ポイントサイト徹底比較【あなたにピッタリのポイントサイトあります】

ポイントサイト徹底比較【あなたにピッタリのポイントサイトあります】
  • ポイントサイトに登録しようと思うけど、どのポイントサイトがいいの?

ポイントサイトを使ってみようと思うけど、種類がたくさんありすぎてどのポイントサイトを選べばいいかわかりませんよね。

そんな方へ向け

5つのポイントサイト
  • モッピー
  • すぐたま
  • ハピタス
  • ライフメディア
  • ちょびリッチ

これら5つのポイントサイトを比較し、目的別にどのポイントサイトに登録すべきかをまとめました。これを読めばあなたにピッタリのポイントサイトがわかります。

この記事でわかること
  • ANAのマイルを貯めるのにピッタリのポイントサイト
  • JALのマイルを貯めるのにピッタリのポイントサイト
  • ホテルの無料宿泊券が手に入るポイントサイト
  • 現金に交換するのにオススメのポイントサイト
  • 家電を安く購入できるポイントサイト

これから紹介する5つのポイントサイトは実際に数十種類のポイントサイトに登録・利用した中から比較厳選したポイントサイトです。

これら5つのポイントサイトは他のポイントサイトにはない独自の特徴を持っており、現在進行系で使用している本当にオススメできるポイントサイトとなっています。

 

もっつ
もっつ

ポイントサイトに登録する前に貯めたポイントの出口(使いみち)を考えておくのも大切です。何を目的とするかで、あなたにピッタリのポイントサイトがわかります。

 

ポイントサイトで上手に稼ぐコツはメインのポイントサイトを決めて、良い案件などが出たときに補助的に他のポイントサイトを利用することです。

 

貯めたポイントはマイルに交換すべき?それとも現金に交換すべき?

もし現金ではなく、マイルを貯めたいという場合はポイントとマイルの交換率と交換ルートをチェックしておきましょう。

 

基本的にポイントサイトのポイントはマイルに交換するほうがオトクです。

 

ポイントは現金には等価交換できますが、マイルに等価交換はできません。最大でも100ポイント=81ANAマイル(交換率81%)となっています。

それなら現金に交換したほうがオトクだと思われるかもしれませんが、1マイルは上手に使うことで2円〜10円以上の価値になります。

つまり1マイル=2円の価値とすると100ポイントが81×2=162円の価値となります。さらに上手にマイルを使えばもっとオトクにポイントを活用できます。

マイルの価値を高める方法は1マイルの価値は2円以上あります【価値を最大限に高める方法も解説】でくわしく解説しているのでぜひご覧ください。

 

ポイントサイトのポイントは直接マイルに交換すると損してしまうため、いくつかのポイントを経由してマイルに交換する必要があります。ポイントサイトによって異なる交換ルートもこの記事ではしっかりまとめています。

ANAマイルもJALマイルも貯めたいなら【モッピー】

モッピー(moppy)
moppy
交換レート 1ポイント=1円
最低交換ポイント 300ポイントから
月交換限度額 なし(1日1回)
ポイント有効期限 180日間ポイントの獲得が無い場合消失
安全性 SSL ○
プライバシーマーク ○

ANAとJALどちらのマイルも貯めたい方にオススメ!

ANAマイルへの交換率は最大81%、JALマイルへの交換率は最大80%(JALに関してはどのサイトよりも高い還元率)

東証一部上場企業であるセレスが運営しているので安心

1ポイント=1円と初心者にもわかりやすいポイント制度

取り扱っている案件数が多く比較的高額だが、外食モニター案件がない

 

ANAマイルとJALマイルどちらも貯めたいならモッピーがオススメです。モッピーはわたしもメインで利用しているポイントサイトです。とにかくマイルを貯めたいならモッピーを利用しておけば間違いありません。

ANAとJALのマイルどちらも80%以上の交換率で交換できるポイントサイトはモッピーだけです。

 

moppyポイント

ANAマイルへの交換率と交換ルート

これから比較する5社のポイントサイトからANAマイルへ交換するルートと交換率をみてみましょう。

交換率ではモッピー、ちょびリッチ、ハピタス、ライフメディアが81%で肩を並べますが、モッピー、ちょびリッチ、ライフメディアと比べるとハピタスは交換ルートが少し複雑なので一段階落ちます。

