✔ ダウンロード可能な動画配信サービス全7社徹底比較【今ならすべてタダ!】

入国審査の流れと書き方【読めば安心!英語ができなくても大丈夫です】

入国審査の流れと書き方【読めば安心!英語ができなくても大丈夫です】
  • 入国審査ってどうやってやるの?どんな事聞かれるの?事前に準備しておくことは?
  • はじめての海外旅行だから心配

はじめての入国審査で、英語にあまり自信がないと不安になってしまいますよね。

でも大丈夫です。入国審査は特に難しいことはなく、やってみれば意外とカンタンです。

この記事を読めば、到着してから入国審査まで流れが全てわかりますよ。

入国書類の書き方や準備するもの、聞かれることと答え方もわかるので安心してください。

 

スポンサーリンク

機内で入国審査書類は書いておこう

機内はけっこうヒマなので、入国審査書類はちゃちゃっと書いておきましょう。

書くのは到着後でもいいのすが、書く場所を探したりと時間がもったいないです。

入国審査書類の書き方は国によって少々異なるのですが、だいたいどこの国も書くことは一緒です。

入国審査書類に記入すること
  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 国籍
  • パスポート番号
  • 日本での住所
  • 職業
  • 滞在先のホテル名、住所、電話番号
  • 搭乗便名

だいたい入国審査書類に書くのは上のような内容です。すべてローマ字で記入します。

パスポートと搭乗券を見ながら書けば、全て書ける内容なので特に難しいことはありません。

出発前に、『渡航先の国名+入国審査書類』で検索しておさらいしておきましょう。

到着から入国審査までの流れ

到着後の流れは

飛行機到着 ⇒ 入国審査 ⇒ 荷物の受取 ⇒ 税関 ⇒ 入国

となります。

まずは「Arrival」の案内に従って入国審査カウンターに向かいます。

わからなくてもみんな向かう場所は同じなので、ついていけば大丈夫です。

入国審査で準備しておくもの

入国審査カウンターに並んで自分の順番を待ちます。

入国審査カウンターでは「Foreign(外国人)」と書かれたゲートに並び順番を待ちます。

間違えて、現地の人用のゲート「Resident」や「Citizen」に並ばないようにしましょう。

 

入国審査で準備しておくもの
  • パスポート
  • 入国審査書類
  • 航空券(必要に応じて)

 

必要なものはこれだけです。自分の順番がなったら入国審査カウンターの職員に渡しましょう。

航空券に関しては必要ないこともありますが、念のためすぐ取り出せるように準備しておけばバッチリです。

 

帽子をかぶっている場合は、事前にパスポートの写真と同じになるように脱いでおきましょう。

入国審査で聞かれることと答え方

入国審査官に聞かれることは以下のような内容です。

入国審査で聞かれること
  • 滞在の目的(観光もしくは仕事)
  • 滞在期間
  • 滞在先(ホテル名など)

入国審査の質問は別に難しく答える必要はなく、全部単語で答えて大丈夫です。

だいたい聞かれる内容は一緒なのでシミュレーションしてみましょう。

左の象が入国審査官、右の犬があなただと思ってください。


What’s the purpose of your visit?(渡航目的は何?)

sightseeing.(観光です。)


How long will you be staying?(何日間滞在予定ですか?)

5days.(5日間です。)


Where are you staying?(どこに滞在予定ですか?)

○○ Hotel.(○○ホテルです。)


Do you have a return ticket?(帰りのチケットはありますか?)

Yes.Here you are.(はい、どうぞ。)

入国審査官とのやりとりはだいたい以上のような感じです。対した内容ではないので、入国審査は1〜2分くらいで終わります。

日本のパスポートを確認すると、会話無しでそのままスタンプを押して素通りなんてこともよくあります。


また国によっては入国審査を行うブースに置かれた機器で、指紋の採取と顔写真の撮影をおこないます。

その場合は特に会話することはなく、機械に指を当てカメラを見つめるだけで完了します。

入国審査後の流れ

入国審査のあとはまずは預け荷物を受け取ります。

荷物の受け取りは日本と同じで、レーンから自分の荷物を取り、税関検査に向かいます。

 

税関検査に該当するものがある場合には税関で申告をします。基本的に普通の海外旅行の場合は何も当てはまらないと思ってください。

何もない場合は緑のライト「Not Declare」(申告不要)に向かえば、晴れて入国完了です!

※申告不要の場合でも、まれに抜き打ちで手荷物チェックをされることがあります。そのときは落ち着いてカバンの中身を見せるだけですぐ終わります。

 

税関検査に該当するかどうかは渡航先の国によって異なるので、海外旅行前に『国名+税関』で検索し、各国の大使館のページなどで確認しておきましょう。

 

もし、税関検査に該当するものがあれば赤のライト「Declare」(申告)に向かい検査を受けます。

まとめ

到着後の流れ
  • 飛行機到着 ⇒ 入国審査 ⇒ 荷物の受取 ⇒ 税関 ⇒ 入国
  • 入国審査書類とパスポートを持って入国審査へ
  • 入国審査は英語が苦手でも大丈夫!聞かれることは決まってるので、単語だけで答えればオッケー!
  • 入国審査書類の書き方は『渡航先の国名+入国審査書類』で検索

当ブログ(どこいく?)では、はじめての海外旅行が心配な方へ向け、事前準備から出発当日の過ごし方まで網羅的にまとめています。

あなたの心配とお悩みすべて解決します。

コメントをどうぞ