用する航空会社により異なります。機内で使用することはないので、折りたたみ傘は預け荷物とするようにしましょう。

ハサミ・爪切り

国内線の場合

以下の条件に当てはまるハサミは持込可能です。

  • 刃6cm以下
  • 先端が尖っていなく鋭利でない。

なお、爪切りは飛行機内に持ち込むことができます。特に規定はありません。

国際線の場合

国際線ではサイズ等関係なく全面的に持ち込み不可となっています。爪切りも同様に持ち込みできません。

ノートパソコン

ノートパソコンやipadなどのタブレット端末は貴重品となるため、保安検査場のトレーに乗せ保安検査を受けた上で、必ず飛行機内に持ち込まなければいけません。

預け荷物とすることはできません。

ペットボトル飲料物

国内線の場合

未開封のペットボトルは500ミリリットル以下なら、X線による手荷物検査をすれば持込可能です。

開封済みのペットボトルは、一度保安検査場のトレーに出し、専用の検査器でチェックした上で持ち込み可能となります。

カバンから取り出してのチェックが煩わしい場合は保安検査後に購入するようにしましょう。

国際線の場合

国際線では一切持ち込み禁止なので、飲み干すかその場で廃棄しなければいけません。

水筒(サーモス)

国内線の場合

中身が入っていても、蓋を開け係員による匂い等の検査の後、持込可能です。

国際線の場合

サーモス(魔法瓶・水筒)は中身が入っておらず、空っぽの場合は持込可能です。モチロン預け荷物とすることも可能です。

機内で飲み物の提供もあるので、念の為預け荷物としておけば間違いありません。

缶詰・缶飲料

国内線の場合

缶詰・缶飲料は液体類なので国内線の場合1つあたり500ミリリットル以下で合計で2リットル以下なら飛行機内に持ち込みできます。

液体物でない缶詰は特に制限等ありません。

国際線の場合

常温で長期保存が可能な調理済みの缶詰は、基本的に持ち込み可能です。

スープやジャムなども液体物とみなされるので1つあたり100ミリリットル以下かつ、合計で1リットル以下までなら持ち込み可能です。

また、外国から色々なお土産を持ち込むときも注意が必要です。肉類等は缶詰であっても購入した国の検査証明書が必要となるので、基本的に持ち込みできないと思っておいたほうがいいでしょう。内容は動物検疫所のサイトをご覧ください。

海外から野菜や果物を持ち込む際の規制:植物防疫所
植物防疫所ホームページ

野菜や果物の持ち込みも持ち出す国や種類によっては禁止または制限されている場合があるので、以下の植物検疫所のサイトをご覧ください。

肉製品などのおみやげについて:動物検疫所
動物検疫所ホームページ

ホッカイロ

お持ち込み、お預けともに可能です。しかし金属探知機に反応する可能性があるので大事をとって預け荷物にしたほうが安心です。

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーは預け荷物にできないので、手荷物にしなければいけません。また、持ち込みできる容量が決まっているので注意が必要です。

容量はモバイルバッテリーの側面や裏面に記載されているので確認しておきましょう。ANAとJALの場合、

  • 100wh以下のものは制限なく機内持ち込み可能です。
  • 100wh以上160wh以下のものは2つまで持込可能です。
  • 160whを超えるものは一切持ち込み禁止です。
ただし中国では100wh以上のモバイルバッテリーは一切持ち込み禁止で廃棄となるので、100wh以下のものを準備しておきましょう。

以下のものなどだいたいのモバイルバッテリーは100wh以下です。

まとめ

機内に持ち込みできるもの
  • 飛行機内への持込の不可は液体物かどうかが大事。
  • 液体物の持ち込みは国内線では1つ500ミリリットル以下かつ、合計で2リットル以内
  • 国際線では1つ100ミリリットル以下かつ、合計で1リットル以内までです。
  • 国内線や国際線では持込可能なものが異なるものがあります。
  • 国際線では渡航先や航空会社によって持込可能なものが異なるので要確認。
  • 充電池やモバイルバッテリーは飛行機内へ持ち込み手荷物としなければいけません。
  • 肉、野菜、フルーツなどを国内へ持ち込むには検査証明書が必要となるので要注意!

コメントをどうぞ