✔ ダウンロード可能な動画配信サービス全7社徹底比較【今ならすべてタダ!】

JALの旅行積立ってどんな仕組み?申し込む価値ってホントにあるの!?

  • JALの旅行積立『たびつみ』の金利や仕組みについて知りたい方
  • JALの旅行積立はホントにオトクなのか知りたい方
  • 旅行の積み立てはどんな方法がいいか迷っている方

JALには旅行積立サービスの『たびつみ』というものがあります。

これは銀行の定期積立と同じように一定の金額を積み立てることで金利がつくサービスです。しかもその金利は銀行より何十倍も高いです。

でもなぜか『たびつみ』を利用している人ってあんまり聞かないですよね。

そこでJALの旅行積立にはどんなメリットとデメリットがあるのか徹底的にまとめました。

なぜJALの旅行積立があまりメジャーじゃないのか、その理由を説明します。

もっつ
もっつ

JALの旅行積立はホントに申し込む価値があるのか、迷っているあなたの代わりにお答えします♪

スポンサーリンク

JALの旅行積立『たびつむ』ってどんなサービス?

まずはJALの旅行積立がどんなサービスかを説明します。

JALの旅行積立は目標額(満期になった時にもらえる額)を決めて一定額を積み立てるサービスです。

ざっくり言うと、銀行に預けておくより金利がつくからどうですか?JALに預けませんか?といったものです。

JALの旅行積立には3つのコース

JALの旅行積立には3つのコースがあります。それは

  1. 毎月一定額を支払い目標額を目指す『毎月払いコース』
  2. 先に目標額を一括払いし、満期を待つ『一時払いコース』
  3. 一括払いだが、満期が6ヶ月と決まっている『一時払い6ヶ月満期コース』
2と3の違いは満期が違うだけです。『一時払いコース』の満期は12・18・24・30・36・42・48・54・60カ月のいずれかです。

