✔ ダウンロード可能な動画配信サービス全7社徹底比較【今ならすべてタダ!】

ANAマイルの一番ラクな貯め方はこれ!【めんどくさがり屋の方へ】

ANAマイルの一番ラクな貯め方はこれ!【めんどくさがり屋の方へ】
  • ANAのマイルを貯めたいけど、効率のいい貯め方がわからないよ。
  • 普段ほとんど飛行機に乗らないんだけど、ANAのマイルを貯める方法はあるの?

ANAのマイルを貯めて海外旅行に行こうと思って、クレジットカードでマイルを貯め始めた方へ。

クレジットカードでANAのマイルって思った以上に貯まらないですよね。

もうそんな効率の悪いANAのマイルの貯め方とはオサラバしましょう。

実はANAマイルを貯めるには、フライトもクレジットカードもオマケに過ぎないんです。

 

飛行機に乗らなくても、クレジットカードを使わなくても効率よくラクしてANAのマイルを貯める方法はあります!

 

この記事では5つの主なANAマイルの貯め方を比較し、いくら使えばどれくらいのANAマイルが貯まるのか、貯めやすさの目安をまとめています。

読めば、一番ベストなANAのマイルの貯め方がわかります。

 

ANAマイル

もっつ
もっつ

仕事で年に一度も飛行機に乗らないめんどくさがり屋の私でも、1年でこれだけのANAマイルが貯められました。この記事を読めば、絶対誰でも貯められます。

 

2〜3分くらいで読み終わるので、ANAマイルを貯めてお盆の帰省や、海外旅行に使いたいという方は、ぜひお付き合いください。

スポンサーリンク

ANAマイルの主な貯め方は全部で5パターンあります。

5種類のANAマイルの貯め方
  1. ANA(スターアライアンス)のフライトで貯める
  2. クレジットカードを使ったショッピングで貯める
  3. ホテル宿泊で貯める
  4. ポイントを交換して貯める
  5. 【最重要!】ポイントサイトを利用して貯める

ANAのマイルを貯める主な方法は上の5種類です。

これら5種類のANAマイルの貯め方は、それぞれ効率の良さが違うので、全部頑張らなくていいです。

 

効率よくラクな方法だけやりましょう。

 

どの方法が一番効率よくANAマイルを貯められるのか、それぞれの特徴や効率を解説していきます。

いくら使えばどれくらいのANAマイルが貯まるのか、比較表でもまとめています。

ANA(スターアライアンス)のフライトでマイルを貯める

みなさんもご存知の通り、一般的なANAマイルの貯め方です。

フライトで獲得できるANAマイルは、搭乗路線の距離や運賃によって変わります。

 

国内線も国際線も基本的に搭乗距離が長く、運賃が高くなればなるほど、獲得できるマイルが増えます。

獲得マイルが多いのは
  • 韓国 < ハワイ
  • エコノミークラス < ビジネスクラス

といったカンジです。

 

獲得マイル単価は路線やチケットの種類によって大きく異なりますが、目安として航空券100円につき5マイルくらいが貯まります。

 

しかし、仕事などで飛行機に乗る機械がないと、フライトでANAマイルを貯めるのは難しいですね。

フライトでANAマイルを貯めるには物理的な限界があります。

 

フライト区間と料金別の詳しい獲得ANAマイルは公式サイトから検索することができます。

ANA SKY WEB : ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

 

ANA便以外でもマイルは貯まります

スターアライアンス

ANA便以外でもスターアライアンスに加盟している便に搭乗すれば、搭乗した航空会社のマイルの代わりにANAマイルを貯めることができます。

上記の画像の航空会社がスターアライアンスに加盟しています。

 


 

逆にANA便に乗って違う航空会社のマイルに付けることもできます!

 

もっつ
もっつ

わたしはANA便に乗ったときはユナイテッド航空のマイルに付け替えるようにしています。

 

なぜならユナイテッドマイルは5,000マイルで、ANA便2区間に乗ることができるからです。

ユナイテッドマイルは、ANAのマイルを貯めてANAに乗るよりオトクなんです!

その他にもユナイテッドマイルには、ANAにはないメリットがここには書ききれないくらいあります。

そんなユナイテッドマイルの貯め方と使い方を1から10まで解説しているのでぜひご覧ください。

クレジットカードを利用して貯める

2つ目はクレジットカードを使ったショッピングでANAマイルを貯める方法です。

普段あまり飛行機に乗る機会がない方は、この方法でANAマイルを貯めている方が多いと思います。

 

貯め始めてまずはじめに思うのが、全然ANAマイルって貯まらないですよね。

 

それもそのはず、ANAのクレジットカードで貯まるマイルは良くて1.5%くらいです。つまり1,000円で15マイルです。

レギュラーシーズンのハワイの特典航空券との交換に必要な40,000マイルを貯めるには、約270万円も使わないといけません。

結局、収入以上のお金は使えないので、クレジットカードでANAマイルを貯めるのも、限界があります。

 

そのためクレジットカードでJALマイルを貯めるのは、あくまでオマケ程度と考えておきましょう。

ANAカードをまだ作ってない方はチャンスです!

