✔ ダウンロード可能な動画配信サービス全7社徹底比較【今ならすべてタダ!】

海外旅行で安心安全にスマホを使う方法【高額請求を防ごう!】

【高額請求を防ごう!】海外旅行でスマホを利用する4つの通信方法
  • 海外旅行でスマホの高額請求を防ぐにはどんな設定にすればいいのかなぁ
  • 海外旅行でオトクにスマホを使うにはどんなほうほうがあるのかなぁ

スマホはもはやないと生きていけないレベルで、今や生活必需品となりました。

とくに海外旅行ではお店や観光スポットの検索、翻訳、マップでナビ等、調べたいこともたくさんありますよね。スマホがないと絶対海外旅行に行けないレベルです。

でも海外旅行で心配なのは高額請求です。

そこで毎年海外旅行に行っているわたしが、いつもしている高額請求にならないスマホの設定方法とオススメの接続方法をまとめました。

もっつ
もっつ
この記事を読めば海外旅行で、スマホに関する心配はなくなります。海外でも日本国内と同じ様にスマホを利用できますよ♪

スポンサーリンク

海外旅行でスマホを使う4つの方法

海外旅行でスマホを使う4つの方法

海外旅行でスマホをネットにつなぎ利用するには、主に4つの方法があります。

それぞれの特徴は以下のようになっています。

接続方法特徴音声通話価格
モバイルルーター複数台同時に接続可能だが電池切れに注意。LINE通話国により異なるが、1日1,000円程度
現地simカードsimフリー機でないと利用できないが最も安価。音声通話(一部)、LINE通話アジア圏なら1週間4GBで1,000円前後
キャリアの国際ローミングサービス手軽だが利用料金がもっとも高額。音声通話、LINE通話24時間2,980円程度
現地のフリーwifi無料だが利用できる場所がホテルなどに限られる。LINE通話無料

ではこれを踏まえ、それぞれの特徴をさらに掘り下げてを見ていきましょう!

モバイルルーターをレンタルする

メリット

モバイルルーターを借りていくメリットは、なんといっても料金の安さと複数台接続可能な利便性です。

パソコン、スマホ、タブレッドなどの接続もこれ1台だけ借りていけばオッケーです♪

料金は渡航先により異なりますが、1日1,000円程度で利用できます。

また、グループ旅行で単独行動をしないなら、1台借りていけばみんなで使えるので、折半すればこの料金より割安になります。

デメリット

デメリットは荷物が一つ増えることです。

注意点

注意点としては事前に空港でレンタルしていくのを忘れて、保安検査場に行かないようにしましょう。そして、帰国後も忘れずに返却しましょう。

また、充電が切れると通信できなくなるのでモバイルバッテリーは必ず準備しておきましょう。

現地simカードを利用する

メリット

最も安価で1週間程度の短期旅行にピッタリです。

事前に準備しておけるので、借りたり返したりの手間もかかりません。

デメリット

小さいsimカードの抜き差しがあるので紛失の恐れがあります。

注意点

simカードを差し替えたときから日時のカウントが始まるので、空港で差し替えるようにしましょう!

カードによっては無料通話が一定量できますが、電話番号は普段使用している番号ではなく、simカードに紐付いたものになるので通話はLINEを使うようにしましょう。

空港で購入することもできますが、絶対オススメなのが事前にamazonでsimカードを購入しておくことです!

現地でsimカードを買ってもamazonより特別安いわけではなく、購入のやりとりや時間がもったいないからです。

キャリアの国際ローミングサービスを利用する

国内3台キャリアの国際ローミングサービスの料金は以下のようになっています。

キャリア料金データ量使い放題
docomo980円日本のデータ残量2,980円
au980円日本のデータ残量2,980円
softbank1,980円25MBまで2,980円

