✔ ダウンロード可能な動画配信サービス全7社徹底比較【今ならすべてタダ!】

飛行機の乗り方を1から順に初心者向けに解説します【国内線と国際線】

飛行機の乗り方を1から順に解説します。【心配性な方もこれを読めば安心】
  • 国内線の乗り方が知りたい
  • 国際線の乗り方は国内線と違うの?

飛行機に乗るのがはじめてだったり、久しぶりだと『飛行機どうやって乗るんだっけ?』と心配になりますよね。

 

安心してください。マイル貯めて飛行機乗りまくってるわたしが、国内線と国際線2つのパターンで飛行機の乗り方の流れを1から順に解説します。

ANAマイル

 

ANAやJALのマイルを貯めるのに興味がある方は以下の記事もご覧ください。

ANAマイルの貯め方

ANAマイルを貯める裏ワザ2018【知ってる人はもうやってる】
海外旅行に行くためにANAマイルを貯めはじめたけど、クレジットカード使ってもあんまり貯まらないとお嘆きの方へ。ANAのマイルがラクにたくさん貯まる裏ワザ教えます。 ANAのマイルを貯めるにはこの方法しかない!と確信できますよ。

 

JALマイルの貯め方

JALマイルの貯め方の裏ワザ教えます【クレカもフライトも必要なし!】
もう地道に月々の支払いや買い物でJALマイルを貯めるのはやめましょう。 JALマイルをラクに貯める裏ワザはあります。JALマイルを貯める裏ワザを知ると、これまでやってきたJALマイルの貯め方が、どれほど効率悪かったかわかります。

 

もっつ
もっつ
他にも心配性の方へ向け、預け荷物と持込み荷物、保安検査場で注意するポイントもまとめています。

スポンサーリンク

飛行機の乗り方【国内線】

飛行機の乗り方【国内線】

国内線の飛行機に搭乗する際の一連の流れは

空港到着→チェックイン(オンラインでもOK)→荷物預け→保安検査場→搭乗

となっています。

 

時間は遅くても30分前を目安にチェックインと荷物を預けましょう。

理由はANAやJALのサイトで20分前が締切となっているからです。保安検査場は15分前までに通過し、搭乗口には10分前までに到着するようにしましょう。

 

もっつ
もっつ

荷物預けはカウンター営業時間中はいつでもオッケーなのでどれだけ早く行っても大丈夫です。荷物を預けた場合は、到着後忘れずに荷物を受け取りましょう。

 

なお、ANAとJALで預けられる手荷物は、1人あたり20kgまでで個数制限はありません。3辺(縦・横・高さ)は50cm×60cm×120cm以内までです。

一方、機内持ち込みの場合は1人あたり10kgまでで個数は1つまで。3辺(縦・横・高さ)は55cm×40cm×25cm以内までです。

ただし、100席未満の小型機の場合は45cm × 35cm × 20cm以内までとなっています。

 


保安検査場を通過する前に下記のような金属類はカバンから出しておきましょう。

カバンから出しておくもの
  • スマホ
  • カギ
  • サイフ
  • 電子機器(デジカメやipad、PC等)
  • 金属アクセサリ
  • 金具付ベルト

その他ペットボトルやライターなど、持ち込みに制限がある手荷物があります。そのあたりの詳細は飛行機内に持ち込みできるもの・預け荷物とするもの【一覧まとめ】で解説してあるのでご確認ください。

飛行機搭乗の前日までに済ますこと

前日までにやっておくこと
  • チェックイン(オンラインが便利)
  • 座席指定
  • 預け荷物と機内持ち込み荷物の選別

オンラインでチェックインせず当日空港でチェックインをしてもいいのですが、繁忙期などチェックインカウンターが混んでいることも多いです。

その分オンラインでチェックインを済ましておけば、時間短縮になり当日焦らずに済みます。

 

ANAとJALの国内線と国際線のオンラインチェックインサービスの名称は以下の様になっています。

名前が違うだけで基本的な機能は一緒です。

ANAJAL
国内線スキップサービスタッチアンドゴー
国際線オンラインチェックインQuic

オンラインチェックインのやり方は以下の記事をご覧ください。

ANAのオンラインチェックインができないとお悩みの方へ【簡単なやり方】
国際線の搭乗ってなんだか不安で緊張しちゃいますよね。でももうそんな心配はいりません。 ANAの国際線オンラインチェックインのメリットや実際のやり方、注意点をわかりやすくまとめています。
JALのタッチアンドゴーの事前準備とやり方【機種変時の再設定方法】
JALのタッチアンドゴーを利用するときの事前準備、必要なものとやり方をまとめています。 また、合わせてスマホを機種変した場合のタッチアンドゴーの手続き方法も解説しています。 飛行機に乗りなれていないと、はじめはドキドキするかもしれませんがJALのタッチアンドゴーは一度やってみればカンタンです。

