✔ ダウンロード可能な動画配信サービス全7社徹底比較【今ならすべてタダ!】

ユナイテッドマイルが貯まるオススメクレジットカード3枚【厳選!】

【厳選!】ユナイテッドマイルが貯まる オススメクレジットカード3枚

この記事はユナイテッド航空のマイルを貯めようと考えている方向けです。

ユナイテッド航空のマイルの貯め方には色々な方法がありますが、やはり王道はクレジットカードで貯める方法です。

ユナイテッド航空のマイルを貯められるカードは10種類以上あるのですが、検討に値するカードはそれほど多くありません。

30枚以上クレジットカードを作ってきた私が、あなたにあった『ニーズ別に3枚だけ』厳選しました。

この3枚だけを検討しておけば間違いないです。

クレジットカードを作るときに、どこを重視すべきか、という話から3枚のクレジットカードをピックアップしています。

3分くらいでサクッと読み終わるので、見ていきましょう。

SPGアメリカン・エキスプレス・カードMileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージMileagePlus MUFGカード
カードSPGAMEXMileagePlus MUFGプレステージカードMUFGカード
オススメ度
特徴40社以上のマイルが貯められる上、無料宿泊券が付いてくる。海外利用で最大3%のユナイテッド航空のマイルが貯まる年会費2,000円で最大1.5%のユナイテッド航空のマイルが貯まる
還元率1.25〜1.375%2.0〜3.0%1.0〜1.5%
公式サイト申し込み申し込み申し込み
スポンサーリンク

まずはクレジットカードの選び方を知りましょう

まずはクレジットカードの選び方を知りましょう

 

あなたはどっちのタイプ?
  • マイルが貯まりにくくてもいいから、とにかく年会費が安いクレジットカードがいい
  • 年会費がかかるが、マイルが貯まりやすいクレジットカードがいい

あなたはどちらのタイプに当てはまりますか?基本的にクレジットカードの選び方はたったこれだけです。

クレジットカードの年会費と、マイル還元率や付帯するサービスは比例します。

クレジットカードでマイルを貯めるコツは、支払いを1枚のカードに集中させることです。

1枚のカードを重点的に使っていくことになるので、貯めるマイルはユナイテッド航空だけでいいのか、それとも将来的にANAやJALも貯めたいのか、そのあたりも検討してメインとなるクレジットカードを選びましょう。

 

もっつ
もっつ

たしかに、ユナイテッド航空のマイルは使い勝手がいいです。

しかし、過去にも必要マイル数の引き上げがあったり等、マイルは常に制度改悪との戦いです。

そのためマイルは分散して貯めておくことをオススメします!

 

わたしがオススメするユナイテッド航空のマイルがたまるクレジットカード3枚

わたしがオススメする、ユナイテッド航空のマイルが貯まるクレジットカードは以下の3枚です。

SPGアメリカン・エキスプレス・カード
SPGAMEX
本会員年会費 ポイント還元率 ポイント名 国際ブランド
初年度 2年目以降
31,000円 31,000円 1.25% マリオットポイント
家族カード年会費 マイル還元率 ETC年会費 対応電子マネー
初年度 2年目以降
15,500円 15,500円 1.25% 無料(発行手数料918円)

ユナイテッド以外のマイルにも興味があり、ホテルライフも充実させたい方にオススメ!

カード継続の度、1泊1室(2名まで)の無料宿泊特典を獲得

無料宿泊券にブラックアウト期間はなし

自動的にSPGとマリオットの上級会員資格が付与

チェックアウト時間の延長(14:00)や部屋のアップグレード特典が貰える

ユナイテッド以外にもANA・JALを含む40社以上の航空会社のマイルに1.25%の高い還元率で移行可能

ユナイテッドマイルなら1.375%の高還元率。

31,000円と高い年会費。

MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ
MUFGゴールドプレステージ
本会員年会費 ポイント還元率 ポイント名 国際ブランド
初年度 2年目以降
15,000円
リボ払い設定時12,000円
15,000円
リボ払い設定時12,000円
2.0〜3.0% マイレージプラス
家族カード年会費 マイル還元率 ETC年会費 対応電子マネー
初年度 2年目以降
3,000円 3,000円 2.0〜3.0% 無料

とにかくユナイテッドのマイルを貯めたいという方はこれ一択!

ユナイテッドマイルに特化した高い還元率

リボ払い設定時、海外利用で3%の還元率

国内利用でも2%と最高級の還元率

リボ払い設定で年会費が3,000円引の12,000円

リボ払いの手数料減額のため繰り上げ返済の手続きが必要

MileagePlus MUFGカード
MUFG
本会員年会費 ポイント還元率 ポイント名 国際ブランド
初年度 2年目以降
5,000円
リボ払い設定時2,000円
5,000円
リボ払い設定時2,000円
1.0〜1.5% マイレージプラス
家族カード年会費 マイル還元率 ETC年会費 対応電子マネー
初年度 2年目以降
1,000円 1,000円 1.0〜1.5% 無料

年会費と還元率のバランスが良く、クレジットカードに高い年会費は払いたくないという方に是非オススメ!

リボ払いの設定で年会費はなんと2,000円

1.5%の高い還元率

リボ払いの手数料減額のため繰り上げ返済の手続きが必要

2枚のMileagePlus MUFGカードは、今後ユナイテッド航空のマイルしか貯める予定がない方向けです。

SPGアメリカン・エキスプレス・カードの年会費の高さが目に付きますが、十分に元が取れます。

どんな人にオススメ?

