海外旅行保険は500万円分必要な理由!【クレカの保険だけでOK】

  • 海外旅行に行くときの保険っていくら分の保障額が必要なの?
  • クレジットカードに海外旅行保険が付いてるみたいだけど、別途入らなくていいの?

クレジットカードに保険が付いてることを知ると、海外旅行保険に何千円も払うのもったいないなぁと思いますよね。

この記事を読めば海外旅行に行くとき、いくら分補償される保険が必要なのかわかります。また、海外旅行の保険がクレジットカードだけで足りるのかもわかります。

 

ちなみに、わたしが毎回海外旅行に行くときは、クレジットカードの保険だけで全てまかなっています。

もっつ
もっつ

この記事を読めばちゃんと必要な保険料はカバーしつつ、オトクな保険の入り方がわかりますよ♪2〜3分くらいで読み終わりますのでお付き合いください。

海外旅行に行くなら保険は絶対必用です

海外旅行に行くなら保険は絶対必用です

まず、前提として海外旅行に行くなら、絶対に保険は必要です。これを前提にどの保険を選ぶべきか、解説していきます。

海外の病院では日本じゃ考えられない治療費がかかります

海外旅行に行く際に絶対に保険に入るべき理由は、海外で病院を利用すると、支払えないくらいの治療費がかかる可能性があるからです。

例えば、もしハワイで盲腸の手術をすると、256万円もの高額な医療費がかかります。

ロンドンでも170万円以上となっています。カンタンに支払える金額ではないですよね。

以下のリンクから各国の手術費の目安がわかります。万が一にも備えましょう。

世界の救急医療事情 トリップアドバイザーのインフォグラフィックスで世界の旅が見える
トリップアドバイザーのインフォグラフィックス「世界の救急医療事情」。海外旅行先で突然盲腸に! 救急車を呼んで入院したらいくらかかる? 気になる旅先の医療事情!

海外旅行保険の入り方【3パターン】

主な海外旅行保険の加入方法は以下の3パターンがあります。

 

海外旅行保険の加入方法
  • 当日空港で申し込む
  • 事前に自宅から申し込む
  • クレジットカード付帯の保険を利用(加入手続きの必要なし)

 

それぞれ値段と補償料が異なります。ハワイ6泊7日の保険料の目安は

クレジットカード(無料※年会費のみ必要) > 事前に自宅から申し込み(約3,000円) > 当日空港で申し込み(約6,000円)

の順で安くなっています。

これを考えると、年会費無料のクレジットカードで補償料がしっかりとしたものを選ぶのがベストな選択になりますね。

海外旅行保険は傷害・疾病補償の金額とキャッシュレス診療の有無だけを見ておこう

海外旅行保険の補償額をいくら分にするかを考える際、死亡補償で最高〇〇円などの最高額は気にしなくていいです。

 

海外旅行保険の補償額にはいろんな項目がありますが、緊急時に一番使う可能性が高い、傷害・疾病補償の金額とキャッシュレス診療の有無だけチェックすれば十分です!

  • 障害補償…ケガや事故に対する保険
  • 疾病補償…病気に対する保険

です。

また、キャッシュレス診療がついていれば、海外旅行先で医療費を支払う必要がありません。

キャッシュレス診療のやり方
  1. クレジットカード裏面の緊急連絡先に電話
  2.  会員登録情報の確認(氏名など)
  3. そのまま電話で病院の予約をしてもらう
  4. 予約してもらった病院に行き治療を受ける
  5. 現金の支払いはなし!

海外旅行保険はクレジットカードだけで必要十分まかなえます

海外旅行保険はクレジットカードだけで必要十分まかなえます

キャッシュレス診療ができても、傷害・疾病補償の金額が足りなければ意味がありません。

海外旅行保険では、傷害・疾病補償の金額をいくら分にするかを解説していきます。

海外旅行保険は500万円分あれば十分

2014年度に海外旅行先で500万を超える治療・救援費用がかかった人の割合は【2万5000人に1人】でした。

パーセントにすると0.00004%です。更に500万を超える治療・救援費用がかかった人は65歳以上が56%を占めています。

それ以下の年齢だと、500万円を超える治療・救援費用がかかった人の割合はもっと下がります。

海外旅行保険の補償料はもちろん高ければ高いほうがいいですが、保険加入料もそれに応じて高くなります。

 

もっつ
もっつ

こういった理由から、実際の利用可能性を考慮すると補償料は500万円くらいが一番バランスの良い選択といえます。

海外旅行保険を考慮したクレジットカードの選び方

海外旅行保険はクレジットカードで十分ということがわかっていただけたと思います。

あとは、これまでの条件を満たす

  • 年会費無料
  • キャッシュレス対応
  • 傷害・疾病補償の金額が500万円

のクレジットカードを考えるだけです。

 

傷害・疾病補償は合算可能です。100万円+100万円+300万円の3枚のカードが有れば500万円まで補償されます。合算する場合は事前に同じ病院が使えるのか、確認ておきましょう。
また、クレジットカードに付帯する保険には
  • 利用付帯
  • 自動付帯

の2種類があります。利用付帯は旅行で利用しないと保険が付帯されませんが、自動付帯なら持っていくだけで保険が付帯されます。

そのため、自動付帯のクレジットカードをオススメします。

オススメクレジットカードはエポスカード、三井住友クラシックAカード、REXカードの3枚です。

オススメクレジットカード3枚
  • エポスカード
  • 三井住友クラシックAカード
  • REXカード

この3枚を組み合わせれば

  • 年会費無料
  • 保証額500万円
  • キャッシュレス診療
  • 自動付帯

上記の条件をすべて満たします。それぞれのカードの特徴は以下の表をご覧ください。

エポスカード三井住友クラシックAカードREXカード
年会費無料無料(次年度1,500円)※1無料
疾病・傷害補償疾病:270万円
傷害:200万円
各100万円各200万円
キャッシュレス診療
付帯条件自動自動自動
公式サイト申し込む申し込む申し込む

※1マイ・ペイすリボ登録と年1回以上のカード利用で次年度も年会費無料になります。

 

クレジットカードの組み合わせが面倒なら、ミライノカードゴールド1枚でもオッケー

何枚もカードを組み合わせるのが面倒な方はミライノカードゴールドがオススメです。

ミライノカードゴールドは以下のようなスペックになっています。

ミライノカードゴールド
年会費3,000円(年間100万円以上利用で無料)
疾病・傷害補償各500万円
キャッシュレス診療
付帯条件自動
公式サイト申し込む

 

まとめ

 

海外旅行保険を選ぶポイント
  • 海外の医療費は高額なので、海外旅行に行くときは絶対に保険が必要
  • 海外旅行保険で大事なのは疾病・傷害補償の金額
  • 過去の統計から500万円くらいの保障がバランスがいいです
  • 上手に組み合わせればクレジットカードの保険だけで、保障額は十分まかなえます

最後に繰り返しになりますが、クレジットカードを選ぶ時は下記の4点に気を付けて選びましょう。

  • 年会費無料
  • 保証額500万円
  • キャッシュレス診療
  • 自動付帯

結論…最もオトクな海外旅行保険の入り方はエポスカード、三井住友クラシックAカード、REXカード3枚の組み合わせか、ミライノカードゴールド1枚持ち!

 

もっつ
もっつ

しっかりと保険に入って楽しい海外旅行をエンジョイしましょう♪

当ブログ(どこいく?)では、はじめての海外旅行が心配な方へ向け、事前準備から出発当日の過ごし方まで網羅的にまとめています。

あなたの心配とお悩みすべて解決します。