サイト名交換ルート交換率
モッピー短縮LINEルート81%
ちょびリッチ短縮LINEルート81%
すぐたまニモカルート70%
ハピタスLINEルート81%
ライフメディア短縮LINEルート81%

ソラチカルート

最も交換率が高くなる短縮ソラチカルートは以下のようになります。

  • 【モッピーorちょびリッチorライフメディア】→【Gポイント】→【LINEポイント】→【メトロポイント】→【ANAマイル】

ハピタスも81%で交換できますが交換手順が多くなり、時間が多くかかってしまいます。

  • 【ハピタス】→【PEX】→【ワールドプレゼントポイント】→ 【Gポイント】→【LINEポイント】→【メトロポイント】→【ANAマイル】

 

ANAマイルへの交換ルートを図にすると以下のようになります。ポイント交換率と交換にかかる日数も書いています。

ソラチカルート

ニモカルート

続いて交換回数は少ないですが交換率が70%に落ちるニモカルートです。

ニモカルートは交換率の低さだけではなく、もう一つ大きなデメリットがあります。ANAマイルへの交換に必要な端末が九州か函館にしかないので現地に出向く必要があるということです。そのため九州or函館在住者以外は利用しにくいです。

モッピー、ハピタス、ライフメディア、ちょびリッチの場合、ソラチカルートの方が交換率が高くなるため利用することはないですが、ニモカルートを利用することもできます。

 

  • 【ハピタス】→【PEX】→【ワールドプレゼントポイント】→ 【Gポイント】→【LINEポイント】→【メトロポイント】→【ANAマイル】

ニモカルート

モッピーポイントからANAマイルへ最高効率で81%交換する具体的な方法はANAマイルへ81%の交換率で交換する方法【最短距離も解説】で詳しく解説しています。

JALマイルへの交換率と交換ルート

モッピーが交換率80%と頭一つ抜けています。そのためJALマイルを貯めるならモッピー一択となります。

サイト名交換ルート交換率
モッピー直接交換(ドリームキャンペーン)80%
ちょびリッチ直接交換50%
すぐたま直接交換33%
ハピタス.moneyルート50%
ライフメディア.moneyルート50%

モッピードリームキャンペーンルート

通常モッピーからJALのマイルへ交換すると50%ですが、モッピーで常時開催しているキャンペーン(通称ドリームキャンペーン)をクリアすることで実質80%まで交換率を高めることができます。

以下のような仕組みでモッピーからJALマイルへの交換率が80%になります。

ドリームキャンペーンのさらに詳しい攻略法はモッピーからJALマイルに最大効率で交換する手順【2018年10月以降ver】で詳しく解説しているのでJALマイルを貯めたい方はぜひ一度ご覧ください。

.moneyルート

ハピタス、ライフメディアは直接JALマイルに交換できないため、.moneyを経由する必要があります。そのためJALマイルを貯めたい方はわざわざハピタス、ライフメディアを利用せずにモッピーを利用するようにしましょう。

一部上場企業のセレスが運営

ポイントサイトの中で上場している企業はわずか4社しかありません。そのうちの1つがモッピーを運営しているセレスです。

企業の大きさというのは万が一のときに信頼にもなります。他のポイントサイトと比較して、倒産などで急にポイントなくなるリスクも少ないと言えます。

ポイントサイト初心者にうってつけ

モッピーは1ポイント=1円と初心者にもわかりやすいポイント制度です。他ポイントサイトと比較して取り扱っている案件数も多く、比較的高額であり、サイトも使いやすい作りです。

またSSLへの対応とプライバシーマークもある上、運営も大手で安心なのでまさにポイントサイト初心者にうってつけです。

SSLとは

Secure Sockets Layerと呼ばれる、インターネット上で通信を暗号化する技術です。アドレスの頭がhttp://ではなくhttps://となっていればそのサイトはSSLに対応しているということになります。