ANAカードをまだ作っていない方は、いつ、どうやって作るかがかなり大事です。

ANAのクレジットカードは申し込み時期によって、貰えるマイルが全然違います。なんと最大で70,000マイル以上貰えることもあります。

ぜひ当ブログ(どこいく?)でANAカードの損しないキャンペーン時期と申込方法をチェックしてみてください。

ホテルの宿泊で貯める

これが3つ目のANAマイルを貯める方法です。

ANAの@ホテルという予約サイトを使えば、100円につき1マイルが獲得できます。

ただし、楽天やじゃらんに比べ、ホテル数が少ないのと料金が高めの傾向があります。

そのため、事前に楽天やじゃらんの料金を調べつつ、@ホテルで予約するようにしましょう。

 

ANAマイルが貯まる量 = ホテルに泊まる回数です。

そのためこの方法でANAマイルを貯めるのにも限界があります。

出張がない方だと月に1回もあればいい方ではないでしょうか。

10,000円のホテルの月1回泊まったとしても、年間で1,200マイルしか貯まりません。

ポイント交換で貯める

4つ目の方法は楽天ポイントやTポイントをANAマイルに交換する方法です。

1ポイントは0.5ANAマイルに交換可能ですが、交換レートがあんまり良くないので、がっつりANAマイルを貯めるのは難しいです。

 

楽天ポイント10倍とかで貯まるポイントは期間固定ポイントなので、残念ながらANAマイルに交換できません。

つまり通常獲得できる100円につき1ポイント分しか0.5ANAマイルに交換できません。

 

この方法もクレジットカードでANAマイルを貯めるのと同様、利用金額(収入)の限界があります。

ポイントサイトで貯める【最重要!】

ポイントサイトを利用してANAマイルを貯めるのが、一番効率よくマイルを貯める方法です!

この方法は上で解説したポイントを交換するのと似てますが、大きく違います。

 

その違いは、収入の壁を超え、元手なしでできることです。

 

例えばポイントサイトを利用すると無料のクレジットカードを作るだけで、5,000マイル以上をカンタンに貯めることができます。

他にも食事や美容室などポイントサイトを使えば、以下のような普段の生活全てをANAマイルに変えることができます!

ポイントサイトを使えばこんなことでもANAマイルが貯まる
  • 買い物(楽天やAMAZONなど)
  • 外食
  • デリバリー
  • ホテルの予約
  • 美容室
  • エステ
  • アプリのダウンロード
  • クレジットカードの作成
  • 動画配信サービスの利用
  • FXや銀行口座の作成

などなど

もちろんクレジットカードのポイントや楽天ポイントも、ポイントサイトのポイントとは別に獲得できるので、ポイントの三重取りが可能です。

 

爆発的にANAマイルを貯めるならこの方法一択です!

飛行機に乗らずANAマイルを貯める『陸マイラー』と呼ばれる人たちにとっては、王道の方法です。

ANAマイルを貯めたいならポイントサイトの活用は必要不可欠だと言い切れます。

ポイントサイトを半年も使っていれば、誰でもカンタンにハワイ行き特典航空券に必要なANAマイルは貯まりますよ。

 

ANAマイルを本気で貯めている人はみんな絶対にポイントサイトを使っています。

ポイントサイトでANAマイルを貯めることは誰でもできる、非常に再現性の高い方法です。

 

ポイントサイトを使ったANAマイルの貯め方は、『ANAマイルを貯める裏ワザ2018』をご覧ください。

 

もっつ
もっつ

実際にわたしも9割以上のANAマイルをこの方法で獲得しました。フライトやクレジットカードで貯まるマイルはあくまでオマケです。

ANAマイルの貯め方まとめ

ANAマイルを貯める方法
  • ANAマイルを貯めるにはフライト、クレジットカード、ホテル、ポイント交換、ポイントサイトの5種類があります。
  • 最も効率よくANAマイルを貯めるならポイントサイトの利用が欠かせません。
  • 陸マイラーは全員使ってると言っても過言ではありません。
  • フライトやクレジットカードの利用はあくまでオマケにすぎません。

 

最後にANAマイルの貯めやすさを一覧表にしてみました。比較してみるとポイントサイトがどれだけ効率いいかわかります。

 

フライトで貯めるクレジットカードで貯めるホテル宿泊で貯めるポイント交換で貯めるポイントサイトで貯める
貯まりやすさ100円で5マイル程度100円につき1.5マイル程度100円につき1マイル100円につき0.5マイル無料で5,000マイル以上
貯める限界出張がないと無理利用額に限界がある出張がないと無理利用額に限界がある元手なしで生活全てがマイルになる!

 

コメントをどうぞ