QRコード決済を比較した結果、LINE Payをオススメする理由

  • スマホを使ったQRコード決済って種類がたくさんあってよくわからない(それぞれどんな違いがあるの?)
  • PayPayで不正利用があったけど他のQRコード決済は大丈夫?

100億円の巨大キャンペーンに打って出たソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の共同出資会社であるPayPayですが、2018年12月中頃から大規模な不正利用がありました。

実際にわたし自身も50万円近く不正利用されてしまいました。不正利用の手口や対策方法などの詳細は以下の記事でまとめています。これはPayPayを利用されていない方も被害にあう可能性が有ります。

自己防衛のためにもぜひ一度お読みください。

PayPayで約50万円のクレカ不正利用の被害に遭いました【原因と対策】
PayPayの不正利用の原因は?PayPayの不正利用の対策方法を知りたい。PayPayの不正利用に遭ったらどういう手続きを取ればいい?このような疑問にお答えします。PayPayの不正利用の原因と対策方法についてまとめました。

そんなPayPayを始めとしたQRコード決済ですが、今まさに戦国時代を迎え、たくさんの企業が参入してきています。

日本でのキャッシュレス決済はまだ10%以下で、どこも覇権を握ろうと様々なキャンペーンをおこなっています。

PayPayの100億円還元や、LINE Payの20%還元、origami payの吉野家半額など、オトクにQRコード決済を利用するなら今がチャンスです。

QRコード決済の波に乗ってオトクに利用しちゃいましょう。

2020年の東京オリンピックや2025年の大阪万博を目標とした、キャッシュレス社会の到来は目の前に来ています。QRコード決済のおさらいするなら今のうちですよ。

 

主要なQRコード決済を比較した結果、どれか一つ選ぶならLINE Payです。そのあたりの理由をまとめました。

もっつ
もっつ

PayPay不正利用事件もあり、QRコード決済において不安なのがセキュリティ面ですよね。そのあたり各社がどういった対応をとっているのかも書いています。

QRコード決済はどれくらいの種類がある?

まずはQRコード決済サービスにはどれくらいの種類があるか見てみましょう。

  • LINE Pay
  • PayPay
  • Origami Pay
  • 楽天ペイ
  • Amazon Pay
  • paymo
  • pring
  • d払い
  • Pay ID
  • pixiv PAY
  • Smash Pay
  • EPOS Pay
  • &Pay
  • atone

ざっと書いただけでも15種類近くあります。これだけ種類があると、どのサービスを利用すべきか非常にわかりにくいですよね。

実際これらすべてのQRコード決済サービスを利用することは現実的ではありませんし、管理しきれません。

またQRコード決済サービスはおそらく、今後かなりの数が淘汰されていくでしょう。

 

そのため今後生き残りそうなQRコード決済サービスを4つだけ厳選して比較しました。これら4つのQRコード決済サービスを抑えておけば、まず違いないです。

主な4つのQRコード決済
  • LINE Pay
  • Origami Pay
  • 楽天ペイ
  • PayPay

 

主な4つのQRコード決済には以下のような特徴があります。

LINE Payorigami PayPayPay楽天ペイ
運営会社LINE株式会社株式会社OrigamiPayPay株式会社楽天株式会社
還元率0.5〜2%※1支払額が2%OFF0.50%0.50%
決済確認LINEで通知メールで通知アプリ内通知メールで通知
支払限度額100万円100万円50万円20,000円※2
支払い方法クレカ(実店舗は不可)、現金クレジットカードクレカ、現金クレカ
店舗手数料無料※3最大3.25%無料※43.24%〜3.74%
使えるお店こちらこちらこちらこちら
個人間送金実装予定

※1、2018年8月1日から2019年7月31日の1年間は3.5〜5%

※2、レギュラーランクは4,000円まで

※3、2021年8月以降の決済手数料は2.45%

※4、2021年9月以降は未定

※5、アプリ決済の決済手数料は3.24%、カードはブランドによって3.24%もしくは3.74%


applepayも今後利用されていくとは思いますが、少し方向性が異なるので今回の比較からは外しました。

applepayはsuicaなど主要な電子マネーをスマホ1台にまとめて利用できるサービスであり、QRコード決済とは勝手が異なります。

主なQRコード決済の特徴とセキュリティ対策

スマホやQRコード決済アプリを起動させるために、指紋認証や暗証番号の入力による本人確認が必要です。

またiPhoneであれば、紛失時にパソコンから遠隔操作でロックすることができるので、第三者の不正操作を阻止することもできます。

もしスマホが第三者の手に渡った場合でも、不正利用を防ぐことができるので、QRコード決済はセキュリティ的にクレジットカードよりも優れています。

LINE Payの特徴

  • プリペイド(事前チャージが必要)なサービスです。
  • クレジットカードによるチャージはLINE関連サービスでしか利用できないので、使い道はほとんどないです。(LINEポイントとクレジットカードポイントの二重取りはできません。)
  • LINE Payを使う前にスマホを使って紐づけた銀行口座からチャージするか、コンビニでチャージする必要があります。
  • LINE Pay残高が一定以下になれば、口座から自動でチャージされるオートチャージ機能もあります。
  • ローソンやファミリーマートをはじめとして、加盟店が100万店舗以上と非常に多いです。
  • また還元率も最大5%と非常に高いです。
  • ユーザー間の送金手数料もかからず24時間365日いつでも利用できます。
  • 2019年早期には中国のWeChatPayユーザーが、2019年内には韓国のNaverPayユーザーが、LINE Pay加盟店で決済できるようになる予定です。