プライバシーマークとは

企業や団体など(事業者)の個人情報保護の体制や運用の状況が適切であることを証明するマークで、基準に適合した事業者のみ使用が認めらています。第三者である一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が運営しています。

ポイントサイトの安全性についてはポイントサイトってホントに安全なの?【安全なサイトの見極め方】で詳しく掘り下げてまとめているので、そちらもぜひ一度ご覧ください。

モッピーのデメリット

モッピーの弱点として外食モニター案件がないので、外食モニター案件だけは別のポイントサイトを利用するようにしましょう。

わたしはモッピーがメインサイトで、外食モニター案件を利用するときはちょびリッチなどを利用しています。

 

またポイントを現金交換する際に30円〜の手数料が必要になります。なお、amazonギフトや楽天ポイント、Tポイントなどに交換する際の交換手数料は無料となっています。

モッピーのキャンペーン

モッピーの登録は今なら通常登録ポイント300ポイントのところ、期間限定でモッピーポイントが最大1,300ポイント(1,300円相当)がもらえるキャンペーン開催中です。

このポイント数は他ポイントサイトと比較しても大きいポイント数です。

 

モッピーに興味を持たれた方は、以下の画像をクリックすることで登録画面にアクセスできます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ホテルの無料宿泊券が欲しいなら【すぐたま】

すぐたま
すぐたま
交換レート 2mile(ポイント)=1円
最低交換ポイント 200ポイントから
月交換限度額 交換先によって異なる(1〜2万円程度)
ポイント有効期限 最終ポイント獲得日から180日
安全性 SSL ○
プライバシーマーク ○

唯一プリンスホテルの無料宿泊券に交換できる

12,500ポイント(6,250円相当)で品川プリンスホテルの無料宿泊券に交換可能

新規会員登録して90日間はポイント還元率が15%アップ

2mile(ポイント)=1円と慣れるまで少しわかりにくい交換レート

すぐたまのポイントはネットマイルという名の交換所を経由する必要があるので少しわかりにくい

12,500(6,250円相当)ポイントで品川プリンスホテルの無料宿泊券に交換可能

ANAやJALのマイルに交換できるポイントサイトは多いですがホテルの無料宿泊券に交換できるポイントサイトはすぐたましかありません。

なんといってもこの点がすぐたまの大きなメリットであり唯一無二の特徴です。

すぐたまのポイントは全国各地のプリンスホテルの無料宿泊券と交換可能です。一般の部屋だけではなく、ポイントを貯めることでスイートルームにも宿泊することもできます。

モッピーのポイントでANAやJALのマイルを貯め、すぐたまのポイントでプリンスホテルの無料宿泊券と交換することで無料で旅行に行くことも可能です。

 

プリンスホテルの無料宿泊券との交換手順や全国各地すべての対象ホテルは全国のプリンスホテルにタダで泊まる方法【スイートルームもOK】で詳しくまとめています。

すぐたまのデメリット

2mile(ポイント)=1円が少しわかりにくい

慣れてしまえばなんともないのですが、すぐたまは2mile(ポイント)=1円と慣れるまで少しわかりにくい交換レートです。

また、ポイントの名称がマイルという名前なのが少々ややこしいです。

現金交換には向いていない

現金交換にかかる日数が最大2週間で、手数料が100円かかってしまいます。

ポイントを現金と交換したい方には、手数料無料で3営業日以内に交換可能なハピタスorちょびリッチを利用することをオススメします。

ポイントを貯めるサイトとポイントを交換するサイト2つある

ポイントを貯めるのがすぐたまで、ポイントを交換するのがネットマイルと2つのサイトを利用する必要があるので少々ややこしいです。

ただしそれぞれのサイトは同一アカウントで利用できるので、慣れれば特に難しいことはありません。

すぐたまのキャンペーン

新規会員登録して90日間はポイント還元率が15%アップになるので、新規会員はまとめてポイントを獲得するチャンスです。

すぐたまは新規会員登録で600mile(300円相当)獲得できる上、40,000mile(20,000円相当)以上の獲得で2,400mile(1,200円相当)も獲得できるキャンペーンをやっています。

登録+利用で合計3,000mile(1,500円相当)が獲得できます。

すぐたまに興味を持たれた方は、以下の画像をクリックすることで登録画面にアクセスできます。

すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!

