ANA・JALマイルの貯め方
今すぐマイルを貯める

LINE Payのバーチャルカードの特徴と発行方法【プラスチックカードの違いも解説】

  • LINE Payのバーチャルカードとプラスチックカードは何が違うの?
  • LINE Payカードって作ったほうがいいの?
  • LINE PayとLINE Payカードの違いって何?

※4月開催の平成最後の超Payトク祭についてお探しの方はLINE Payトクキャンペーンの最新情報と攻略法【4月17日追記】をご覧ください。

LINE Payカードにはバーチャルカードプラスチックカードの2種類があり、それぞれ使える場面や使い方が異なるため、使い慣れないとややこしいですよね。

そんな少しわかりにくいバーチャルカードとプラスチックカード、2種類のカードの違いやメリットを噛み砕いて、できるだけわかりやすく解説します。

この記事を読めば以下のことがわかります。

  • LINE Payのバーチャルカードとプラスチックカードでできることの違い
  • LINE Payのプラスチックカードのメリット
  • LINE Payのバーチャルカードとプラスチックカードの発行方法
  • LINE Payのバーチャルカードとプラスチックカードの使い方
  • LINE Payのプラスチックカードのデザイン
  • LINE PayとLINE Payカードの違い

 

もっつ
もっつ

結論から言うとLINE Payのバーチャルカードを発行するメリットはないですが、キャンペーン対策のためにプラスチックカードは発行しておくべきです。

LINE Payカードとは

LINE Payカードとは

LINE Payカードを一言で言うと、ポイントが貯まるJCBブランドのプリペイドカードです。

LINE Payカードはクレジット機能がなく、事前にチャージして利用するプリペイドカードのため、クレジットカードのような与信審査はありません。

そして年齢制限もないので学生の方でも作成できます。

LINE Payカードはバーチャルカードとプラスチックカードの2種類があります

スマホのアプリ上に登録しておくバーチャルカードと物理的なプラスチックカードの2種類を総称してLINE Payカードと呼びます。

プラスチックカードはオンラインでも街のJCB加盟店でも、どこでも利用できますがバーチャルカードはオンラインでしか利用できません。

これがLINE Payのプラスチックカードとバーチャルカードの最も大きな違いです。

使い勝手の良さはプラスチックカード > バーチャルカードです。

 

バーチャルカードとプラスチックカードを比較すると以下のようになります。

バーチャルカードプラスチックカード
申込みから発行まで即時郵送(1〜2週間程度)
年会費・発行費用無料無料
チャージ方法プリペイドプリペイド
使えるお店オンラインのみオンライン含むJCB加盟店すべて
還元率最大2%最大2%

LINE Payのプラスチックカードを発行するメリット

LINE Payのプラスチックカードを発行するメリットはキャンペーンが強力!この1点につきます。

例えば2019年3月開催のキャンペーンではLINE Payの支払いすべてが20%還元になるといったものでした。

前述したようにLINE PayのプラスチックカードはJCB加盟店どこでも利用できるため、ほぼすべてのお買い物で20%還元になるとってもおトクなキャンペーンでした。

こういったキャンペーンを活用するためにもLINE Payのプラスチックカードを発行する価値があります。

 

このキャンペーンの発表時にはプラスチックカードの申し込みが殺到したため、プラスチックカードを発行しようと思ってもキャンペーン期間中には間に合わいませんでした。

そのためキャンペーンに備え、プラスチックカードは早めに発行しておきましょう。

 

最新のキャンペーンの詳細および攻略法は、LINE Payトクキャンペーンの最新情報と攻略法で詳しく解説しています。

LINE Payのプラスチックカードは街のJCB加盟店でも使えるが、それほどメリットなし

LINE Payのプラスチックカードはバーチャルカードと違い、街のJCB加盟店どこでも使えますが、この点はそれほどメリットがありません。

なぜなら2018年8月1日〜2019年7月31日の1年間、LINE PayのQR/バーコード支払いを利用するとポイントが+3%の上乗せ、というキャンペーンをやっているのですがLINE Payカードでの支払いはキャンペーンの対象外だからです。

 

あくまで対象となるのはLINE PayのQR/バーコード支払いのみとなっています。

 