LINE Payのセキュリティ対策

  • LINE Payのロックに加え、スマホのロック、LINEのロックと3重にセキュリティをかけることができます。
  • LINE Payで決済するとその都度LINEのメッセージで通知がきます。
  • 複数の端末で同時にLINE Payは利用できません。
  • 第三者による不正利用が発覚した場合、10万円を上限に補償されます。

origami Payの特徴

  • ポイントで還元ではなく、支払いが2%割引されます。
  • 主な加盟店舗はローソン、ケンタッキーなどありますが、まだ数は少ないです。
  • 加盟店舗で10%クーポンやローソンで毎日アイスコーヒー無料など独自クーポンが豊富です。
  • 特徴支付宝(アリペイ)もオプションでつけられます。

origami Payのセキュリティ対策

  • 利用の都度、決済明細書がメールで届くので不正利用されたときにすぐに気づくことができます。
  • iPhone の場合、支払いの際に、生体認証(Touch ID/Face ID)での認証を設定できます。
  • Android の場合、支払いの際に、4桁のパスコード認証を設定できます。

PayPayの特徴

  • Yahooとsoftbankによる共同出資会社で、100億円還元などキャンペーンが強力です。
  • Yahoo!マネーでも支払い可能です。
  • Yahooショッピングでも利用可能予定なのであらゆるものが購入可能になります。

PayPayの安全対策

  • 同一クレジットカードを複数のアプリに登録可能なのでセキュリティ的に不安があります。
  • また通知もアプリ内通知だけなので、第三者のアプリに自分のクレジットカードを勝手に登録され使用されると気付きません。
  • 個人的にPayPayはセキュリティ廻りが強化されるまではオススメしません。

楽天Payの特徴

  • QRコード決済だけではなくnanacoやsuicaを登録し使用可能です。
  • 1回で支払い金額が少ないです。最大2万円で楽天のランクがレギュラーランクだと4,000円までしか利用できません。
  • 楽天スーパーポイント(期間限定ポイントでもオッケー)での支払いも可能です。
  • ローソン、ファミリーマートで利用可能ですが、まだ利用可能店舗数は少ないです。

楽天Payの安全対策

  • 利用の都度、決済明細書がメールで届くので不正利用されたときにすぐに気づくことができます。

QRコード決済で一番のオススメはLINE Pay

LINE Pay、Origami Pay、楽天ペイすべてが使える状況なら、私は迷わずLINE Payを利用します。

なぜならLINE Payは他のQRコード決済サービスに比べ、還元率も高い上、一手間加えるだけで、さらに還元率以上に価値を高めることができるからです。

 

LINE Payで貯まるLINEポイントを還元率以上に価値を高める方法は、ANAマイルに交換することです。

LINEポイントは81%のレートでANAマイルに交換することができます。楽天ポイントとANAマイルの交換レートは50%なので、LINEポイントがいかに破格のレートかわかっていただけると思います。

ANAの1マイルは少なくとも約2円の価値があり、繁忙期やビジネス・ファーストクラスの航空券と交換すれば1マイル数十円もの価値があります。

そんなLINEポイントを高効率でANAマイルに交換する裏ワザは以下の記事で詳しくまとめています。

ANAマイルを貯める裏ワザ2019【知ってる人はもうやってる】
海外旅行に行くためにANAマイルを貯めはじめたけど、クレジットカード使ってもあんまり貯まらないとお嘆きの方へ。ANAのマイルがラクにたくさん貯まる裏ワザ教えます。 ANAのマイルを貯めるにはこの方法しかない!と確信できますよ。

 

LINE Payは毎月の利用金額によってマイカラーというものが設定され、それによって還元率が決まります。

毎月の決済額の基準は以下のようになっています。

  • 《グリーン》決済金額 : 10万円/月
  • 《ブルー》決済金額 : 5万円~9万9,999円/月
  • 《レッド》決済金額 : 1万円~4万9,999円/月
  • 《ホワイト》決済金額 : 0円~9,999円/月

毎月10万円以上のグリーンや、5万円以上のブルーはなかなか難しいかもしれませんが、1万円以上のレッドはかなり現実的です。
3.8%の還元率は他のQRコード決済サービスと比較しても最高率を誇ります。

LINE Payは店舗の導入手数料も低いため、加盟店舗が多く利用機会も多いでしょう。またLINEユーザーも多いので、今後も生き残る可能性が高いと思われます。

まとめ

QRコード決済比較
  • 主なQRコード決済サービスはLINE Pay、origami Pay、楽天ペイ、PayPayの4種類
  • LINE Payは還元率も高く、利用可能店舗も多いのでイチオシ
  • LINEポイントをANAマイルに交換すれば、1ポイント当りの価値をさらに高めることができる
  • origami Payは独自のクーポンが特徴的、使える店舗は少ないがオトク
  • 楽天ペイはQRコード決済にも利用可能だが、還元率が低くまだまだ利用可能店舗も少ない
  • PayPayはセキュリティ的に不安が残る

以上、QRコード決済を比較した結果、LINE Payをオススメする理由でした。