✔ ダウンロード可能な動画配信サービス全7社徹底比較【今ならすべてタダ!】

東京から北海道への行き方、交通手段別まとめ【格安で行く方法あります】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
東京から北海道への行き方、交通手段別まとめ【格安で行く方法あります】
  • 東京から北海道に行くにはどんな方法がある?
  • それぞれの交通手段の料金と所要時間が知りたい
  • 東京から北海道まで最も格安で行く方法は?

東京から北海道に行くには主に以下の3パターンがあります。

主な交通手段
  • 車+フェリー
  • 電車
  • 飛行機

それぞれの交通手段の所要時間と料金をわかりやすくまとめました。

所要時間と料金を考慮すると基本的には飛行機一択です。

北海道はでっかいどうです。東京から北海道(札幌)までは直線距離は832.2km、JRだと1,207kmもあるんです。

東京から北海道間は9ヶ所の空港へフライトがあります。主要な観光地別に、どこの空港からアクセスしやすいか、どの航空会社を選べぶべきかの情報もまとめています。

もっつ
もっつ
最後に北海道在住のわたしがいつも東京行くのに利用している、オトクな方法を解説します。

東京から北海道へ行く方法は全部で3つ

東京から北海道へ行く主な交通手段である電車、車+フェリー、飛行機の所要時間と料金を表にすると以下のようになります。

東京 ⇔ 札幌の例

電車車+フェリー飛行機
時間約8時間約20時間約1時間半
料金約26,000円約30,000〜50,000円約5,000〜30,000円
オススメ

では続いてそれぞれの交通手段の特徴をくわしく見ていきましょう。

※なお、東京〜札幌間の高速バスは、本州と北海道間の青函トンネルを通行できないためありません。

東京から北海道へ電車で行く方法

東京から札幌までの新幹線の開業予定は2030年度末となっています。

そのため2018年時点では以下のようなルートになります。東京 → 函館北斗間のみ新幹線はやぶさが利用できます。

東京 → 函館新北斗 → 札幌

所要時間が8時間近くかかる上、料金も片道約26,000円と飛行機に対して時間と金銭席なメリットはありません。

1週間くらい休暇をとって、のんびり函館と札幌を観光する時に候補にあがるかなといったとこでしょうか。

なお、函館新北斗から函館まではJRで約15分、乗車料金は670円になります。

 

もっつ
もっつ

ちなみに函館 → 札幌間をJRでなく高速バスを利用するなら、所要時間は約5時間で、片道5,000円程度かかります。

もし、5回分で11,850円の「青春18きっぷ」で行くとすると、かなりシンドイですが東京から札幌まで約35〜40時間で行くこともできます。利用期間は7月20日〜9月10日までです。

同じく10,850円JR線の普通列車が乗り放題の「北海道&東日本パス」の利用期間は7月1日〜9月30日までです。

「北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」(大人6000円、子ども3000円)を利用すれば、北海道新幹線の普通車(新青森~新函館北斗間)に乗ることもできます。

「青春18きっぷ」と「北海道&東日本パス」を比較すると値段も1,000円安い上利用期間も長く、オプションで新幹線も乗れる「北海道&東日本パス」のほうがオトクです。

東京から北海道へ車+フェリーで行く方法

東京から北海道までフェリーで行くなら以下の8つの航路があります。

フェリー航路
  1. 大洗〜苫小牧
  2. 仙台〜苫小牧
  3. 宮古〜室蘭
  4. 八戸〜苫小牧
  5. 大間〜函館
  6. 青森〜函館
  7. 新潟〜小樽
  8. 秋田〜苫小牧

一番ラクなのが『1』の大洗〜苫小牧のフェリーを利用するパターンです。これが最も車の運転時間が短いです。

運行会社は商船三井フェリーで、所要時間は以下のようになります。

東京→大洗2時間(車)、大洗→苫小牧19時間(フェリー)苫小牧→札幌1時間(車)=22時間+乗船待ち時間

 

  • フェリー料金は以下のようになります。

※客室は最も安い大部屋で計算しています。個室を利用する場合は別途料金がかかります。

通常期繁忙期
車&ドライバー26,740円39,090円
個室料金4,590円4,590円
合計31,330円43,680円

 

