LINE Payと銀行口座は必ず紐付けよう【登録方法とメリット】

  • どうしてLINE Payに銀行口座登録すべきなの?
  • 銀行口座登録しても安全?
  • 銀行口座の登録方法を知りたい

LINE Payで支払い以外のすべての機能を使うには本人確認が必要です。LINE Payは銀行口座を紐付けることで本人確認が完了します。

犯罪収益移転防止法の点から資金移動するには本人確認が必須です。そのためLINE Payを利用する上で、送金や割り勘など支払い以外の資金を移動させる機能を使うには銀行口座を登録し本人確認をする必要があります。

この記事でわかること
  • LINE Payに銀行口座を登録するメリット
  • LINE Payに銀行口座を登録する上での安全性
  • LINE Payに銀行口座を登録する方法
  • LINE Payに登録できる銀行一覧

記事の最後にLINE Payの銀行チャージキャンペーン情報もまとめています。

もっつ
もっつ
LINE Payのすべての機能を使うには銀行口座の登録が欠かせません。2,3分もあれば終わるので口座番号などを手元に用意してサクッと登録しちゃいましょう。

LINE Payに銀行口座を登録するとできること・メリット

LINE Payに銀行口座を登録すると大きくは以下の3つができるようになります。

LINE Payに銀行口座を登録してできること
  1. 24時間365日スマホ1つでLINE Payにチャージできる
  2. 送金や割り勘などLINE Payを使って友だちとお金のやりとりができる
  3. 銀行口座に出金できる

銀行口座を登録しておらず本人確認をする前のLINE Pay残高はLINE Cashと呼ばれ、機能が制限されています。一方銀行口座を登録し本人確認をするとLINE Pay残高はLINE Moneyというものに切り替わり、すべての機能が利用できるようになります。

LINE Pay残高
  • 本人確認(銀行口座登録)をしていない・・・用途が限られたLINE Cash
  • 本人確認(銀行口座登録)済み・・・送金、割り勘など機能制限がないLINE Money

LINE Payに銀行口座していない状態で使える機能は決済、利用に応じたポイントを貯める、家計簿をつける、この3つだけです。

銀行口座を登録しLINE Moneyにすることによって以下の機能が開放され、決済上限額も増えます。

LINE CashLINE Money
LINE Pay残高上限100,000円1,000,000円
決済上限100,000円/1回1,000,000円/1回
銀行口座からのチャージ100,000円/1日
友達へ送金100,000円/1日
割り勘100,000円/1日
出金100,000円/1日
外貨両替100,000円/1日
ポイントを貯める
家計簿
つまり銀行口座を登録しないとLINE Payのコアとなる送金機能をはじめ、ほとんどの機能を利用することができません。

LINE Payに銀行口座を紐付けてLINE Moneyにする手順はLINE PayのQRコード決済とは?【登録から利用方法まですべてわかる】で解説しています。

またスマホから24時間365日のチャージにも、唯一銀行口座からのチャージだけが対応しています。銀行口座からのチャージが最も便利です。LINE Payのあらゆるチャージ方法はLINE Payのチャージ方法は全6種類 【実際使うのは2つだけ】で比較しています。

LINE Payに銀行口座を登録しても安全面は大丈夫?

LINE Payに銀行口座を登録する上でセキュリティ面の心配はいらないです。なぜならLINE Payには以下のような3つの安全対策があるからです。

LINEPayの3つの安全対策
  1. 銀行口座情報とカード情報の暗号化
  2. 暗証番号をLINE Payで保存しない
  3. 不正利用がないか365日24時間体制のモニタリング

LINE Payに登録している銀行口座情報やカード情報は全て暗号化して保管されており、支払先の店舗や送金先の友だちにも一切情報は渡らないようになっています。

また、銀行口座の登録時に入力する暗証番号もLINE Pay上には一切保存されません。あくまで入力するのは銀行側のサイトで入力するようになっています。

そして不正な利用があればすぐにアラートがいくように、365日24時間体制でモニタリングされています。

LINE Payに銀行口座を登録する方法【スクショで解説】

LINE Payに銀行口座を登録する方法は以下の流れになります。

銀行口座からLINE Payにチャージする方法
  1. LINEのアプリから【ウォレット】をタップ
  2. 画面上部をタップしLINE Payを開く
  3. 【銀行口座】をタップ
  4. 登録したい銀行を選択
  5. ※印のついた個人情報をすべて入力
  6. 銀行のサイトに自動で移行するので口座情報等を入力
  7. 以上で銀行口座の登録完了です

