✔ ダウンロード可能な動画配信サービス全7社徹底比較【今ならすべてタダ!】

デルタマイル(スカイマイル)の貯め方4パターン【オススメは1つだけ】

デルタマイル(スカイマイル)の貯め方は4パターン【オススメは1つだけ】
  • たまたまデルタ航空に乗る機会があったから、これを機にデルタマイルを貯めてみたいなぁ
  • デルタマイルの貯め方はどんな方法があるの?

デルタ航空はアメリカに拠点を置く航空会社です。

名古屋、東京、大阪、福岡の4大都市からハワイへの直行便が出ているので、ツアーなどで利用した方も多くいらっしゃると思います。

この記事ではデルタ航空に興味が湧いた方へ向け、デルタマイルの特徴やどんな貯め方があるかまとめました。

読めば一番オトクなデルタマイルの貯め方がわかりますよ。デルタ航空のマイルの貯め方でオススメは1つだけです。

 

もっつ
もっつ

なお、デルタ航空マイルの正式名称は『スカイマイル』といいます。

デルタマイル(スカイマイル)の特徴

デルタマイル(スカイマイル)の特徴

まずはデルタ航空マイルの特徴を見ていきましょう。

デルタマイルにはANAやJALにはない、いくつかの特徴があります。

デルタマイルの特徴
  • 有効期限がない・・・じっくり貯められる
  • 特典航空券が利用しやすい・・・誰にでも発券可能で片道のみでもオッケー
  • フライトマイルの加算基準・・・距離ではなく購入金額で決まる
  • マイルを貯めやすい・・・デルタ航空以外の航空会社を利用してもデルタマイルが貯まる
  • 特典航空券との交換に必要なマイルが多い・・・ソウル路線を除きANA、JALより高め

デルタマイルをフライトで貯める

これが1つ目のデルタマイルの貯め方です。

ANAやJALのマイル積算率は飛行距離や搭乗クラスで積算マイルが決まりますが、デルタマイルはチケット購入金額で積算マイル数が決まります。

積算マイルはスカイマイル会員種別によって異なります。なお、後述しますがデルタ航空はクレジットカードを作成するだけで、上級会員であるゴールド メダリオン会員資格が手に入ります。

会員種別による獲得マイル
  • 一般スカイマイル会員:お支払い額1ドルにつき5マイル
  • シルバー メダリオン会員:お支払い額1ドルにつき7マイル
  • ゴールド メダリオン会員:お支払い額1ドルにつき8マイル
  • プラチナ メダリオン会員:お支払い額1ドルにつき9マイル
  • ダイヤモンド メダリオン会員:お支払い額1ドルにつき11マイル

ゴールドメダリオンで1,000ドルの航空券を購入した場合は、1,000 × 8 = 8,000マイル獲得できます。

デルタ航空は国内路線がないので、ANAやJALに比べるとフライトによるマイルは貯めにくいです。

スカイチーム加盟航空会社のフライトを利用したときは、必ずデルタマイルに付け替えよう

日本の加盟航空会社がないので、馴染みがないかもしれませんが、デルタ航空はスカイチームという航空アライアンスに加盟しています。

スカイチーム加盟航空会社を利用した時、、デルタマイルに付け替えることができます。

提携航空会社のフライトマイルをデルタマイルに付け替えた時、何マイルになるかは、公式サイトでご確認ください。

デルタ航空提携航空会社:デルタ航空
世界中のあらゆる旅先へ、デルタ航空が信頼する25社の提携航空会社のフライトをご利用になるたびに、マイルを獲得できます。

スカイチームの中でマイルを貯めるならデルタ航空がベストです。スカイチーム加盟航空会社のフライトを利用したときは積極的にデルタマイルにしましょう。

なぜなら、他の航空会社のマイルを貯めようと思っても、フライトだけで特典航空券に交換するまでのマイルを貯めるのは現実的に難しいからです。

その点、デルタマイルには有効期限が無く、後述するニッポン500マイルでもマイルが貯まりやすいからです。

デルタマイルならじっくり時間をかけて、特典航空券との交換に必要なマイルを貯めることができます。

 

なお、スカイチーム加盟航空会社は以下のようになっています。

デルタマイルをニッポン500マイルで貯める

これがメインのデルタマイルの貯め方になります。

わたしはまったくデルタ航空に乗らずに、この方法でデルタマイルを貯めています。

ニッポン500マイルとは、日本国内路線の半券をデルタ航空にFAXするだけで、1区間につき500デルタマイルが獲得できるシステムです。

ANAでもJALでもLCCでもどんな航空会社の半券でもオッケーです。

 

ニッポン500マイルを利用すれば、ANAやJALのマイルとは別にデルタマイルを獲得できるので、マイルの二重取りが可能です。

なお、ニッポン500マイルには1年間で貯められる上限があります。

年間加算上限
  • 通常会員・・・年間10搭乗5,000マイルまで
  • シルバーメダリオン会員以上・・・40搭乗20,000マイルまで

ニッポン500マイルは毎回1年限定のキャンペーンです。と発表されますが、毎年延長されているので実質無期限のキャンペーンとなっています。

FAX申請用のニッポン500マイル申請フォーマットは、公式サイトからダウンロードできます。

デルタ航空スカイマイルキャンペーン:デルタ航空
提携ホテルにご宿泊すると滞在中もマイルを獲得できます。スカイマイルプログラムに参加している提携ホテルをご覧ください。