softbankのみ日本のデータ残量を使用するプランがありません。

もっつ
もっつ

softbankにはアメリカで使い放題のアメリカ放題というサービスがあります。わたしもハワイで使いましたが、無料ですごくオススメです♪

メリット

事前に契約が必要ですが、普段利用しているスマホそのままで利用できる手軽さがメリットです。

simカードの差し替えもなく荷物が増えることもありません。

デメリット

なんといっても値段の高さが目に付きます。使い放題で5日間使えば15,000円とかなり高額になってしまいます。

注意点

+980円のオプションで24時間海外で通信できるようにはなるが、日本で契約しているデータ量が消費されるといったプランもあります。

国際ローミングだと日本の電話番号で通話はできますが、発信も着信も国際電話となり高額となるので、電話はLINEを利用するようにしましょう。

格安SIM(マイネオや楽天等)でも海外ローミングは利用できますが、いずれも1GBあたり1万円程度となるので候補にあがりません。

海外のフリーwifiを利用する

メリット

メリットはお金がかからず無料な点です。

デメリット

デメリットは利用できる場所が限られている点です。

注意点

フリーwifiはセキュリティ的に弱く、個人情報やクレジットカード情報の流出、ウイルス感染などのリスクがあります。

4つの接続方法の中でオススメは?

もっつ
もっつ

みんなで海外旅行に行く時はモバイルルーターを借りること。

一人旅の場合はsimカードを事前に購入がオススメです!

高額請求を防ごう!海外旅行に行くときのスマホの設定方法

高額請求を防ごう!海外旅行に行くときのスマホの設定方法

wifiを利用する場合と4Gなど現地通信網を利用するかで設定方法が異なります。

モバイルwifiルーター、または現地のフリーwifiを利用する場合

今回はiphoneの場合を説明します。基本的にはアンドロイドの場合も一緒です。

まずは『設定』から『モバイルデータ通信』を選択します。

続いて『モバイルデータ通信』と『通信のオプション』をどちらもオフにします。

これだけやっておけば、海外で高額請求の心配はいりません。

キャリアの国際ローミング、または現地simを利用する場合

国際ローミングと現地simを利用する場合のiphoneの設定を解説します。

『設定』から『通信のオプション』をひらきます。

『通信のオプション』→『ローミング』と進みます。

最後に『音声通話とデータローミング』をオフにすれば設定完了です。

ローミングがオンだとSMSができますが、送信1通につき100円がかかります。通話も国際電話で高く付くので、ローミングはオフにしましょう。

モバイルデータ通信方法はオンのままでオッケーです。

海外旅行でスマホの通話はできる?

携帯電話番号による音声通話ができるのは国際ローミングと一部の現地simのみになります。

国際ローミングはいつもの電話番号をそのまま利用できますが、一緒の旅行同行者との通話も、高額な国際電話となるので注意しましょう!

また、現地simの場合電話番号が現地simに紐付いた新しい番号となるので、日本で使っている電話番号は使用できません。

モバイルルーターでも現地simでもLINE通話を使えば着信、発信ともに可能です。

なので海外旅行の際は日本と連絡と取る時も、同行の旅行者と連絡を取る時もLINE通話にしましょう。

1GBあればスマホはどれくらい利用できる?

もっつ
もっつ

現地simや国際ローミングを利用する際に気になるのは、1GBあればどれくらいの事ができるのかですよね。

1GBの目安は以下のようになっています。

  • LINE通話だと約2000分、メールだと約40万~50万回
  • マップのナビ利用だと約300時間
  • ブラウザだと約5,000ページ
  • twitterは約2,000回以上
  • youtubeだと約4〜5時間
  • instagramのストーリーは合計30分程度

wifiがないところでのinstaguramのストーリーの利用は気をつけましょう。

動画を見ないのであれば1週間程度の旅行で2〜3GBあれば十分すぎる量です。

まとめ

まとめ
  • 現地にいる人と連絡を取る時も通話はLINE通話を使いましょう。
  • どの接続方法でも音声通話とデータローミングはオフにします。
  • wifiを利用して接続する場合はモバイルデータ通信をオフに。
  • 現地simと国際ローミングで接続する場合はモバイルデータ通信をオンに。
  • オススメの通信方法はみんなで海外旅行に行く時はモバイルルーターを借りること
  • 一人旅の場合はsimカードを事前に購入がオススメです!

当ブログ(どこいく?)では、はじめての海外旅行が心配な方へ向け、事前準備から出発当日の過ごし方まで網羅的にまとめています。

あなたの心配とお悩みすべて解決します。

コメントをどうぞ