そのためLINE Payカードの還元率はバーチャルカードでもプラスチックカードでも、0.5〜2%になります。

このあたりのLINE Payのポイント還元率については、LINE Payのポイント還元率とマイカラー制度とは【オトクな交換先も紹介】で詳しく解説しています。

普段使いはLINE Payのプラスチックカードよりクレジットカードがオススメ

LINE Payのプラスチックカードはあくまで前述したキャンペーン対策用と割り切って利用しましょう。

普段使いにはLINE Payカードよりも旅行保険などの付帯サービスがついたクレジットカードや、常時買い物が2%オフになるKyashのほうがおトクです。

また還元率を考慮するとマイルに特化したクレジットカードも選択肢にあがります。

このブログ【どこいく?】では毎月の利用額別にANAマイルが最も効率よく貯まるクレジットカードもANAカードのおすすめはこれ!【毎月の利用額別ベストなカード】でまとめています。そちらもぜひ一度ご覧ください。

LINE Payのバーチャルカードとプラスチックカードの発行方法

バーチャルカードとプラスチックカードどちらも作成費用や年会費は無料です。

かつてはコンビニエンスストアの店頭でもLINE Payのプラスチックカードを販売していたのですが、2019年1月15日(月)をもって終了しました。

そのため現在の入手方法はバーチャルカード、プラスチックカードともに申し込みはLINEアプリからのみとなっています。

LINE Payのバーチャルカードの発行方法

はじめにLINE Payのバーチャルカードの申し込み方法を解説します。
バーチャルカードの発行方法

1.LINEアプリを立ち上げ右下のウォレットをタップし、右上の+をタップします。

2.続いて画面上の【バーチャルカードをすぐに発行!】をタップします。

 

3.【バーチャルカードを発行】をタップします。

以上でLINE Payのバーチャルカードの発行完了です。

LINE Payのプラスチックカードの発行方法

続いてプラスチックカードの発行方法を解説します。

プラスチックカードの発行方法

1.物理的なプラスチックカードを発行する場合は.LINEアプリを立ち上げ右下のウォレットをタップし、右上の+をタップするところまではバーチャルカードの発行と同じです。

 

2.続いて【プラスチックカードを申し込む】をタップします。

3.最後に好みのカードのデザインを選んで、名前と住所を入力すれば完了です。

LINE Payプラスチックカードの有効化

LINE Payのプラスチックカードが届いても、有効化しなければ利用できません。有効化の方法は以下の3ステップです。

プラスチックカードの有効化
  1. 郵送されたプラスチックカードに同梱されているQRコードを読み取り、LINEアプリから利用開始手続きをします。
  2. 続いて利用規約に同意します。
  3. 最後にカード裏面の3桁の番号を入力します。

以上でLINE Payカードの利用手続きは完了です。

LINE Payのプラスチックカードとバーチャルカードは、先に発行したものと同じカード番号⋅セキュリティコード⋅有効期限になります。そのため、先にバーチャルカードを発行していた場合はバーチャルカードと同じ内容のプラスチックカードが郵送されます。

LINE Payのプラスチックカードのデザイン

LINE Payのプラスチックカードのデザインには以下のようなものがありますが、申し込む時期によっては在庫切れで発行できないものがあります。

例えば下記の黒のプラスチックカードなどは在庫切れで申し込めない声が多く聞かれます。

LINE Payカードとは

すでにプラスチックカードを発行していてデザインを変更したい場合は、一度プラスチックカードを解約しないといけないので要注意です。

LINE Payカードのチャージ方法

LINE Payカードはバーチャルカードでも、プラスチックカードでもどちらもプリペイドカードなので支払いの前にLINE Pay残高にチャージしなければ利用できません。

クレジットカードのように利用することはできません。

またLINE Pay残高はQRコード決済であってもLINE Payカード支払いでもすべて共通の残高です。そのため、どの支払い方法であってもチャージ方法は共通です。

それぞれの支払い方法で異なるチャージ方法が存在するわけではありません。

LINE Payチャージ方法

はじめにチャージしたい銀行口座を紐づけ → チャージしたい金額をスマホから入力 → 銀行口座から自動的に引き落とされる

LINE Payのチャージは24時間365日可能で、手数料もかかりません。また手動チャージだけでなく、一定金額以下になればチャージするオートチャージにも対応しています。

具体的なLINE Pay残高にチャージする方法はLINE PayのQRコード決済とは?【登録から利用方法まですべてわかる】をご覧ください。

LINE Payのバーチャルカードとプラスチックカードを使った支払い方法

LINE Payのバーチャルカードによる支払い方法

基本的にはクレジットカードを利用した支払いと同じ手順で買い物できます。まずはLINE Payのバーチャルカードで支払う前にカードの番号と有効期限を確認します。

 