  • 高速料金+ガソリン代は以下のようになります。

※高速道路はETC利用で深夜料金30%割引と最も安いパターンで計算しています。

東京〜大洗苫小牧〜札幌
高速道路料金2,880円
ガソリン料金1,300円1,000円
合計4,180円1,000円

トータルすると通常期で36,510円、繁忙期で48,860円になります。

フェリーは大人数で行き頭数が多くなればその分安くなりますが、1人だとかなり高いです。

またフェリーだと時間が掛かる分、飲んだり食べたりのお金がかかってくる点も考慮しておきましょう。


体力に自身のある方は、高速バスでフェリーをサンドイッチするというかなり過酷なパシフィック・ストーリーというプランもあります。

所要時間はなんと約24時間です。

東京→大洗2時間半(高速バス)、大洗→苫小牧19時間(フェリー)苫小牧→札幌2時間(高速バス)=23時間半+乗船待ち時間

料金は通常期で9,990円と10,000円を切る安さです!繁忙期は16,330円となっています。

東京から北海道へ飛行機で行く方法

東京から北海道へ行くなら、時間、料金的に飛行機がベストな方法です。

東京から北海道へは以下の航空会社が就航しています。

航空会社全7社
  • JAL
  • ANA
  • ADO(エアドゥー)
  • skymark(スカイマーク)
  • ジェットスター・ジャパン
  • バニラエア
  • 春秋航空日本

観光地別にアクセスしやすい空港と航空会社は以下のようになっています。これらはすべて羽田発です。

空港航空会社主な観光地
新千歳空港JAL、ANA、ADO、SKY雪まつり、すすきの、時計台
函館空港JAL、ANA、ADO夜景、ラッキーピエロ
旭川空港JAL、ANA、ADO旭山動物園、青い池
とかち帯広空港JAL、ANA、ADO六花亭、勝毎花火大会
たんちょう釧路空港JAL、ANA、ADO釧路湿原、和商市場
根室中標津空港ANA知床,摩周湖,阿寒湖
女満別空港JAL、ANA、ADO知床
オホーツク紋別空港ANA流氷
稚内空港ANA利尻礼文,宗谷岬

ジェットスター・ジャパンバニラエア、春秋航空日本のLCCは成田⇔新千歳間しかフライトがありません。

では続いて各航空会社の運賃を比べてみましょう。例として3ヶ月先の運賃を取り上げています。

羽田〜新千歳の運賃【JAL】

6,960円〜15,360円

まずはJALの運賃です。LCCと比べても思った以上に安いのではないでしょうか。

 

羽田〜新千歳の運賃【ANA】

6,960円〜13,360円

続いてANAの運賃です。最安運賃はJALと同じ価格になっています。

 

羽田〜新千歳の運賃【AIR DO】

7,960円〜15,560円

北海道民にはおなじみのAIR DOです。ANAとコードシェア便の運行もしています。

 

羽田〜新千歳の運賃【skymark】

9,160円〜22,460円

こちらはskymarkになります。予約変更が可能な『たす得』でも10,660円です。

 

羽田〜新千歳の運賃【jetstar】

4,390円〜5,790円

ここからLCCになります。まずはjetstarです。JALやANAよりも安い4,390からとなっています。

ただしLCCは座席指定や荷物の重さやサイズによって料金が発生します。

 

羽田〜新千歳の運賃【バニラエア】

4,380円〜9,380円

こちらもLCCのバニラエアです。ほぼjetstarと同額の4,380円です。

 

羽田〜新千歳の運賃【春秋航空日本】

4,990円〜7,370円

中国のLCC春秋航空が出資した春秋航空日本です。jetstarとバニラエアより若干高いくらいで、基本的にLCCの料金はほぼ横並びです。

 


なお格安で航空券をとるなら以下の時期がオススメです。

航空券が安い時期
  • 正月明け~2月
  • 4月上旬~中旬
  • ゴールデンウィーク明け~6月

LCCは結局それほど安くないです

確かにANAやJALの普通運賃とLCC運賃を比較すると、かなりLCCの運賃のほうが安いです。

しかしANAやJALの普通運賃を利用することは少ないでしょう。基本的に〇〇ヶ月前までに予約して早割運賃で搭乗することが多いと思います。

ANAやJALの割引運賃とLCC両者の運賃を比べると、上で見てもらったようにANAとJALの最安値は6,960円です。対してLCCの最安値はバニラエアの4,380円で差額は2,580円です。