家族で協力してポイントを貯めるなら【ハピタス】

ハピタス

ハピタス(Hapitas)
ハピタス
交換レート 1ポイント=1円
最低交換ポイント 300ポイントから
月交換限度額 3万円(Polletカードがあれば30万円)
ポイント有効期限 180日間ポイントの獲得が無い場合消失
安全性 SSL ○
プライバシーマーク ○

友達紹介制度が協力で家族でやるならオススメのポイントサイト!

友達紹介で1人紹介でも紹介すれば常時+10%還元率アップ、3人紹介なら25%

現金交換にかかる3日と早く数が手数料も無料

最大81%の交換率でANAマイルに交換可能

1ポイント=1円と初心者にもわかりやすいポイント制度

取り扱っている案件数が多く比較的高額だが、外食モニター案件がない

何らかの理由でポイントが付与されなかった場合でも、対象広告のポイントを保証

VISAプリペイドカードPollet(ポレット)にチャージすれば月間30万円まで交換可能

友達紹介制度が協力で家族でやるのにオススメのポイントサイトです

ハピタスは友達制度が強力なので紹介しているブログも多くあります。

友達紹介で1人でも紹介すれば常時+10%還元率アップ、3人紹介なら25%もポイント還元率がアップします。

 

家族ではじめるコツとしては、メインでポイントサイトを利用する方が家族から紹介を受けて登録するということです。

例えば夫婦でポイントサイトを利用する上でメインで利用するのが夫補助的に利用するのが妻だとします。

このとき最初に登録するのは妻にしましょう。こうすることで夫がガンガンポイントサイトを利用することで、妻はほとんどポイントサイトを利用せずとも毎回紹介数に応じ、10%ないしは25%獲得することができます。

 

もし他ポイントサイトで10,000ポイント獲得できる案件とハピタスで9,000ポイント獲得できる案件だった場合、もしハピタスで3人紹介していれば25%アップとなるので9,000ポイント+2,250ポイントの11,250となるためハピタスのほうがオトクということになります。

ハピタスなら現金交換の際の手数料も無料で早い

ハピタスは現金を貯めたい方にピッタリのポイントサイトとなっています。その理由はポイントの現金交換手数料が無料な上、交換日数も3営業日以内と短いためです。

 

以下がポイントを現金に交換したときの交換手数料と交換完了にかかる日数をポイントサイト5社で比較した表になります。

サイト名手数料交換完了までの日数
ハピタス無料3営業日以内
モッピー30円〜3日以内(土日祝除く)
すぐたま50円〜最大2週間
ちょびリッチ無料3営業日以内
ライフメディア月1回無料4〜10営業日

 

他にもハピタスのポイントはANAマイルにもモッピーと同様に最大81%のレートで交換できます。しかし交換ルートが複雑なためANAマイルを貯めるなら、モッピーorちょびリッチorライフメディアがオススメです。

JALマイルにも50%のレートでしか交換できないのでオススメしません。JALのマイルを貯めるならモッピーに限ります。

初心者にオススメのポイントサイト

1ポイント=1円と非常にわかりやすくサイトも利用しやすいです。SSL対応でプライバシーマークもあります。

また何らかの理由でポイントが付与されなかった場合でも、対象広告のポイントが保証されます。この点は初心者にとって非常に安心なポイントです。

ハピタスのデメリット

モッピーと同じく、外食モニター案件がないので、外食モニター案件だけは別のポイントサイトを利用するようにしましょう。

また、ポイントの交換上限額が月3万円までとなっています。ただしこの点はそれほどデメリットではありません。なぜならプリペイドカードであるPolletカードを作成することで交換上限額が30万円まで増加するからです。

PolletカードはVISA対応しているところではすべて利用可能なので、実質現金と同じです。

ハピタスのキャンペーン

ハピタスの登録時には30ポイントが獲得できます。他社のキャンペーンに比べると少し弱いですね。ただし前述したように家族と協力することで他ポイントサイトに比べ稼ぎやすくなっています。

ハピタスに興味を持たれた方は、以下の画像をクリックすることで登録画面にアクセスできます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

家電を33.3%引きでオトクに買うなら【ライフメディア】

lifemedia

ライフメディア(Life media)
lifemedia
交換レート 1ポイント=1円
最低交換ポイント 500ポイントから
月交換限度額 交換先によって異なります。
ポイント有効期限 最後にポイントを獲得・交換した時点から1年間
安全性 SSL ○
プライバシーマーク ○

家電やガジェット類をオトクに買いたい方にオススメ!