支払い方法は『毎月払いコース』と『一時払いコース』で多少異なります。

  • 『毎月払いコース』は金融機関引き落としか、JALクレカによる支払い。
  • 『一時払いコース』は現金一括払い(手数料自己負担)かJALクレカによる支払い。

となっています。

現金一括払いはもったいないので、JALクレカによる支払いがオススメです。クレカ分のマイルもつきますしね♪

なお、『たびつむ』もJALカードショッピングマイル・プレミアムの対象なので、入会している場合は、100円につき、1マイル貯まります。

JALの旅行積立の満期でつく金利は最大3%

JALの『たびつみ』の記載を見ると最大年利6%とうたっているのですが、実際最大年利6%がつくコースは『一時払い6ヶ月満期コース』だけです。

つまり6ヶ月しか積立不可能なので、結局のところ金利は最大年利6%の半分の3%分しかつきません。

もっつ
もっつ

JALのうたう最大年利6%はけして嘘ではないのですが、ちょっとこの点は罠っぽいですね。

例えば目標額を10万円と設定し『一時払い6ヶ月満期コース』を選択すると1ヶ月目に97,088円支払います。

満期の6ヶ月が経過すると100,000円分のJALの旅行券がもらえます。

差額の2,912円分トクしたことになります。この場合、金利が3%分ついたことになります。

『毎月払いコース』と『一時払いコース』は年利3%で、2年目以降は年利2.5%に下がります。

そのため、申し込むなら一時的な支払いは大きくなるが、満期が近くもっともオトクとなる『一時払い6ヶ月満期コース』をオススメします。

『毎月払いコース』のシミュレーション金額

『毎月払いコース』で目標額を10万円満期を12ヶ月とした場合

  • 毎月積立金額 8,201円
  • 支払い総額 98,412円
  • 得した金額 1,588円

となります。やっぱり上で見た『一時払い6ヶ月満期コース』のほうがオトクですね♪

目標額や支払いコースを設定し、いくらオトクになるのか細かいシミュレーションは以下のJALのサイトから計算することができます。

JALの積立に申し込むならキャンペーンを狙おう

2018年9月現在はやっていませんが、過去には以下のようなキャンペーンがありました。

JAL - JAL旅行積立 ボーナスマイルキャンペーン

キャンペーンは定期的に開催されているので、JALの旅行積立に申し込むなら、せっかくなのでキャンペーンの開催時期に申し込むようにしましょう。

JALの積立の途中解約とコースの変更

JALの積立は途中解約も可能ですが、その際、1,000円未満切り捨てされた金額がJAL旅行券として返ってきます。

そのため場合によっては損をすることもあるので要注意です。

また途中でコースの変更はできないので、その際は一旦解約し、再度申し込む必要があります。

JALの旅行積立『たびつむ』が満期になるとJALの旅行券がもらえます。

JALの旅行積み立て『たびつむ』の満期でもらえるのは現金ではなく、JALの旅行券です。ここがポイントです。

JALの旅行券の使いみち

JALの旅行券は以下の支払いに使うことができます。

航空券の購入や、ツアー代金などほとんどすべてのJALのサービスで使用することができます。

JALの旅行券の使い方

JALの旅行券はWEBで支払うことができません。WEBではあくまで予約までしかできません。

また電話でも同様に予約までしかできません。

旅行代金の支払いにJALの旅行券を使いたい場合は「JAL旅行券送付書」に必要事項を記載し、一般書留郵便でJALに旅行券を送付する必要があります。

その際一般書留の手数料も自己負担となります。

一般書留の手数料は郵便料金+430円です。(損害要償額10万円まで。)

その以上の金額の旅行券を送付する場合は、さらに5万円ごとに+21円(上限500万円)が追加となります。

手数料がけっこうな金額になるのでもったいないと思う方は、空港の航空券発売カウンターか市内の航空券発売カウンターで支払うこともできます。

しかし旅行券の支払いができる市内の航空券発売カウンターは東京(有楽町)、宮古、石垣この三ヶ所しかありません。

もっつ
もっつ

なぜこの三ヶ所なのでしょうか…

旅行券の支払いのためだけに、空港に行く機会もなかなかないと思います。なので基本的にJALの旅行券は一般書留の手数料を自己負担し、送付して利用という形になります。

旅行券の有効期限

有効期限は10年間と長く設定されています。この点はとっても安心です。

あまりに長いので旅行券を押入に入れたまま忘れないようにしましょう。

結局JALの旅行積立をする価値はある?

JALの旅行積立をする価値は結論から言うとありません。

最大3%の金利は銀行のあってないような積立金利と比較してもすごくオトクだし、申込みもアリかなと思われるかもしれません。

しかし金利以上にデメリットがあります。

デメリットは積み立てた現金が満期でJALの旅行券になってしまうという、この一点に集約されています。

JALの旅行積立をしないほうがいい理由(JAL旅行券のデメリット)

  • ANAやHIS、楽天トラベルなど他にオトクな航空券やツアーが出た時に、利用できない。

例え安いオトクなプランを発見してもJALの旅行積立に一括で大きな金額を回していると、申し込むことができません。これは大きな機会損失です。

以下はJAL旅行券のデメリットです。

  • WEBや電話で旅行券が使えない。

旅行券の使い方のところでも解説した通り、WEBや電話では予約までしかできず、支払いがめんどくさいです。WEBからPDFをダウンロードして書類に必要事項を記載するのもいちいち手間です。

支払には旅行券を一般書留で送らないとダメで、その際の手数料と送料が自己負担となり、せっかくの金利分がなくなってしまいます。

  • 旅行券をツアー代金に充当させると損をする。

JALノツアーはJALカードを使えば常時5%オフです。さらにツアープレミアムでマイルも増えます。

ツアーの支払いに旅行券を使用すると定価なので金利分より損をします。

まとめ

  • 『一時払い6ヶ月満期コース』が3%の金利で一番オトク
  • 申し込むならキャンペーン開催時期を狙おう。
  • ただし満期でもらえるJALの旅行券の使い勝手が悪い。
  • JALの積立で旅行券が貰える現状では『たびつむ』の利用価値は少ない。
  • 旅行券がWEBでの支払いに対応するなら一考の余地あり。
JAL
スポンサーリンク
どこいく?

コメントをどうぞ