LCCの場合は成田からのフライトしかないためその分の交通費と時間がプラスアルファでかかってきます。

羽田と成田の差額がいくらになるかは以下の表をご覧ください。新宿~成田空港は成田エクスプレス、新宿〜羽田空港はJR+京急で計算しています。

新宿〜羽田新宿〜成田
所要時間40分90分
運賃600円3,110円

片道約2,500円の差があり、往復にすると5,000円近くかかります。

 

羽田(成田)空港までの交通費も考慮するとANA、JALは6,960円 + 600円 = 7,560円

LCCは4,380円 + 3,110円 = 7,490円と、ほとんど差がなくなります。

さらにLCCの場合、座席指定、荷物のサイズや重量によってもプラスアルファの料金が発生します。

たしかに時々おこなわれるLCCのセールはめちゃくちゃ安くなることも多いですが、所要時間、機内の快適さやサービスも考慮するとANA、JALに軍配が上がるのではないでしょうか。

 

なお、新千歳空港から札幌駅まではで1,070円です。電車は15分おきに出ており約40分で到着します。

ANA、JALに格安で乗る方法

さらにオトクにANA、JALを利用する方法があります。

株主優待券

早割運賃が使えない近々のフライトでは安く利用できます。

株主優待券を使えばANA、JALの国内路線片道一区間が、片道普通運賃より50%割引で利用できます。株主でなくても、ヤフオクや金券ショップなどで5,000円〜7,000円で購入できます。

マイルで特典航空券を発券【最重要】

わたしはいつもマイルを貯めて北海道から東京へ行っています。東京から北海道へ行くならこの方法が一番オトクです。東京から北海道までタダで行けます。

そんなにマイルが貯まらないよ、とお悩みの方もやり方さえわかれば、必ず誰でも貯められます。

マイルが貯まらないのは正しいマイルの貯め方をまだ知らないからです。

マイルを貯めるのに飛行機に乗る必要も、クレジットカードも使う必要ありません。

ANAのマイルを貯めたい方はANAマイルを貯める裏ワザ2018【知ってる人はもうやってる】の記事が

JALのマイルを貯めたい方はJALマイルの貯め方の裏ワザ教えます【クレカもフライトも必要なし!】が参考になります。

 

ちなみにマイレージサービスがないLCCでもデルタ航空のマイルを貯めることができます。詳細はデルタマイル(スカイマイル)の貯め方4パターン【オススメは1つだけ】をご覧ください。

いっしょにマイル割、おともdeマイル

マイルを貯めて、友達や恋人、家族など複数で旅行に行くならこの方法がピッタリです。

特典航空券は2等親までにしか発券できませんが、この方法であれば誰とでも安く一緒に旅行に行くことができます。

ANAには『いっしょにマイル割』JALには『おともdeマイル』というサービスがあります。

これは一人だけがマイルの提供者となり、他に3名までは安い料金で航空券を発券できるというサービスです。

マイルの提供者はどこでも10,000マイルで往復できます。他の3名は時期と場所により変動しますが、おおよそ普通運賃の50〜80%オフで発券することができます。

パックツアー

航空券と併せて宿泊も予約するならパックツアーもオトクです。

【ANA】

ANA・全日空で行く 格安ツアーはスカイツアーズ

【JAL】

【航空券+ホテル】JALダイナミックパッケージ

まとめ

東京から北海道へ行く
  • 所要時間、料金ともに飛行機が一番!
  • ANA、JALとLCCの料金は総合的に見るとそれほど変わりません
  • 電車は最速でも8時間、料金は26,000円です
  • 北海道&東日本パスを使えば10,850円で行けるが2日間かかります
  • フェリーはどれだけ早くても20時間以上、30,000円はかかります
  • パシフィック・ストーリーなら体力的にキツイですが、所要時間は約24時間で、料金は10,000円以下です

以上、東京から北海道への行き方、交通手段別まとめ【格安で行く方法あります】でした。

コメントをどうぞ

スポンサーリンク