それでは詳しい比較を見ていきましょう。

SPGアメリカン・エキスプレス・カードとMileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージの比較

SPGアメリカン・エキスプレス・カードは以下のようなメリットがあります。

  • カード継続時に1泊2名で利用可能な無料宿泊券のプレゼント
  • SPG、マリオット、リッツ・カールトンの上級会員資格の付与
  • レイトチェックアウト、部屋のアップグレード特典
  • ANA、JALを含む40社以上のマイル還元率が1.25%
  • ユナイテッド航空のマイルであれば1.35%のマイル還元率(ユナイテッド航空のみ優遇)
  • 空港ラウンジ利用、手荷物無料宅配サービス、旅行傷害保険、航空便遅延補償が自動付与

中でもカード継続時にもらえる無料宿泊券は大きなメリットです。

宿泊券との交換が50,000ポイント以下に設定されているホテルに無料で宿泊できます。

ホテルごとに設定されているポイントはこちらからご覧ください。

無料宿泊対象ホテル

リッツカールトンやマリオット、シェラトン、ウェスティンなど誰もが知る高級ホテルにも無料宿泊可能です。

カテゴリー7はオフシーズン時には50,000ポイントとなるので、無料宿泊券で宿泊可能です。カテゴリー6はピークシーズン時には60,000ポイントとなるので宿泊できません。

SPGアメリカン・エキスプレス・カードで貯められる40社以上の航空会社はこちらからご覧ください。

ANAやJAL、ユナイテッド航空、ブリティッシュエアライン、シンガポール航空、タイ国際航空など主要な航空会社はすべて押さえています。


SPGアメリカン・エキスプレス・カードとMileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージの比較

MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージのユナイテッド航空のマイル還元率が最大3.0%となるのは海外利用時だけです。基本的にマイル還元率は国内利用の2.0%で考えておけばいいでしょう。

なお、還元率2.0%にするにはリボ払いの設定が必須です。(リボ払い設定をしないと還元率は1.5%)

リボ払い手数料を抑えるためには、毎月繰り上げ返済が必要なのでそこが少々面倒です。


SPGアメリカン・エキスプレス・カードMileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージの19,000円の年会費の差は、ホテルの無料宿泊と、上級会員ステータスの自動付与で十分すぎるくらい埋まります。(ホテル宿泊だけでも50,000円近くになるので)

※12月金曜日のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの宿泊費は以下のようになっています。

これらを踏まえるとユナイテッド航空のマイルなら1.375%の還元率で、毎月手間がかからないSPGアメリカン・エキスプレス・カード一択です。

 

SPGアメリカン・エキスプレス・カードの家族カードには、ホテルの無料宿泊券がついてこないので発行しなくてもいいかと。家族カードを作るくらいなら、家族名義で本会員となり、合計2枚のSPGアメリカン・エキスプレス・カードを作ることをオススメします。

MileagePlus MUFGカードはどんな人向け?

MileagePlus MUFGカードは少し立ち位置が中途半端なカードです。

海外利用でマイル優遇率の還元もありませんし、毎月のリボ払い設定で1.5%のマイル還元率が最大です。

実質ユナイテッド航空のマイルには有効期限がないので、のんびり貯めつつ年会費を抑えたい方にオススメです。

しかし、本気でユナイテッド航空のマイルを貯めたいのであれば、一つ上のMileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージをオススメします。

マイル制度の改悪はいつくるかわからない

今後ユナイテッド航空のマイルだけ貯めるのであればMileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ一択でしょう。(年会費を抑えたい方はMileagePlus MUFGカード

これまでマイル制度の改悪はあっても、改善はめったにありませんでした。改悪に備えるのであれば40社以上のマイルに交換できるSPGアメリカン・エキスプレス・カードにしておくべきです。

さらにSPGアメリカン・エキスプレス・カードは今ならキャンペーンで最大36,000ポイントがもらえます。

最大36,000ポイントが貰えるキャンペーンの申込み方法

友人・知人からの紹介でSPGアメリカン・エキスプレス・カードに申し込むことで最大36,000マリオットポイントがもらえます。

これよりポイントがもらえるキャンペーンはありません。これがベストです!

わりにアメックスのクレジットカードを持っている方がいれば、その方から紹介してもらいましょう。

紹介されたあなたは、36,000マリオットポイント、紹介した友人は30,000マリオットポイントがもらえます。

マリオットポイントは以下のレートでユナイテッド航空のマイルに交換できます。

36,000ポイントあればユナイテッド航空の12,000マイル以上になります。

まとめ

まとめ

 

check!
  • クレジットカードの年会費とマイル還元率、付帯サービスは比例します。
  • マイル制度は常に改悪との戦いです。航空会社は1社に絞らずマイルを貯めることをオススメします。
  • SPGアメリカン・エキスプレス・カードの年会費は余裕で回収できます。
  • SPGアメリカン・エキスプレス・カードに申し込むなら絶対紹介で申し込みましょう。

記事で紹介したクレジットカードリスト

SPGアメリカン・エキスプレス・カードMileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージMileagePlus MUFGカード
カードSPGAMEXMileagePlus MUFGプレステージカードMUFGカード
オススメ度
特徴40社以上のマイルが貯められる上、無料宿泊券が付いてくる。海外利用で最大3%のユナイテッド航空のマイルが貯まる年会費2,000円で最大1.5%のユナイテッド航空のマイルが貯まる
還元率1.25〜1.375%2.0〜3.0%1.0〜1.5%
公式サイト申し込み申し込み申し込み

 

コメントをどうぞ