 

LINEのアプリから【ウォレット】をタップします。続いて画面上部をタップしLINE Payを開いてから【銀行口座】をタップします。

 

登録したい銀行を選択し※印のついた個人情報をすべて入力します。

 

 

ここで一度自動的に銀行のサイトに移動するので口座情報等を入力します。

以上でLINE Payに銀行口座の登録は完了です。今回はゆうちょ銀行の例をとりあげましたが基本的な流れは他の銀行も一緒です。

ただし登録時に必要な情報が少々異なります。

銀行登録の際に入力する情報
  • 個人情報と口座番号以外特別な入力の必要なし・・・ゆうちょ銀行
  • 個人情報と口座番号以外に加え、ワンタイムパスワードを入力・・・三井住友銀行
  • 個人情報と口座番号以外に加え、通帳の最終残高を入力・・・三菱UFJ銀行

 

基本的にどの銀行であってもこれらどれかのタイプに当てはまります。どの方法も画面に従って入力すればいいだけなので、それほど悩む必要はありません。

LINE Payに登録できる銀行一覧

口座登録できる銀行は以下のようになっています。大抵の銀行は登録可能ですが信金信組住信SBIネット銀行をはじめとした一部ネット銀行はLINE Pay口座と紐付けることができないので要注意です。

あ行
・愛知銀行・青森銀行・秋田銀行・足利銀行
・阿波銀行・イオン銀行・伊予銀行・岩手銀行
・SBJ銀行・愛媛銀行・大垣共立銀行
か行
・香川銀行・北日本銀行・紀陽銀行・京都銀行
・きらやか銀行・熊本銀行・群馬銀行・京葉銀行
・高知銀行
さ行
・埼玉りそな銀行・山陰合同銀行・滋賀銀行・四国銀行
・静岡銀行・七十七銀行・荘内銀行・じぶん銀行
・ジャパンネット銀行・十六銀行・常陽銀行・仙台銀行
た行
・大光銀行・第三銀行・第四銀行・大東銀行
・千葉銀行・千葉興業銀行・中京銀行・筑波銀行
・東邦銀行・東北銀行・東和銀行・徳島銀行
・栃木銀行・鳥取銀行・トマト銀行
な行
・長野銀行
は行
・八十二銀行・百五銀行・百十四銀行・福井銀行
・福岡銀行・福島銀行・北越銀行・北都銀行
・北洋銀行・北陸銀行・北海道銀行
ま行
・三重銀行・みずほ銀行・みちのく銀行・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行・武蔵野銀行
や行
・山形銀行・山梨中央銀行・ゆうちょ銀行・横浜銀行
ら行
・楽天銀行・りそな銀行

なお、複数の銀行口座を登録して使い分けることもできます。

まとめ

LINE Payに銀行口座の関係性
  • LINE Payで送金や割り勘など支払い以外の資金を移動させる機能を使うなら銀行口座の登録が必須です。
  • 銀行口座を登録すると24時間365日スマホ1つでLINE Payにチャージできます。
  • また、銀行口座に出金もできるようになります。
  • 銀行口座情報は暗号化されており暗証番号もLINE Pay上に保存しないので、セキュリティ面は安心です。

以上、LINE Payと銀行口座は必ず紐付けよう【登録方法とメリット】でした。LINE Payでできることやメリット、将来性などLINE Payの関するあらゆること情報はLINE Payとは?【使い方、メリット、将来性までわかりやすく解説】で網羅的にまとめています。

 

2019年3月現在、初めて1,000円以上銀行チャージすると500円がプレゼントされます。期間限定とのことですが、2019年に入ってから毎月開催されています。