最大81%の交換率でANAマイルに交換可能

東証一部上場企業である株式会社ノジマのグループ企業で20年以上の運営実績があるので安心

1ポイント=1円と初心者にもわかりやすいポイント制度

登録と1回利用だけで500ポイント(500円相当)が獲得できる

商品購入モニター制度がある

初回は無料だが、同月2回目以降の現金(銀行振込)の交換手数料は50ポイント必要。

ノジマポイントとの交換でポイントが1.5倍になります

これがライフメディア独自サービスであり大きなメリットです。ライフメディアのポイントは常時1.5倍でノジマポイントに交換できます。

1,000Lifemediaポイント ÷ 1,500ノジマポイント =  0.667%なので実質33%割引となります。

通常値引きされることのないapple製品なども33%割引で購入できます。これはかなりオトクなポイントです。

近所にノジマがなくても大丈夫

近所に実店舗がなくてもノジマオンラインが利用可能です。

ノジマオンラインで買い物をするときには「ノジマスーパーポイント」を「ノジマオンラインポイント」へ移行する必要があります。

具体的には以下のような交換ルートになります。ライフメディアポイントが1.5倍になる点は同じなので安心してください。

 

ライフメディアポイント →(×1.5倍) ノジマスーパーポイント →(×1.0倍) ノジマオンラインポイント

一部上場企業のノジマのグループ企業で20年以上の運営実績があり

ポイントサイトの中で上場している企業はわずか4社しかありません。そのうちの一つがモッピーでもう一社がノジマのグループ企業のライフメディアです。

やはり大企業なので倒産等のリスクも少なく、安心してポイントを貯めることができます。

商品購入モニター制度があります

モッピーやすぐたま、ハピタスにはない商品購入モニター制度があります。商品購入モニターは対象の商品購入+レシートの提出で購入金額相当のポイントがもらえるものです。

つまり対象商品が実質無料で手に入るとってもオトクな案件です。

ただし、外食モニター制度はないので、外食モニター制度を利用するならちょびリッチに登録しましょう。

ポイントサイト初心者にオススメ

ライフメディアは1ポイント=1円でわかりやすく、運営も大手で安心です。またSSLへの対応とプライバシーマークもあるのでポイントサイト初心者にオススメです。

ライフメディアのデメリット

ライフメディアはバランスのいいポイントサイトですが、外食モニター案件はありません。またJALマイルとの交換レートが50%とあまりよくありません。

ライフメディアのキャンペーン

1ポイント以上の獲得と交換をするだけで500ポイント(500円相当)が獲得できます。

ライフメディアに興味を持たれた方は、以下の画像をクリックすることで登録画面にアクセスできます。

ライフメディアへ無料登録

楽天やyahooでお買いものするなら【ちょびリッチ】

ちょびリッチ

ちょびリッチ
ちょびリッチ
交換レート 2ポイント=1円
最低交換ポイント 1,000ポイント(500円)から
月交換限度額 1日60,000ポイントまで
ポイント有効期限 最後のポイント獲得から1年以上ポイント獲得がない場合消失
安全性 SSL ○
プライバシーマーク(TRUSTe) ○

楽天市場は最大15%、yahooショッピングは最大35%とう高い還元率!