デルタマイルをクレジットカードを利用して貯める

ANAやJALと同じ様に基本的なマイルの貯め方です。還元率は1%なので貯まりやすいとは言えませんが、クレジットカードを所持することによって得られる特典が大きいです。

デルタマイルが貯まるクレジットカードは全部で8枚ありますが、以下の3枚だけ見ておけば十分です。

他のクレジットカードは比較に値する価値がありません。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードデルタ スカイマイルJCBカード
カードデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードデルタ スカイマイルJCBカード
オススメ度
特徴ゴールドメダリオン資格が自動付帯シルバーメダリオン資格が自動付帯もっとも年会費が安い
年会費26,000円12,000円1,500円
還元率1.0%1.0% 1.0%

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは所有するだけで、1年目は自動ゴールド・メダリオン会員になれます。

ゴールドメダリオンのメリット
  • マイル加算率が航空券1ドルにつき8マイルにアップ
  • スカイチームラウンジの利用
  • デルタ・コンフォートプラスへのアップグレード
  • 手数料免除
  • 優先チェックインカウンターを利用
  • ハーツレンタカーの特典
  • 優先チェックイン・優先搭乗
  • 優先空席待ち
  • スカイチーム エリートプラス会員資格

デルタ航空メダリオンプログラム:デルタ航空
スカイマイルなら、憧れの場所への旅がマイルでぐっと近づきます。マイルを特典旅行のフライトに利用して、未知なる街へ旅に出掛けましょう。

なお、2年目以降は前年度の利用金額によって会員レベルが変わります。

利用金額に応じた2年目以降の会員レベル
  • 年間利用額が150万円以上・・・ゴールドメダリオン
  • 年間利用額が100万円以上・・・シルバーメダリオン
  • 年間利用額が100万円未満・・・メダリオン資格なし

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは修行僧にオススメ

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは修行僧にオススメ

なぜなら、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを作成しておけば、ゴールドメダリオン資格が自動付帯され、ニッポン500マイルのキャンペーンで最大20,000マイルまで加算可能になるからです。

わたしも修行僧だったのですが、ANAのSFC修行や、JALのJGC修行をされる年は、年間搭乗数もかなり多くなります。そんなとき、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを作成しておけば、ニッポン500マイルのキャンペーンを最大限活用できます。

 


修行僧だけじゃなく、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、上級会員資格を持っていない方や、スカイチーム加盟会社(大韓航空・チャイナエアライン・中国東方航空・中国南方航空)で格安ツアーによく行く方にもオススメです。

なぜならゴールドメダリオン会員になることによって、スカイチームの上級会員資格であるエリートプラス会員も自動付帯されるからです。

エリートプラス会員であれば優先チェックインや航空会社ラウンジが利用できるようになります。

エリートプラス会員のメリット
  • 予約時の優先空席待ち(運賃に応じて)
  • お座席の優先指定
  • 優先チェックインカウンター
  • 優先搭乗またはご都合に合わせた搭乗
  • 手荷物制限の追加
  • ご搭乗クラスに関係なく、航空券をお持ちの会員様の世界中の空港ラウンジのご利用(同伴者1名含む)

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの年会費26,000円の元は取れます。

ゴールド・メダリオン会員資格が自動付帯する、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは年会費が26,000円と決して安くないですが、元は取れます。

その理由は年会費以上の金券が手に入るからです。サクッと説明します。

 

今ならキャンペーンを利用すれば最大47,000マイル獲得できます。

ビジネスクラスでなくエコノミークラスの利用であればファーストフライトボーナスが10,000マイルになるので、最大32,000マイル獲得できます。

 

10,000デルタマイルはJTB旅行券10,000円と交換できます。つまり、キャンペーンをクリアすれば年会費26,000円で30,000円の旅行券が手に入るので損することはありません。

 

加えて、ゴールドメダリオン資格とエリートプラス会員資格がついてきます。

他にもデルタマイルのオトクな使いみちをまとめているのでぜひ御覧ください。

デルタマイルをポイントサイトで貯める

ANAマイルやJALマイルと比較してもかなり交換率悪いので、やる意味はないです。

ポイントサイトからデルタマイルへの交換率はGポイント300ポイントが50マイル。PeXは400円相当のポイントが90マイルとなっています。

1ポイントがおよそ0.2〜0.3デルタマイルです。

そのためポイントサイトのポイントは、素直にANAマイルかJALマイルにするのが無難です。

まとめ

デルタマイルの貯め方
  • フライトマイルは購入金額ベース
  • ニッポン500マイルで貯めるのがベスト
  • ニッポン500マイルをフル活用するならクレジットカードが必須
  • デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード年会費の元は取れます
  • ポイントサイトでは貯まらない

貯めたデルタマイルのオトクな使いみちは以下の記事をご覧ください。

デルタ航空マイルの使い道は羽田⇔ソウルかJTB旅行券との交換が一番
この記事ではデルタ航空マイルの3つの交換先から、マイル単価と交換条件を考慮しどの方法が一番オトクが比較しました。 デルタ航空のマイルを貯めているけど、使いみちに困っている方はぜひご覧ください。

コメントをどうぞ