✔ ダウンロード可能な動画配信サービス全7社徹底比較【今ならすべてタダ!】

デルタ航空ニッポン500マイルはFAXもプリンタもなしで申請できます

デルタ航空ニッポン500マイルはFAXもプリンタもなしで申請できます
  • デルタ航空のニッポン500マイルってタダで貰えるのはいいけど手続きがめんどくさいよ

ニッポン500マイルはLCCでも何でも国内線を利用すればタダでデルタ航空のマイルがもらえるとってもオトクなキャンペーンですが、少々手続きが面倒ですよね。

いちいち用紙のプリントアウトが必要で、申請もFAX限定なので、自宅からできない方も多いと思います。

 

しかし、FAXやプリンタ無しで手軽にデルタ航空のニッポン500マイルの申請する方法があります。

我が家にもプリンタもFAXもありませんが、問題なくニッポン500マイルを貯め続けています。

必要なのはスマホとPCだけです。もちろんすべて無料でできます。

申請期限は搭乗から2ヶ月以内なのでちゃちゃっと申請しておきましょう。

もっつ
もっつ

デルタ航空のニッポン500マイルの申請手順を、スクショでわかりやすく解説しているので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

デルタ航空のニッポン500マイルを申請するのに必要なアプリ

事前に準備するもの

スマホで使うアプリ

PC側で準備するもの

ニッポン500マイルの申請の流れは

  1. CamScannerで申請する航空券をスキャンし、Google Driveにアップロード(スマホ)
  2. Google Driveからスキャンした航空券をパソコンにダウンロード(パソコン)
  3. デルタ航空のサイトからダウンロードしたニッポン500マイルの申請用紙に、Adobe Acrobat Readerを使って必要事項を記入して、スキャンした航空券を貼り付け(パソコン)
  4. FreeFaxで記入した申請用紙を送信(スマホ)

※( )内はスマホ側かパソコン側の操作かを示しています。

 

スマホで必要なアプリは以下のリンクからすべて無料でダウンロードできます。

CamScanner スキャンPDF作成

CamScanner スキャンPDF作成

INTSIG Information Co.,Ltdposted withアプリーチ

 

PC-FAX.com FreeFax

PC-FAX.com FreeFax

Fax.de GmbHposted withアプリーチ

 

デルタ航空のニッポン500マイルをFAX・プリンタなしで申請する手順【スクショで解説】

1.CamScannerでの操作(スマホ)

スマホのCamScannerで申請したいチケットを撮影し、リサイズします。

続いてリサイズした写真をアップロードするために右下の【もっと】をタップします。

 

もっつ
もっつ

続けて操作を行えば複数枚同時にアップロードも可能です。往復航空券を申請するときなどいっぺんにやっちゃいましょう♪

 

航空券をリサイズしたあとはアップロードを選択します。

次にどこにアップロードするかを選択します。今回はGoogle Driveを使用する例を紹介しますが、DropboxでもEvernoteでもお好きなものでかまいません。

なお、アップロードするファイル形式はPDFを選択します。

※初回のみ同期が必要です。

以上でCamScannerの操作は終了です。

2.Google Driveでの操作(パソコン)

ここでの操作はスキャンした航空券をパソコンで加工するためにダウンロードするだけです。

Google Driveにアクセスし先程アップロードした航空券を選択します。

続いて右上のダウンロードボタンをクリックすれば、パソコン本体にダウンロードされます。

3.Adobe Acrobat Readerを使って、ニッポン500マイル申請書類に記入(パソコン)

ニッポン500マイルの申請書類のダウンロードはこちらから。

Adobe Acrobat Readerをまだ利用していない方はダウンロードしておきましょう。


Adobe Acrobat Readerで申請書類を開いたあとは【入力と署名】をクリックし必要事項を記入します。

記入事項
  • スカイマイル会員番号
  • 性別
  • 姓名
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 航空会社、便名、搭乗日、出発地、目的地

すべてローマ字で記入します。

 

必要事項を記入したあとはスキャンした航空券を貼り付けます。

注釈 → スタンプを追加 → カスタムスタンプ → 作成 と進みます。

 

参照から申請したい航空券を選択し、分類に適当な名前をつけます。

 

続いて、注釈 → スタンプを追加 から先程名前をつけたファイルを選択します。

 

あとは枠に合わせてちょうどいい感じに調整して貼り付ければオッケーです。

右下にScanned with Camscannerの記載がありますがそのままで大丈夫です。

そのままでもいつもちゃんとマイルは加算されています。

 

最後に記入したニッポン500マイル申請書類をGoogle Driveにアップロードします。

これでパソコン側での操作はすべて完了です。

4.FreeFaxでニッポン500マイルを送信(スマホ)

最後はFreeFAXでニッポン500マイル申請書類の送信です。

FreeFaxのアプリを開き、Send Faxをタップし送信先の電話番号を記入し、右上のNextを選びます。

電話番号を記入する際、国番号+81を選び、頭の0(ゼロ)を抜くのを忘れないようにしましょう。

 

続いて、External File → ドライブ と進みます。

※こちらも初回のみGoogle Driveとの同期が必要です。

 

送信したいニッポン500マイルのファイルを選択したあとは、右上のSendでFax送信すれば申請完了です。

ActivityのSentに送信したファイルが入っていればFax送信に成功しています。失敗する場合は、何度か試してみましょう。

1ヶ月もしないうちにデルタマイルが加算されます。

貯めたデルタマイルはどう使う?

デルタマイルを貯めたあとはどう使うかですよね。

ニッポン500マイルは無料なので、とりあえずデルタマイルを貯めているけど、使いみちに困っている方も多いと思います。

そんなニッポン500マイルで貯めたマイルの使いみちは羽田⇔ソウルかJTB旅行券との交換が一番オトクです。そのあたりの考察は以下の記事をご覧ください。

デルタ航空マイルの使い道は羽田⇔ソウルかJTB旅行券との交換が一番
この記事ではデルタ航空マイルの3つの交換先から、マイル単価と交換条件を考慮しどの方法が一番オトクが比較しました。 デルタ航空のマイルを貯めているけど、使いみちに困っている方はぜひご覧ください。

まとめ

ニッポン500マイル申請方法
  • 必要なスマホアプリは

CamScanner
FreeFax

  • パソコンで準備するのは

Google Drive
Adobe Acrobat Reader

  • CamScannerでスキャン、Google Driveでアップロード、Adobe Acrobat Readerで編集、FreeFaxで送信の流れで申請完了。
  • すべて無料で利用可能です。

コメントをどうぞ

  1. 式部真 より:

    紙に書いて貼り付けてFAXしたほうが簡単で楽だな。62歳のジジイには。しかし、デルタのマイルは使い道が無い。今年の夏は15000マイルで羽田〜仁川を中国東方航空のビジネスで利用させて頂きましたが、今はもう出来ません、

    • もっつ もっつ より:

      式部真様
      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通り、FAXがあればFAXしたほうが簡単で楽ですね^^
      わたしは利用する機会が無かったのですが、夏までは中国経由でオトクでしたね。

  2. Spider より:

    「あとは枠に合わせて〜OKです」の部分の画像、氏名の情報が消えてませんが大丈夫なんでしょうか?

    秀逸な記事ですね。FAXしなくても送信出来るなんて凄い。
    デルタがオンライン化してくれればいいんですが(笑)

    • もっつ もっつ より:

      Spider様
      ご指摘ありがとうございます。修正しました。
      今更FAXだけというところがなんとも…
      おっしゃる通りデルタがオンラインで完結してくれればいいのですが笑