LINE Payのバーチャルカード番号と有効期限の確認方法

1.LINEアプリからウォレットをタップしLINE Payの画面を開きます。

2.画面上部のLINEカード番号をタップします。

 

3.パスワードを設定している場合はパスワードを入力します。

4.以上でLINE Payのバーチャルカードの番号と有効期限が確認できます。

 

 

 

LINE Payのバーチャルカード番号の確認後買い物に進みます。LINE Payのバーチャルカードはオンライン決済限定で利用できるため、今回はamazonでの支払い方法を例に解説します。

 

LINE Payのバーチャルカードでの支払方法

1.いつもの買い物と同じように買いたいものを買い物かごに入れ、レジに進みます。

2.続いて注文を確定する前に【支払い方法変更】をクリックします。

 

3.画面下部の【クレジットカード】から【カードを追加】をクリックします。

  • カード名義人(半角ローマ字)にはLINE MEMBERと入力します。
  • カード番号と有効期限は先程アプリから確認した数字を入力します

以上でLINE Payのバーチャルカードでの支払準備が整いました。そのまま会計をすませば支払い完了です。

 

LINE Payカードはamazonプライム会員費やamazonギフト券の支払いにも利用できます。

LINE Payのプラスチックカードによる支払い方法

会計の際に事前チャージしておいたLINE Payのプラスチックカードで支払うだけです。クレジットカードと同じように利用するだけなので特に難しいことはありません。

無人レジでもクレジットカードと同じように利用できます。

LINE Payのプラスチックカード支払いの注意点
  • 利用できる店舗はJCB加盟店のみ
  • 残高が足りない場合は支払いできない

LINE PayとLINE Payカードの違い

最後にLINE PayとLINE Payカードの関係性を解説します。まずはLINE Payでできることを確認しておきましょう。

LINE Payでできること
  • 支払
  • 出金
  • 送金
  • 割勘
  • ポイントを貯める
  • 外貨両替
  • 家計簿

 

ここから支払い機能のみを抜き出したものがLINE Payカードです。LINE Payの支払い機能には5つの方法があり、その中の1つがLINE Payカードを利用した支払いです。

LINE Payの5つの支払い方法
  • QRコード決済
  • LINE Payカード支払い
  • オンライン決済
  • 請求書支払い
  • QUICPay+TM(Android限定)支払い

 

一般的にLINE Payでの支払いというと、スマホだけで完結するQRコード決済を指すことが多いです。

LINE PayのQRコード決済LINE Payカード支払い名前が似ていてややこしいのですが使える場所と還元率などが違います。

LINE Payの代表的な支払い方法である、QRコード決済とLINE Payカードの異なるポイントをまとめると以下の様になります。

QRコード決済LINE Payカード
決済方法QRコード/バーコードバーチャルorプラスチックカード
年会費無料無料
チャージ方法プリペイドプリペイド
使えるお店100万店舗(2018年12月時点)JCB加盟店すべて
還元率最大5%最大2%

 

まとめ

バーチャルカードとプラスチックカードの違い
  • バーチャルカード、プラスチックカードともにクレジットではなくプリペイド方式なのでnanacoやsuicaと同じように事前チャージして利用します
  • 還元率はどちらも最大2%
  • バーチャルカードはオンライン決済限定
  • プラスチックカードはオンライン決済含む街のJCB加盟店で利用可能
  • プラスチックカードはキャンペーンを活用するために発行しておくべき
  • バーチャルカードは発行する価値なし

 

LINE Payの使えるお店であれば、LINE Payカードを利用するよりLINE PayのQRコード決済の方が還元率が高く、ポイントがたくさんもらえます。

また普段使いでも、LINE Payカードよりクレジットカードの方が付帯保険などもあるため、多機能で優位性があります。

まとめると以下のようになります。

普段使い・・・還元率の高いクレジットカード
キャンペーン攻略用・・・LINE Payのプラスチックカード

 

以上、LINE Payのバーチャルカードとプラスチックカードの違い【初心者必見!】でした。

 

LINE Payは様々な機能、使い方があります。LINE Payとは?【使い方、メリット、将来性までわかりやすく解説】ではLINE Payのすべての機能について詳しく徹底的に解説しているので、ぜひ一度目を通してみてください。

公開日:2018年12月22日