✔ ダウンロード可能な動画配信サービス全7社徹底比較【今ならすべてタダ!】

海外旅行でクレジットカードは3種類必要!【用途別オススメカード情報も】

  • 海外旅行に行くのにオススメのクレジットカードが知りたい
  • 海外旅行には何枚クレジットカードを待っていくべき?

海外旅行に行くからといって、クレジットカードを特別たくさん作る必要はないです。

ただし海外旅行でクレジットカードはあればあるだけいいです。

なぜなら磁気異常などのトラブルで突然使えなくなる可能性がある上、付帯サービスも重複して利用できるからです。

 

結論:海外旅行では用途に応じ3種類のクレジットカードを用意しましょう。

 

この記事を読めば、海外旅行用のクレジットカードを選ぶポイントがわかります。

もっつ
もっつ
また選ぶポイントだけでなく、海外旅行で役に立つ具体的なクレジットカードのオススメもまとめていますよ。

スポンサーリンク

海外旅行でクレジットカードは絶対必要です

海外旅行にクレジットカードは必須です。海外では日本以上にクレジットカードが浸透しています。屋台などを除きだいたいどこでも使えます。

クレジットカードならめんどくさい両替もいらない上に、両替手数料と比べカード利用手数料料が安いです。

さらに言えばクレジットカードを使ったキャッシングが一番オトクに現地通貨を手に入れる方法です。

そのあたりは当ブログ(どこいく?)の記事で詳しく解説しています。

海外旅行で現金はどう用意する?【両替はもったいないからダメ!】
海外旅行では現金を入手するのに、どこで両替するのがいいんだろう?と考えがちですが、結論からいうと海外旅行で両替をする必要はありません。両替は損です。もっとオトクに現金を入手する方法があります。 この記事を読めば、海外旅行で両替をする必要がない理由がわかりますよ。

 

海外キャッシングに特化したクレジットカード(セディナカード)については後述しています。わたしも海外旅行のときは必ず持っていっています。


キャッシングだけでなく、クレジットカードはさらにプラスアルファの付帯サービスがあります。

 

クレカ付帯サービス
  • 海外旅行保険
  • 遅延補償
  • キャッシング
  • 荷物配送サービス
  • 盗難補償
  • 海外カードデスクの利用
  • レストラン・レジャー施設の予約

など

海外旅行で役に立つクレジットカードの選び方

上で書いた付帯サービスはクレジットカードによって得意とするジャンルが違うので、そのあたりを考慮して、海外旅行に持っていくクレジットカードを選びましょう。

3種類の目的別クレジットカード
  • 決済用メインカード
  • キャッシング用
  • 海外旅行保険付帯

こんなカンジで3種類の目的別に選べば間違いないです。

海外旅行保険の目安として500万円くらいの補償を見ておけばいいでしょう。その理由や、海外旅行保険に強いクレジットカードの情報は以下の記事にまとめています。

海外旅行保険は500万円分必要な理由!【クレカの保険だけでOK】
クレジットカードに保険が付いてることを知ると、海外旅行保険に何千円も払うのもったいないなぁと思いますよね。 この記事を読めば海外旅行に行くとき、いくら分補償される保険が必要なのかわかります。また、海外旅行の保険がクレジットカードだけで足りるのかもわかります。

海外旅行用クレジットカードの国際ブランドはどうする?

クレジットカードの国際ブランドにはVISA、MASTER、JCB、AMEX、Dinersとありますが、とりあえずVISAかMASTERは1枚は持っていくようにしましょう。

汎用性が高くどの国でも使えです。

 

一方でVISA、MASTERに比べ使える国が限られるJCBですが、使える国ではメリットも大きいです。

例えばハワイではトロリーに無料乗車ができたり、日本語が通じる現地デスクが利用できます。

現地デスクではレストランの予約の際にも、英語では伝えにくい窓側の席やアレルギーなど細かい注文もやってくれます。異国の地でこれは非常に心強いです。

 

AMEX、Dinersは利用できる店舗は少ないのであまりメリットはありません。

ただし、プロパーカードならスーツケースを自宅から空港まで無料配送してくれたり、飛行機の遅延保障などワンランク上のサービスが付帯するので、年会費は高いですがオススメです。

海外旅行でオススメのクレジットカードはこれ!

具体的なオススメクレジットカードは以下のカードになります。メインカード以外は全て年会費無料となっています。

目的別クレジットカード
  • 決済用メインカード…航空会社のマイルが貯まるクレカ(なんでもOK)
  • キャッシング用…セディナカード
  • 海外旅行保険付帯…エポスカード

メインカードは普段お使いのANAやJALカードでOKです。

 

セディナカードは翌月支払日を待たずにインターネットから繰り上げ返済ができるので、明細が上がれば旅行中でも支払い可能です。

そのためキャッシング手数料を数十円まで減らすことができます。

 

エポスカードは年会費無料にしては十分なのですが、疾病:270万円、傷害:200万円なのでこれだけで足りるかといえば、少々心もとないです。

そのため年会費3,000円ですが、疾病・傷害補償 各500万円が付帯するミライノカードか、複数枚のクレジットカードを合算させるようにしましょう。

海外旅行保険額はクレジットカード複数枚を合算させることができます。クレジットカードはあればあるだけ保補償が手厚くなるので1枚に拘る必要はありません。

まとめ

海外旅行とクレジットカード
  • クレジットカードは決済用、キャッシング用、旅行保険用で3種類準備しよう
  • キャッシングならセディナカード、海外旅行保険ならエポスカード
  • 国際ブランドはVISAかMASTERを選んでおけば間違いない
  • 国によってはJCBもアリ

当ブログ(どこいく?)では、はじめての海外旅行が心配な方へ向け、事前準備から出発当日の過ごし方まで網羅的にまとめています。

あなたの心配とお悩みすべて解決します。

コメントをどうぞ