 

 

座席指定は大事です。オススメの座席は以下の記事をご覧ください。

飛行機でオススメの座席は非常口前です【子連れの場合は後方席】
いつも飛行機の座席をなんとなく座席を予約してきた方へ。 飛行機の座席って通路側にしようか、窓側にしようか、前方がいいのか、後方がいいのか迷ってしまいますよね。 結局どの席がベストなのか決めかねていませんか? 飛行機には『ここの席!』というオススメの座席があるんです。

 

機内に持ち込み可能な荷物には制限があります。預け荷物と持込み荷物の選別は、以下の記事をご覧ください。

飛行機内に持ち込みできるもの・預け荷物とするもの【一覧まとめ】
『これって持ち込みできたっけ?』飛行機内に持ち込める手荷物を国内線、国際線別にまとめています。とくに迷いやすいものの種類や量も詳しく書いています。

 

飛行機の乗り方【国際線】

飛行機の乗り方【国際線】

国内線の飛行機に搭乗する際の一連の流れは

空港到着→チェックイン(オンラインでもOK)→荷物預け→保安検査場→出国審査→搭乗

となっています。

 

国内線との違いは保安検査場通過後に出国審査がある点です。出国手続きに特に難しい点はありません。

出国手続きは空いているカウンターに並び、パスポートと搭乗券を見せるだけです。

パスポートと顔写真が照合され、パスポートに出国スタンプを押してもらえば晴れて出国です。

出国手続きは原則1人ずつですが、小さいお子さんがいる場合は親子同時に出国手続きを受けられます。

 

預け荷物の重さは乗る航空会社によって異なるので、事前にホームページをチェックしておきましょう。

ANAとJALの預け荷物の重量はともに1人当たり23kgまでの荷物が2つまでです。各荷物の大きさは3辺(縦・横・高さ)の合計が203cm以下となっています。

超える場合は、超過手荷物料金が発生します。

その際ギリギリいっぱいの重さまで荷物を詰めるのではなく、帰りのお土産のを空けておきましょう。海外旅行ではアレもコレも買ってしまい、どうしても帰りに重量が増えがちです。

 

また、機内持ち込み荷物は10kg以内で、3辺の合計が115cm以内 となっています。小型のスーツケースなどは機内持ち込み可能の有無も記載されているので、こちらも事前に要確認です。

 


なお、国際線に搭乗するときは、空港に遅くとも2時間前までに到着しておくようにしましょう。

そのあたりの理由ははじめての海外旅行は何時間前にチェックインすべき?答えは2時間前です。で解説しています。国際線に搭乗するときの時間の使い方なんかも書いています。

 

他にも海外旅行に必要な情報ははじめての海外旅行でも安心!【事前準備から出発当日まで徹底解説】で網羅的にまとめています。

国際線到着後の流れ

国内線と違うのは入国審査と税関があるところです。

飛行機到着 ⇒ 入国審査 ⇒ 荷物の受取 ⇒ 税関 ⇒ 入国

が一連の流れです。

 

機内でCAさんから入国カードを受けとり記入します。

入国審査書類の書き方は国によって少々異なるのですが、だいたいどこの国も書くことは一緒です。

入国審査書類に記入すること
  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 国籍
  • パスポート番号
  • 日本での住所
  • 職業
  • 滞在先のホテル名、住所、電話番号
  • 搭乗便名

これらをすべてローマ字で記入します。

入国審査の流れと入国カードの書き方、税関の詳細は入国審査の流れと書き方【読めば安心!英語ができなくても大丈夫です】で解説しているので一度目を通しておきましょう。

 

中国など入国カードと帰国時の出国カードが一緒になっている国もあるなくさないようにしましょう。

まとめ

飛行機の乗り方
  • 国内線の飛行機の乗り方は空港到着→チェックイン(オンラインでもOK)→荷物預け→保安検査場→搭乗という流れ
  • 国際線は保安検査場の後に出国審査があります
  • 預け荷物と機内持ち込み荷物のサイズに注意(国内線と国際線で異なる)

 

コメントをどうぞ