商品購入モニター、外食モニター制度がある

対象コンテンツの最大15%がボーナスポイントとしてもらえるランク制度がある

一度でもプラチナランク(最高ランク)になり、ちょびリッチ入会から1年以上経過している人は、永久にゴールド会員(10%還元)

現金交換の場合、楽天銀行と住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行なら、手数料無料で3営業日以内に交換可能

ANAマイルに最大81%で交換可能

1日6万ポイントまでの換金制限がある

メールアドレスではなく会員番号でログインが面倒

Yahooは最大35%ポイント還元、楽天は最大15%ポイント還元

Yahoo!ショッピングで購入金額の最大35%が還元されます。高還元ショップは対象ショップ限定ですが、常時6,000ショップ以上が対象なのでお目当てのショップがあるのではないでしょうか。

 

また楽天市場では対象ショップ限定で、最大15%還元となっています。

外食モニター、商品購入モニター制度もあります

モッピーやすぐたま、ハピタスにはない外食モニター制度もあります。ライフメディアも商品購入モニターはありますが、外食モニター制度はありません。

わたしが見つけた中ではなんと最大500%もの還元率がありました。500%ということは食べた金額の5倍がポイントとして還元される信じられないくらいオトクな案件です。下記のモニター案件は1,000円分の食事をすれば10,000ポイント(5,000円相当が獲得できます。)

ウエルシアで毎月20日は33%オフに

ドラッグストアのウエルシアでは毎月20日のお客様感謝デー(ウエルシアデー)にTポイントを1.5倍で利用することができます。

ちょびリッチはそんなTポイントへの直接交換も可能な上、交換日数も早く、翌日には交換完了と他のポイントサイトと比較してかなり早いです。

サイト名経由サイト手数料交換完了までの日数
ちょびリッチ直接交換無料翌日
モッピー直接交換無料3日以内
すぐたま直接交換50円最大3週間
ハピタスドットマネー無料3営業日+4営業日
ライフメディアドットマネー無料翌営業日+4営業日

 

ウエルシアでTポイントが1.5倍になるのは月に1日しかないので、すぐにTポイントに交換反映させるちょびリッチポイントは非常に魅力的です。次点でモッピーも3日で交換可能なので十分に使い勝手がいいです。

ランク制度により使えば使うほどオトクにポイントが貯まる

ちょびリッチには対象コンテンツの最大15%がボーナスポイントとしてもらえるランク制度があります。

一度でもプラチナランク(最高ランク)になり、ちょびリッチ入会から1年以上経過している人は、永久にゴールド会員(10%還元)になることができます。

ちょびリッチのデメリット

そこまでいっぺんに交換する機会は少ないですが、1日6万ポイント(3万円)までという換金制限があります。

小さなことなのですが、他のポイントサイトは基本的にメールアドレスとパスワードでログインできるのですが、ちょびリッチは会員番号でのログインとなっており、番号を覚えにくい点がデメリットです。

ちょびリッチのキャンペーン

1ポイント以上の獲得で500ポイント(250円相当)が獲得できます。

ちょびリッチに興味を持たれた方は、以下の画像をクリックすることで登録画面にアクセスできます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

まとめ

ポイントサイト比較
  • ANAマイルとJALマイルを貯めるならモッピー
  • JALマイルを貯めるならモッピー
  • ANAマイルを貯めるならライフメディアorちょびリッチ
  • 現金を貯めるならハピタスorちょびリッチ
  • ホテルの無料宿泊券と交換するならすぐたま
  • 家電をオトクに買い物するならライフメディア
  • ウエルシアでオトクに買い物するならモッピーorちょびリッチ

以上、ポイントサイト徹底比較【それぞれのサイトの特徴と得意ジャンル】でした。

ポイントサイトに登録したあとはポイントサイトの稼ぎ方【効率よく稼げる案件の種類とその探し方】を見てポイントをガンガン稼いでいきましょう。

 

もちろんポイントサイトはいくつ登録しても大丈夫なので、とりあえず登録ポイントをもらってから、自分にあったものだけを厳選してメインサイトとして利用ししていくという方法もオススメです。


モッピーの登録は下の画像リンクから↓

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

すぐたまの登録は下の画像リンクから↓

すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!

 

ハピタスの登録は下の画像リンクから↓

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

ライフメディアの登録は下の画像リンクから↓

ライフメディアへ無料登録

 

ちょびリッチの登録は下の画像リンクから↓

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