ANA・JALマイルの貯め方
今すぐマイルを貯める

PontaとJALの関係性〜交換方法からキャンペーン登録まで

  • pontaってJALのマイルに交換できるのかな?
  • 交換方法と交換にかかる日数は?
  • pontaとJALの交換レートは?キャンペーンはあるの?
  • JALのpontaコースって何?

PontaとJALのマイルの交換方法、交換レートとスケジュールなどPontaとJALに関するすべてを解説します。また、いつ交換するのがオトクなのかキャンペーン情報も書いています。

これを読めばPontaとJALの関係性はバッチリ理解できますよ♪

もっつ
もっつ

Pontaをマイルに直接交換できるのはJALだけです。基本的にANAのマイルには交換できません。どうしても交換したい方はpontaを一旦JALのマイルに交換した後でANAのマイルにする必要があります。

JALとANAのマイルを相互交換をしたい方は以下の記事をご覧ください。

JALマイルをANAマイルに交換する方法【最大交換率は81%】
中途半端なJALマイルをANAマイルへ交換したい方へ。JALマイルからANAマイルへ交換する手順・交換にかかる日数・交換前の事前準備についてまとめました。JALマイルからANAマイルは81%と高いレートで交換できます。

PontaからJALのマイルへの交換率は50%

通常PontaとJALの交換率は50%です。つまり10,000ポンタポイントがJALの5,000マイルになります。最低で2Pontaポイント→1JALマイルから交換できます。

使い方によりますが、JALのマイルは1マイルあたり2円以上の価値はあるので十分に交換する価値はあります。

交換にかかる時間も短くおよそ1週間程度で交換できます。JALのマイルの有効期限は交換完了日から36ヶ月(3年)です。年間交換上限もないのでポイントが許す限り交換可能です。

反対にJALのマイルからPontaに交換する場合の交換レートは

【3,000マイル以上10,000マイル未満の場合】2マイル → 1Pontaポイント
【10,000マイル以上の場合】1マイル → 1Pontaポイント

となっています。最低3,000マイルからの交換となります。有効期限は交換完了日から1年間と短いので注意が必要です。1マイル2円以上の価値はあるので、JALのマイルからPontaへの交換はオススメしません。

PontaとJALのマイルを相互交換するにはJMB×Pontaの会員登録が必要です。では登録方法を見ていきましょう。

pontaとJALのマイルを交換するための準備

JMB×Pontaの会員登録をするにはまず、

  • pontaID
  • リクルートID

これら2つのIDが必要になります。PontaIDはPontaカード裏面に記載の15桁の番号です。リクルートIDはじゃらん、ホットペッパービューティー、ホットペッパーグルメ、ポンパレモールどれかに登録していれば共通で利用可能なメールアドレスのことです。

リクルートIDををまだ作成されていない方は公式サイトから新規利用手続きを済ませておいてください。リクルートIDの新規作成を進めると、自動的にPontaIDを入力する画面になるので、15桁のPontaIDを入力します。

PontaIDを入力したリクルートIDを準備された方はPontaの公式サイトにアクセスしましょう。

みなさんJMB(JALマイレージバンク)にはすでに登録済みだと思いますので、画面右のJMB×Ponta会員登録から登録を行います。

続いてPontaWebにログインをクリックします。

リクルートIDをとパスワードを入力しクリックします。

するとJALのページに飛ぶのでJALのお客様番号とパスワードを入力しログインします。もしウマくいかない場合は一度ログアウトして試してみてください。

あとはJAL×Ponta会員登録するをクリックすればJALとPontaの連携完了です!

会員登録完了画面で「Pontaコースお申し込みはこちら」と案内が出ますが、これは全然オトクじゃないんで無視してオッケーです。

JALのPontaコースは申し込む意味なし

JALの「Pontaコース」がなぜオトクじゃないか説明します。その理由はPontaコースに申し込むとJALのフライトでPontaポイントが貯まりますが、かわりにJALマイルが貯まらなくなるからです。

しかもフライトで貰えるPontaとJALのマイルが同数なんです。例えば同じ1,000Pontaポイントと1,000JALマイルなら、絶対にマイルのほうがオトクですよね。

なのでJALのPontaコースには申し込まないようにしましょう。

JMB×Ponta会員に登録しているとキャンペーンでPontaがもらえます。

JMB×Ponta会員に登録して対象運賃でJAL便に乗るだけでPontaがもらえます。たとえば、2018年夏にやっているキャンペーンは羽田から北海道行きのフライトに登場すると片道につき400Pontaがもらえます。

キャンペーン登録が必要です。また、マイルで交換した特典航空券ではPontaはもらえないので注意が必要です。

2018年春には羽田→九州便で片道400Pontaが貰える同様のキャンペーンをおこなっていました。

JALではこのようなキャンペーンを頻繁にやっており、今後もおよらく同様のキャンペーンが行われると思います。PontaとJALのマイルを交換する予定がなくても、JMB×Ponta会員には登録しておきましょう!

PontaとJALの交換レートアップキャンペーンは年度末に

通常、Ponta→JALの交換レートは50%でが、キャンペーン中なら貰えるマイルが20%アップします。つまり10,000Pontaを交換すると

10,000Pontaポイント→5,000マイル

5,000マイル×20%=1,000マイル

5,000マイル+1,000マイル=6,000マイルとなります。

このようにキャンペーン期間だと還元率が60%にアップします。

直近だとキャンペーンは2018年3月1日~2018年3月31日でやっていました。同様のキャンペーンが2017年にもあったのですが、2019年度のキャンペーンは行われませんでした。

まとめ

PontaとJALの関係性
  • JALの「Pontaコース」には申し込む必要なし。
  • 通常Ponta→JALの交換レートは50%です。
  • 1マイル=2円以上の価値はあるのでPonta→JALの交換は悪くない選択肢です。
  • 反対にJAL→Pontaは最高でも1対1の交換率なので交換しないほうがいい。
  • Ponta→JALは約1週間で交換可能でマイルの有効期限は36ヶ月(3年)です。
  • 2018年度末にあったキャンペーンではPonta→JALの交換レートは60%です。
公開日:2018年6月27日